2019年05月22日

エナジードリンクを飲み過ぎると、心臓に悪い影響を与えるかも知れないそうです


エナジードリンクの画像.jpg

 あなたは、エナジードリンクは好きですか? 検索してみたら、私の知らないエナジードリンクがたくさんありました。

 そんなエナジードリンクですが、やはり飲みだしたらクセになる人も多いのだそうですが、飲みすぎると心臓に害を及ぼす可能性があると、以前より伝えられているそうです。 

 今日は、その原因がカフェインなのかについて究明しようとした研究について、ご紹介したいと思います。

 「どんなに疲れていたって、エナジードリンクを飲めば、たちまち元気」と思っている方も少なくないようです。 

 しかしながら、最近米国心臓学会が発表した研究報告によれば、「エナジードリンクには高い効果もあります。ですが、その反面、心臓の電気信号や血圧に悪影響を及ぼす可能性があるという数値が出た」との報告がありました。そして、「その原因は、ドリンクにたっぷり含まれている“カフェイン”ではない!」ということだそうです。 

 その研究では、18人の若者の被験者を2つのグループに分けました。 

 第1グループの被験者には砂糖108グラム、カフェイン320ミリグラム、その他、さまざまな成分を含有した32オンス(約950ml)のエナジードリンクを提供しました。そして第2グループの被験者には、同量のカフェインの入った試験用飲料と、ライムジュースとチェリーシロップを提供したということです。 

 そうして6日後(すなわち飲料の成分が、体内から完全に排出されていると考えられる日)、両グループの被験者に、それぞれ前回と逆の飲料を与えました。そして、それぞれの飲料を被験者が飲んだ後、24時間以内に各5回、被験者の血圧と心臓の活動電位を測定したそうです。

 その結果、エナジードリンクを飲んだグループでは、QT間隔(心室が1拍を打ち出すのにかかる時間)が、より長くなっていることがわかりました。この間隔が正常時よりも長い場合や短い場合、心拍異常が生じる可能性があるのだそうです。 

 血圧に関しては、両グループともに収縮期血圧に同様の上昇が認められましたが、エナジードリンクを飲んだグループの方が、元の数値に戻るまでの時間が長くかかったという結果になったちうことです。 

 研究者らはこの結果から、「カフェイン以外の成分が心臓に作用している可能性があるが、有害事象の原因成分を特定するには、さらなる研究が必要である」と、結論づけているそうです。 

 ただ、有害成分の特定は、至難の業となりそうです。と言うのも、どのブランドも独自の成分配合でドリンクを生産していると述べているからです。 

 一般的によく知られているエナジードリンク2種には、グアラナ(ブラジル産のココアの一種でカフェインも含有している)、アミノ酸、タウリンが含まれていますが、それらの成分を混ぜ合わすこと、特にアルコールその他、刺激物と混ぜた場合への懸念があり、その点に焦点を当てた研究として、2012年のオーストラリアで行われた研究があるそうですが、今回の研究は、それと比べるとちょっと説得力に欠けるかもしれません。その理由のひとつは、研究の規模が小さいこと。特に被験者の人数が少なく、研究実施期間が短いという点です。 

 このように少ない被験者から得た結果を、“決定的な研究結果”と言うことはできませんし、エナジードリンクの心臓への長期的影響を、この研究から割り出すこともできません。また、今回の研究の被験者は健康な若年成人であり、すでに心臓に疾患をもつ人が、エナジードリンクを飲むとどのような影響が出るのかについても分かりません。 

 今回の結果を確信のもてるものとするためには、さらに規模を拡大した研究の実施が必要となるのは確かですが、しかしながら現時点で言えるのは、高血圧や心臓に持病がある人はエナジードリンクの飲みすぎには注意が必要だということです。

 いかがですか?

 エナジードリンクの好きな方、飲み過ぎには注意して下さいね。

 ブログランキンのクリック応援をお願いします。



posted by 圭ちゃん at 20:00| Comment(0) | 飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

一般的にはヨーグルトは“便秘解消”に効果的なのですが、やはり効く人と効かない人がいるようです


ヨーグルトの画像2.jpg

 女性を中心に悩みを抱える人も多い「便秘」ですが、その解消に効果的な食べ物として「ヨーグルト」がネット上などで話題となっています。ネットをのぞいていると、ヨーグルトの効果を実感している人がいる一方で、「効かない」という人や「体質による」「効く時と効かない時がある」という人など、その真偽をめぐってさまざまな声が見受けられます。

 今日は、ヨーグルトに実際に便秘解消効果があるのか、管理栄養士の川村郁子さんのお話をもとに、ご紹介したいと思います。

◆ヨーグルトは便秘解消に効果がある?

 川村さんによると、便秘には、腸の機能低下によるもの、薬剤によるもの、ストレスによるもの、栄養不足によるものなどさまざまな原因があり、中には、原因不明のものやそれぞれの原因が複雑に組み合わることで便秘になる方もいるそうです。そして、ヨーグルトで便秘解消効果が期待できるのは、食生活の乱れによって腸内環境が悪化し、便秘になったパターンだそうです。

 ヨーグルトには、乳酸菌やビフィズス菌が含まれているので、これらが腸内環境を整えることで便秘解消に効果があると言われているからです。しかし、ヨーグルトの原材料である乳製品が体質に合わない方や、他の栄養素が不足しているために、ヨーグルトをいくら食べても効果がない方もいるそうなので、やはり人それぞれかも知れません。

◆便秘解消に必要な栄養素や、それらを多く含む食材について教えてください。

 川村さんによると、便秘解消のために、まずは『プロバイオティクス』と『プレバイオティクス』の両方をバランス良く食べるようにするとよいということです。プロバイオティクスは乳酸菌やビフィズス菌のことで、腸内環境に良い働きを与える菌自体のことです。主にヨーグルトやキムチ、漬物、みそ、納豆などに含まれます。一方プレバイオティクスは、これらプロバイオティクスのエサとなる物質のことでオリゴ糖などがこれに当たります。穀類やイモ類、豆類、海藻類などに含まれます。これらを、どちらか一つだけではなく、どちらも意識的に食べることで腸内環境が整いやすくなるので、ヨーグルトだけで効果が出なかった方はどちらの食材も食べるようにするとよいそうです。

 たとえば『納豆ごはんにとろろ昆布を加える』『みそ汁にイモ類を加える』などです。また、忙しくてなかなか休めない方は、休息を取る、睡眠時間を確保する、運動でリフレッシュするなど少しずつでもよいので、総合的な便秘対策をして下さいということです。

 先日のテレビ番組で(番組名は忘れましたが)、ヨーグルトと大根おろしが便秘解消に効果があると言っていました。乳酸菌と食物繊維を多く含む食べ物を一緒に摂るのがポイントのようですね。

 いかがですか?

 便秘に悩んでいる方、ダメもとでいろいろ試してみて下さいね。

 ブログランキンのクリック応援をお願いします。

"F7F7F7", "001eff");
posted by 圭ちゃん at 18:33| Comment(0) | 便秘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

浄水器の水を使うとどんな米でもおいしく炊けるそうです

 あなたは、お米を炊く時の水には、何を使っていますか? 普通は水道水だと思いますが、実は今発売中のクリンスイ ポット型浄水器の水を使うと、どんなコメでもおいしく炊けるのだそうです。

 ということで今日は、お米を美味しく炊くポイントについて、米専門店「スズノブ」代表取締役で、五ツ星お米マイスターの西島豊造さんのお話をもとに、ご紹介したいと思います。

◆和食材に合わせた水を提供する「和食のためのクリンスイ」

 2016年に発売されたポット型浄水器「和食のためのクリンスイ」は、和の食材に合わせた水を提供するシリーズ(浄水部容量2・2L+専用カートリッジ1個付 税別4000円)です。お米、お茶、出汁の3種類の専用カートリッジあり、クリンスイ ポット型浄水器すべてに使うことができます。カートリッジ(税別各2500円)の交換の目安は、1日2L使用する場合で3か月。本来の味を引き出すために専門家の監修により作られた製品で、試食をしてみると味の違いは歴然で、飲用水としても使うことができます。

浄水器の画像.jpg

お米、お茶、出汁の3種類の専用カートリッジあり、クリンスイ ポット型浄水器すべてに使うことができます。

◆つやが悪い、かたくなるのは米の品質ではなく水が関係している

 この「お米をおいしくするための水」を監修したのは、米専門店「スズノブ」代表取締役で、五ツ星お米マイスターの西島豊造さんで、米に関する膨大な知識を活かし、お米ソムリエ、お米博士として各媒体で活躍しておられます。

 米は品種ごとに甘さもやわらかさも違いますが、ここ数年、個性の強い新品種が続々と登場していて、西島さんも「どうやったらおいしく炊けるのか」と聞かれることが多いそうです。

 そして、ごはんが黄ばんでいる、つやがない、保温や冷めたごはんがかたくなる。これらはすべて水に原因があるとのことで、すすぎ、研ぎ、吸水を適した水できちんと行えば、品種、新米、古米に関わらず、おいしいごはんを炊くことができるということです。

 それでは、お米を美味しく炊くポイントをご紹介します。

◆ポイント1・すすぎと研ぎ

 計量も正確に量らないと炊きムラが出るので、ぎゅっと容器に押し込めた状態で、箸を使いきちんとすり切ります。研ぐ容器はボウルか炊飯器の内釜を使います。最近の新品種はやわらかいのでザルを使うとおいしい部分が削れてしまったり、べたつきのもとになるためザルの試用は避けた方が良いということです。

 計量した米をボウルに入れて、すべての米が浸かるように水を入れ2〜3回かきまわして水はすぐに捨てる。これを2回行います。このとき、最初に入れる水は浄水器またはミネラルウォーターを使うのがポイントだそうです。米は乾いた状態のとき水を多く含もうとする性質があるので、最初の水が生ぬるい、古いなど水質が良くないと、にごりや黄ばみのもとになるということです。2回目以降の研ぎ水は水道水でOKです。

 研ぎ方によって米の味が変わり、どんなに良い米でも研ぎ方が雑だと食感が出てこないということで、研ぐときは水がない状態で、ソフトボールを握ったような形を保ちながら、泡だて器のようにシャカシャカと20回ほどかき混ぜます。ガシガシと押し込むような研ぎ方はNGで、20回かきまわして2回すすぎ、その後10回かきまわして2回すすいで終了です。研ぎ汁が白いと何度も繰り返して研ぐ人がいますが、薄く濁っているのはでんぷんで、おいしさのもとでもあるので研ぎ過ぎには注意が必要だそうです。とくに浄水器の場合はでんぷんの色が濃く出るので、研ぐ回数は遵守して下さいということです。

 研いだ後のザル揚げは、すし飯などの特殊な場合を除き、白米の場合は絶対にやらないことだそうです。米は水に含ませることで粘りと甘さが出る品種で、白米は水を含ませることを大前提とするためだということです。

◆ポイント2・ひたし(吸水)

 炊飯器の中には吸水時間がゼロという機種もあるそうですが、それでもかたい米になってしまう場合があるので、炊く前の吸水は必要だとおいうことです。炊飯器内釜の目盛りに合わせて浄水器の水を注ぎ、ラップをしてから冷蔵庫に入れて吸水させる。冬場だと1時間〜1時間半が目安だが、「お米をおいしくするための水」のフィルターは、新米のように戻せる構造になっており、吸水時間が約半分と短くできるのも大きなポイント。冬場でも40分の吸水でOKで、吸水後にそのまま炊飯器にセットしてスイッチオンします。

 炊くときの水は浄水かミネラルウォーターを使います。水道水と浄水で炊いた米粒を押しつぶして比較すると、水道水は割れてしまってつぶれないが、浄水は力を入れなくてもすっとつぶれて花が咲いたような状態になるそうです。きれいにつぶれるということは米の芯まで水が含まれているということで、炊き上がりや、保温時に影響してきます。

 きちんと吸水した米は甘さ、粘りに違いが出るそうで、保温しているときにパサついてくるものは吸水がきちんとできていない証拠だそうです。保温してもしっとり感があるものは完璧に吸水している証拠だそうで、お弁当でも浄水器を使って炊くと、時間が経ったごはんも甘くやわらかいということです。

◆ポイント3・蒸らしとほぐし

 今の炊飯器は大半が炊き上がると蒸らしが済んでいるので、ふたを開けたらすぐにほぐします。ごはんをしゃもじで十字に切って、十字に切った4分の1を持ち上げてひっくり返し、4分の3の上にのせる。上に持ち上げたものを、米粒を切り離すようにふっくらと広げます。残りの4分の3も同じことを繰り返す。ほぐしをすることで米の一粒ずつに保水膜を作り、粘りが落ち着き、米の粒感を感じられるようになるということです。さらに保水膜でコーティングすることで中が甘くなり、噛むほどに甘みが出て、米本来のおいしさを味わえるので、最後のほぐしは特に重要だそうです。

 いかがですか?

 このクリンスイの浄水を使うと、高級なお米はもちろんのこと、うまみや甘みを感じづらく、のどごしが悪いと感じることの多い雑穀米も、歯ごたえを感じつつも、やわらかく仕上がるそうです。

 お米を炊く時、私もこれまでは水道水を使って炊いていましたが、とりあえずミネラルウォーターに変えてみて、いずれはクリンスイの浄水器を購入しようかなと思っています。

 ブログランキンのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 18:08| Comment(0) | 生活情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする