2017年11月23日

「赤ちゃんの抱っこしすぎは、抱き癖がつくから良くない」と思っていませんか?

 あなたは、「抱き癖がつくから、赤ちゃんを抱っこしすぎてはダメ」と、聞いたり言われたりしたことはないですか?

 でもこの話し、実際のところはどうなのでしょうか?ということで今日は、赤ちゃんのだっこについて、ご紹介したいと思います。

 まず結論から申し上げますが、抱き癖がつくから抱っこしない、は昔の話です。これがどこから来たのかというと、実は、アメリカでは戦後、小さい頃から自立心を育てるために「赤ちゃんと両親は別室で寝る」「泣いてもすぐに抱かない」という育児法を推奨していて、それが日本でも広まったと言われています。ですから、その時代に子育てをした親や祖父母世代には、抱き癖がつくからだっこしてはだめだということになったいたのです。

 そして、抱っこせず放置したことによって逆に赤ちゃんに与える弊害もあります。赤ちゃんは、泣くことで自分の気持ちを周囲に伝えます。お腹がすいた、オムツを替えてほしい、暑い、痛いなどなど。そして少しずつママに甘えたいという気持ちから泣くことも出てきます。ママと離れていることを不安に感じるのです。後追いなどもそういう理由ですね。泣いて訴えた時にママやパパがちゃんと要求に応えてくれた、ということが赤ちゃんの安心感につながります。

 最近、「サイレントベビー」、つまり泣かない赤ちゃんが問題になっているそうです。これは、抱き癖を心配するあまり抱っこをしないことが続くと、赤ちゃんは泣くことをやめてしまいます。「うちの子は泣かないからおとなしくて育児が楽だわ」なんて思っていると、実はサイレントベビーかもしれません。泣かないだけではなく笑わない、表情が乏しい、語りかけに反応がなく言葉を発するのが遅い・・など。こうした子どもに育てないためにも、抱っこしてあげたり話しかけたりすることは大切なのです。

 育児で疲れているママには、赤ちゃんが泣いていることがストレスになる時もあるかも知れません。でも、赤ちゃんが甘えてくるのは一時期のことです。成長する過程で甘えることはあるかも知れませんが、そのうち頻度も減ってきて、そしていつかは手を離れていきます。うるさいほどママを求めてくれるこの時期を、大切にして下さい。

 乳幼児期に抱っこされて十分に欲求が満たされた子供は、お母さんに安心・信頼・愛情をもらっていると感じ、情緒的にも安定した子どもに育つと言われています。

 ある方は、予防接種で初めて小児科を受診した際に「7ヶ月までが特に大切。この時期に赤ちゃんと向き合ってあげないと、思春期になった時に反抗期がひどくなることもある」と言われたそうです。確かにそうだと思います。

 大切なのはスキンシップをしっかりとってあげることで、それは産まれた時から始まっています。抱き癖を気にせず、赤ちゃんが泣いたらどんどん抱っこしてあげて下さい。

 抱き癖がおさまるのは、その子の個性にもよりますが大体1歳くらいまでと言われているそうです。抱っこ好きな子と毎日向き合うママは大変かもしれませんが、この時期だけと割り切ってたくさん抱っこしてあげて下さいね。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 18:29| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

コラーゲンとプロテインを摂るベストなタイミング、知ってますか?

 加齢とともに筋肉が衰えて起こる“筋肉たるみ”に効くのが、プロテイン(たんぱく質)です。一方、肌の弾力が衰える“コラーゲンたるみ”に効くのは、やはりコラーゲンです。どちらもタンパク質の一種ですが、それらを摂るためのベストなタイミングがあるそうです。

 ということで今日は、コラーゲンとプロテインを摂るベストなタイミングについて、ご紹介したいと思います。

1.コラーゲンとプロテインを多く含む食品
 プロテインの多い食品としては、乳製品、エビ、大豆、卵などがあります。一方、コラーゲンの多い食品としては、砂肝、ゼラチン、手羽元などです。

2.プロテインを摂るベストなタイミング
 筋肉が衰えることで生じるのが“筋肉たるみ”ですが、筋肉を強化するために最も効果的なのは運動です。しかし、運動だけでもダメで、立命館大学スポーツ健康科学部の藤田聡教授によると、もう一つ意識したいのが「朝、プロテインをしっかりとること」だそうです。

 これについて藤田教授は、

「筋肉は24時間絶えず合成と分解を繰り返している。そのスイッチを入れるのがプロテイン。食事でプロテインをとると、筋肉では筋たんぱくの合成が始まり、時間がたつと徐々に分解へと移行する。筋肉の分解は次にプロテインをとるまで続く」

と言われています。

 長時間の“絶食”が続いた朝こそ、しっかりプロテインをとることが重要だということです。

3.コラーゲンを摂るベストなタイミング
 一方、シワなどの“コラーゲンたるみ”を防ぐにはやはりコラーゲンが必須です。

 肌のハリや弾力は、真皮層のコラーゲンやエラスチンがバネのように働くことで維持されているそうですが、加齢によりコラーゲンなどの産生量が低下すると、真皮は薄くたるみやすくなります。

 新田ゼラチンの井上直樹研究員によると、

「そんな時にコラーゲンをとると、真皮組織を作り変える細胞の働きが高まり、シワやたるみが軽減し、肌の弾力性や水分量が上昇することがいくつかのヒト試験で確認されている」

ということです。

 そしてコラーゲンを摂るタイミングについても井上研究員は、

「コラーゲンを摂るなら夜がベストです。睡眠中は副交感神経優位になり、腸の働きが活発になるため、コラーゲンの吸収が高まるためです。」

と言われています。

 つまり、眠っているときにコラーゲンの吸収が高まることから、コラーゲンを効率よくとるには就寝前がベストということですね。また、睡眠中は副交感神経が優位になり、腸の消化吸収の働きが活発になるとされているほか、成長ホルモンの分泌が高まり、肌細胞の代謝が盛んに行われると考えられているそうですよ。

4.真皮層のやせ細りがたるみやシワの原因に

 若く健康な肌の真皮層では、コラーゲンやエラスチンの線維が網の目状に張り巡り、その間にあるヒアルロン酸が水分を抱えてハリや潤いを保っていますが、加齢により、コラーゲン線維などの束が細く不規則になり、ヒアルロン酸が減少すると、肌の弾力が低下、シワなどの原因になります。

5.コラーゲンをのんで目尻のシワが軽減!

 成人女性を各40人以上の2群に分け、それぞれ1日5gのコラーゲンペプチドもしくは偽成分をのんでもらった。8週間後、コラーゲンペプチド群で目尻のシワが減少していたそうです。

 いかがですか?

 コラーゲンとプロテイン、どちらもタンパク質の一種ですが、摂るタイミングで効果に差が出るようです。

 毎日を美しく健康的に過ごすためにも、コラーゲンとプロテインを効果的に摂りたいものですね。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 18:37| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

気持ちを楽にするために、「年をとると忘れっぽくなる理由」を、知りたくありませんか?

 歳をとるのは嫌ですね。物忘れはひどくなるし、体のあちこちが痛くなったり、病気になったりします。

 でも、歳をとるのは自然の摂理で避けられないものなので、いかに気持ちを切り替えるかが大切だと思います。

 そこで今日は、精神科医、作家の樺沢紫苑(以下、樺沢医師)著作の『絶対にミスをしない人の脳の習慣』の中から、「年をとると忘れっぽくなる理由」について、ご紹介したいと思います。原因が分かれば、気持ちも少しは楽になるのではないでしょうか。

1.ミスの原因は脳は劣化?
 最近、「ど忘れ」や「人の名前が出てこない」という回数が、昔と比較して明らかに増えているという方も多いと思いますが、これについて樺沢医師は、

 「まったく心配はありません。ワーキングメモリのピークは、20〜30歳。つまり、30代後半になると『人の名前が出てこない』『ど忘れ』が誰でも増えてきます。年をとると長時間の集中力維持が難しくなります。若い頃と比べて、体力も衰えますが、集中力を維持する力も衰えるのでミスを起こしやすくなるのです。」

 「あるいは、認知症になると、『鍋を焦がす』とか『冷蔵庫にある商品を二重に買ってしまう』といった決定的なスを引き起こします。」

と言われています。

 ど忘れは老化に伴う自然現象なので、決定的なミスで無い限りあまり心配する必要はなさそうなので一安心ですが、「脳の老化が、重大なミスの原因となる」ことは、覚えておいて損はないと思います。

 でも、「脳の老化は防げない」ものでしょうか?そして、若々しい脳を維持する秘訣があるのなら、是非知りたいものですが、これについても樺沢医師は、

 「『生涯を通じて脳細胞は減り続ける』『毎日10万個の脳細胞が減り続けて、脳細胞が増えることはない』という話を聞いたことがある人もいるでしょう。20年前はまことしやかに語られていたこの説が、現在では間違いであることがわかっていました。海馬の顆粒細胞は増殖することが発見されたのです。」

 「MRIよる画像診断の技術進歩により、『脳の容積が増える』という現象も、観察できるようになりました。脳の機能は、年齢とともに衰えていきます。しかしそれは、『脳を使わない人の場合』です。脳をあまり使わないと、脳の働きはどんどん低下し、記憶力は衰えていきます。一般的な高齢者の脳をイメージしてください。」

 「高齢者の脳をMRIで見ると、萎縮していることが多いことがわかります。萎縮の程度を定量化すると、加齢とともに脳は毎年約1%ずつ萎縮していくとも言われます。しかし、年をとっても脳を使い続けている人は、ほとんど萎縮が見られません。脳を使い続ける人はいつまでも若々しい脳を維持することができるのです。」

と、言われています。

 また樺沢医師によると、老化による記憶力の低下には個人差があり、低下する人と低下しない人がいるそうです。つまり、成人以降は、脳は成長しない 老化によって機能が失われていくだけ、ということはないということです。

2.脳の機能を高めるならシナプスを鍛える
 実は脳の機能は、神経細胞の数と比例するわけではなく、神経同士のシナプス結合の数と比例するのだそうです。この「シナプス」というのは、神経が神経同士でネットワークを構成している、その接合部のことで、このシナプスが脳に大きな影響を与えるということです。

 樺沢医師によると、

 「1つの神経細胞は、約2000ものシナプス結合によって、他の神経細胞と結合しています。ものすごく緻密なネットワークです。このシナプス結合の数は、脳を鍛え続けることによって年齢に関係なく増やすことができます。中年になっても、シナプス結合の数を増やすことによって、『記憶力』を高めることも可能なのです。」

 「一方で、何もしないと減っていきます。加齢とともに脳細胞は失われ、脳は老化し、記憶力の減退が進みます。脳を上手に使うことによって、シナプス結合の数を増やします。いつまでも脳をイキイキとした状態で活動させることができるのです。」

ということです。

 いかがですか?

 何か少し難しい話でしたが、ご理解頂けたでしょうか。

 いつまでも若々しい脳であるためには、日々健康的な生活を送り、脳を使い続けることが必要だということは、間違いなさそうです。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 18:38| Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする