2017年10月16日

“余りの出る割り算”を子どもに理解させるための、実にシンプルな教え方

 今Twitterで、 “余りの出る割り算”を子どもに理解させるための天才的な方法”が、話題になっているそうです。子どもの興味をうまく活用した、実にシンプルな教え方です。

 今日は、その方法についてご紹介します。

あまりの出る計算の教え方.jpg

 その一言とは、tsuyoshi azumasさんさんの「6は45を何回攻撃したら倒せるんだ。生き残りは何人だ」というものです。これを聞いた子どもは、にこにこしながら問題を解き始めたそうです。ゲームに置き換えたことで、「余りの出る割り算を理解できればゲームの攻略に役立つ」と理解できるのだと思います。

 このツイートには、
・「シンプルで分かりやすい」
・「東進ハイスクールにスカウトされる」
・「その子にあった教育というのは大事」
と絶賛する声が多数集まっています。

また、
・「6は2の戦闘力が3人、45は15の防御力が3人って考えると一人当たりの攻撃数を考えればいいって分かって、約分を習う時には応用出来そう」
・「生き残った人間も徹底的に追い詰めるために、小数点以下の計算も覚えていくわけですね」
・「子供の時にもっと早く気付けば……俺も……」
といった声も上がっています。

 いかがですか?

 小学校の算数で、最初につまずきやすいのが余りの出る割り算ですが、こうした子供に興味のあることで考えさせると、早く理解できるようになると思います。

 小さいお子さんをお持ちの方、参考にして下さい。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 18:39| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

女医の日比野佐和子さんが実践して成功した「最強ダイエット法」、知りたくないですか? 女医の日比野佐和子さんが実践して成功した「最強ダイエット法」、知りたくないですか?

 あなたは、『ホンマでっか!? TV』『ミヤネ屋』など数多くのテレビに登場し、女性に支持を受けるアンチエイジングドクターの日比野佐和子さんをご存知ですか?

 今日は、日比野さんの実体験基づく『39種類のダイエットに失敗した46歳のデブな女医はなぜ、1年間で15kg痩せられたのか?』(マガジンハウス)の中から、そのポイントをご紹介したいと思います。

 ダイエットに挑戦した人なら、誰でもお気づきだと思いますが、本当に大変なのは、痩せることよりも、「リバウンドしないこと」です。

 日比野先生も、40年近く肥満に悩み続けた経験の持ち主で、やっと42歳のときに1年間で15kgの減量に成功し、それから4年経つ現在もリバウンドせずに体形を維持しておられます。

 日比野先生が試したダイエット法は、なんと39種類だそうで、例えばグラノーラやゆで卵の置きかえダイエットなどライトなものから、ドーム型サウナや吐くダイエットなどハードなものまでトライし、そしてそのどれもが失敗だったそうです。どうしてかと言うと、一時的に痩せても、反動で太ってしまう、の繰り返しだったからです。

 そんな試行錯誤の末にたどり着いた最強のメソッドを紹介するのが、日比野先生の著作『39種類のダイエットに失敗した46歳のデブな女医はなぜ、1年間で15kg痩せられたのか?』です。

 小さい頃から肥満に悩んでいた日比野先生が、初めて意識的にダイエットをしたのは中学3年生のときだそうで、当時流行していた「りんごダイエット」に挑戦します。三日間りんごだけしか食べない生活を送り、見事体重は減ったものの、翌日からごはんとお菓子を食べて元通りの体重に。

 その後も何度か置きかえダイエットを試しますが、結局その後どか食いをしてしまい失敗、ということが続きます。

 他にも、わかめダイエットをしたら涎(よだれ)が止まらなくなったり、油抜きダイエットをしたせいで生理が止まったりと、壮絶なダイエット人生を経験されています。ちなみに、本書では先生が試してみてダメだったダイエットワースト5も紹介されています。

 日比野先生の経験に基づくキレイに痩せる美習慣は、「食事」と「ストレッチ」のたったこの二つだけだそうです。シンプルだからこそ、健康的で続けやすい方法が、本書には紹介されています。

 誰でもダイエットしようとした時には、手始めとして「食べない」方法を考えがちですが、日比野先生が見つけたポイントは「自炊」なのだそうです。そして自炊にも様々なポイントがあり、
・白い炭水化物は「茶色」に変える
・消化をスムーズにして老廃物排出を促す「水耕栽培野菜」
・昼食は万能ダイエットフードのカレー
・ホットヨーグルトで「デブ菌」を撃退
 等々、「痩せる食事」が多数紹介されています。そしてうれしいのが、そのどれも難しくなく、また何より我慢しなくていいことです。

 また、ダイエットといえば「運動しなきゃ」と思いがちですが、ここでも日比野先生の答えは「NO」で、キレイに痩せたいなら運動ではなく、ストレッチがいいのだそうです。これは、あまり激しい運動をすると逆に活性酸素が増えて、お肌の老化や体形崩れにつながることもあるからです。

 本書では、痩せる体質になるピンポイントストレッチから、下半身太りを解消する「女性K-POPダンス」といった効果的なエクササイズまで紹介されていて、わざわざ外に走りに行かないで済むので、日々の習慣にも取り入れやすいのではないでしょうか。

 さらに巻末には、1週間の食事ダイアリーも掲載されているので、ダイエットビギナーの方は、これを真似して始めてみるのも〇です。

 いかがですか?

 日比野先生が、数多のダイエット法を自身で試しながらたどり着いた、最高のダイエットメソッドが紹介されている本です。今までいろいろダイエットに挑戦したけど上手くいかなかったという方、是非参考にしてみてはいかがでしょうか?

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
posted by 圭ちゃん at 17:45| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

必須ミネラルの種類とその役割、知ってますか?

 あなたもミネラルという言葉は良く聞くと思いますが、「じゃミネラルって何?」と聞かれて、はっきりと答えられる人は少ないのではないでしょうか。

 ということで今日は、知っているようで知らないミネラルの種類とその役割について、ご紹介したいと思います。

1.必須ミネラルとは?

 魚や肉・豆類に多く含まれるタンパク質や脂質、ご飯やパスタに代表される糖質などに比べて、1日に必要とされる量が圧倒的に少ないのがミネラルですが、このミネラルにはカラダの働きをコントロールする大切な役割があるそうです。

 この量としてはとても少ないが、人間のカラダが正常に働くためには絶対なくてはならないもの、それが「必須ミネラル」と呼ばれているものです。

2.必須ミネラルの種類とその役割

 必須ミネラルの種類は、全部で16種類あります。このミネラルが体の中のどこに、どんな形で存在しているのか?また、この微量な成分がどんな役割を果たしているのか?ということについて、簡単に紹介します。

・ナトリウム
 神経の刺激を脳に伝える働きがあり、細胞内の浸透圧を維持する役割

・カリウム
 血圧を正常に保ち、腎臓の老廃物の排泄を促す働きがある

・カルシウム
 骨や歯を形成し、出血した血液を自然に固めたり、精神を安定させる働きが。また筋肉を正常に保つのにも必要とされている

・マグネシウム
 精神を安定させ血圧や体温を調整。心臓の筋肉の動きをよくする

・リン
 骨や歯を形成し細胞膜を作ります。糖質代謝をスムーズにする働きが

・鉄
 血液成分ヘモグロビンの成分で疲労を防ぎ成長を促進するよう働く

・亜鉛
 味覚・嗅覚を正常に保ちビタミンCと共にコラーゲン合成に役立つ。また、女性の体調や体内リズムを整え、維持するのに役立つ

・銅
 鉄の吸収を助け、血を造り出す働きが

・マンガン
 骨の形づくり、疲労回復や血糖値を下げる作用がある

・ヨウ素
 甲状腺ホルモンの成分として、髪、爪、皮膚の健康維持に必要

・セレン
 ビタミンEの働きに関係する成分とされ、組織の老化防止に役立つ

・クロム
 尿や髪の中に3価クロムとして存在し、糖質と脂質の代謝に必要な成分

・モリブデン
 肝キサンチンオキシダーゼの成分として尿酸を作り出す過程で働く

・硫黄
 アミノ酸の構成成分として体内に存在し、皮膚・爪・髪などの発育に必要

・コバルト
 ビタミンB12の構成成分として体内に存在し、血を造る働きを促進

・フッ素
 歯や骨の硬さを保つ働きがあり、虫歯予防に有効とされている

 この必須ミネラルをたくさん含んでいる食材が、今、まさに旬を迎えようとしている秋の定番おやつたちだそうです。

 たとえばカリウムは、干し柿などによく含まれていて、またマグネシウムやリン・鉄・銅・マンガンなどは、アーモンドやカシューナッツ、大豆など豆類に多く含まれています。

 そしてこれから続々と登場する秋のフルーツや野菜類の中にも、沢山のミネラルが含まれています。さらにフルーツには、体の抵抗力を高めてくれるビタミンCなどのビタミンも豊富に含まれています。

 これから冬に向けて寒くなってくるので、風邪防止のためにも、ビタミンCは特に意識して摂った方がいいそうです。

 いかがですか?

 毎日の食卓に、ブドウや柿、みかん、りんごといったフルーツを載せて、ミネラルとビタミンを積極的に摂ってみませんか?

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
posted by 圭ちゃん at 17:33| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする