2019年11月16日

キッチンで使うアルミホイルは、どっちが裏でどっちが表だと思いますか?


アルミホイルの画像.jpg

 アルミホイルには光沢のある面とない面がありますが、あなたは食材を包むとき、どちらの面を内側にすべきか、悩んだことはありませんか? そんなことは気にしたことがないという方には、今日の話はあまり関係ないと言えますが、ずっと気になっていたけどちゃんと調べたことがないという方には、長年の疑問が解決されるはずです。

 ということで今日は、アルミホイルの裏表について、ご紹介したいと思います。

 その答えですが、欧米で人気のアルミホイルのブランド「レイノルズ」のホームページに、載っているそうで、アルミホイルの光沢の有無は、単に製造過程で生じたもので、意図して作られたものではないということです。つまり、光沢がある面もない面も品質は同じで、どちらの面に食べ物を置いても問題ないそうです。

 では、どうしてこのような違いが生じるのかですが、「レイノルズ」ホームページのQ & Aコーナーに掲載された、詳しい解説によると、

「これは、とてもよくあるお問い合わせです。アルミホイルは、原料となるアルミの薄い板を機械にかけ、薄いシート状に伸ばして作ります。熱を加えながらローラーで引き伸ばすのですが、あまり薄いと伸ばすときに破れてしまうため、アルミの板を2枚重ねにしています。加工されて、薄いシート状のアルミホイルになったとき、2枚重ねの内側の面には光沢がなく、外側の機械と接した面にのみ光沢が出るというわけです。どちらの面を使用しても、機能的には違いがありません」

ということです。

 なお、ひとつ注意が必要なのがノンスティックタイプのアルミホイルだそうで、このタイプでは表と裏に明確な違いがあり、光沢のない面にのみノンスティックコーティングが施されているそうです。ノンスティックタイプというのは、魚を焼く時などに使う魚がくっつかないタイプのアルミホイルです。「レイノルズ」のノンスティックアルミホイルには、わかりやすく「ノンスティック面」の文字が印刷されているそうで、私が使っている旭化成のクックパーも「この面に食品をのせてください」という表示がありました。

 いかがですか?

 今日の情報は、気にしたことがないという方にはあまり関係ないけど、気になっていたという方にはお役に立てたのではないでしょうか。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 17:50| Comment(0) | 日用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

スタバのメニューを賢く選んで、ダイエットしませんか?


コーヒーセットの画像.jpg

 あなたは、スタバは良く行きますか? 生クリームやチョコソースたっぷりのコーヒードリンク、期間限定フラペチーノなどでますます人気を博している「スターバックスコーヒー」ですが、飲むだけでハッピーになる華やかドリンクがある中で、「おいしいけれど、太るから…」という理由でガマンをしている人も少なくないのではないでしょうか。

 でも、実はそれはもったいない勘違いだそうで、 最近ではヘルシー志向のニーズを満たすドリンクやフードが充実してきているので、上手に選べばダイエットメニュー・美容メニューとして楽しむことができるそうです。

 そこで今日は、食文化研究家で長寿美容食研究家のスギ アカツキさんのお話をもとに、ダイエット・美容を考えた「スタバメニューを選ぶ5つのコツ」を実例と共にご紹介したいと思います。「太らない! キレイを作る! スタバメニューの選び方」とは、一体どんな方法なのでしょうか?

◆(1)「野菜たっぷり」を選ぶ

⇒サラダラップ グリーンベジタブル&バジル

 スタバのフードメニューには、アボカド、トマト、紫キャベツ、ニンジンなど、色とりどりの美容野菜が使われているものがたくさん揃っています。中でもラップサンドはカロリーも控えめで、他メニューと組み合わせしやすいのも魅力です。

※オススメメニュー

☆サラダラップ 根菜チキン

☆サラダラップ サーモン&クリームチーズ

◆(2)「たんぱく質たっぷり」を選ぶ

⇒グレイビーチキン&エッグサンドイッチ

 野菜と並び、ボリューム面で素晴らしいのが、『お肉系サンドイッチ』です。サンドイッチからはみ出さんばかりのチキンやローストビーフ、ハム類は、ダイエット中の美肌づくりにも好都合です。「お腹いっぱい=たんぱく質で満たす」を意識して下さい。

※オススメメニュー

☆ローストビーフ&モッツァレラサンドイッチ

☆クラブハウスサンドイッチ

◆(3)満足度の高いヘルシードリンクを知る

⇒ムース フォーム ラテ

 これまでは、「ダイエットのためにミルクをノンファットミルクに変えていた…」という人におススメなのが、「ムース フォーム ラテ」です。ノンファットミルクで作られる、もっちり弾力のある「ムースフォーム」がたっぷり乗った、重厚感のあるビターラテ(エスプレッソショットがラテの2倍)なので、飲みごたえをしっかり感じるスタードリンクです。生クリームに罪悪感を感じていた人も、これなら安心して頼めるのではないでしょうか。

※オススメメニュー

☆アイス ムース フォーム ラテ

◆(4)「スーパーフード」を意識して選ぶ

⇒ユースベリー

 スタバにはカカオやアサイーなどのスーパーフードを使ったドリンクメニューが充実しています。ダイエット時には糖分控えめを意識しながら、美容ドリンクを賢く選んで下さい。

※オススメメニュー

☆ココア

☆ハイビスカス

☆アイスティー(パッション)

◆(5)スイーツを食べる時は、無糖&たっぷりミルクのドリンクと一緒に

⇒カフェ ミスト

 どうしても甘いものが食べたい時に、無理な我慢はリバウンドの元になる可能性もあります。むしろ食べたいときの“軽減法”を知っておくべきで、それは、「牛乳」や「豆乳」たっぷりのドリンクと一緒に食べる方法す。これらの飲み物には食後高血糖を抑える効果があるため、同じ糖質量を食べても脂肪合成されにくい状況に導いてくれます。「甘いものを食べるからせめて『ブラック無糖』で…」というのは考えものかも知れませんね。

※オススメメニュー

☆スターバックスラテ

☆アイススターバックスラテ

☆ソイラテ

☆アイスソイラテ

☆ティーラテ

☆アイスティーラテ

☆カプチーノ

 いかがですか?

 スタバに良く行くという方、スタバメニューを賢く選んでダイエットしてはいかがでしょうか。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 18:06| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

動脈硬化予防のためには、いつもの倍の野菜を食べるのがおススメだそうです

 歳を取ってくると心配なのが認知症ですが、男性の認知症のうち約半数は「脳血管性認知症」といって、脳の細い血管が詰まる脳梗塞に関わる物だそうです。そしてその原因となるのが動脈硬化です。

 また、要介護原因第2位の脳卒中は、「脳梗塞・脳出血・くも膜下出血」の総称で、このうち脳梗塞と脳出血も動脈硬化との関係が深いそうです。

 このように、「動脈硬化予防」は非常に大切なことなのですが、理屈は分かってもピンとこない方も多いので、放置しがちになのだそうです。

 今日は、認知症や要介護と深い関係がある「動脈硬化予防」のために必要なことについて、長年、動脈硬化の診断・治療・研究を行っている帝京大学臨床研究センターの寺本民生センター長のお話をもとに、ご紹介したいと思います。

◆時代とともに動脈硬化の症状にも変化が見られるようになってきた

 寺本センター長によると、

「国内では1960年頃が脳卒中発症のピークでした。もともと血圧が高く塩分摂取量の多い国民性により、動脈硬化でもろくなった血管が高血圧で破れやすかったのです。しかし、今はコレステロールがたまったコブによる血栓(血のかたまり)が生じやすくなっています。それは、食生活の影響が大きいと考えられるのです」

ということです。

 厚労省の「平成29年我が国の人口動態」によると、1965年頃まで脳卒中は上昇して死因のトップを独走し、75年頃から減少に転じて91年頃から横ばい。現在は死因の第1位はがん、2位は心臓病、3位は肺炎、脳卒中は4位にまで下がっているそうです。減塩や血圧の管理によって血管が破れる人は減っているものの、動脈硬化で血栓が生じやすい状況は、増加傾向にあるというから油断禁物です。寺本センター長も、

「血管にコレステロールがたまる動脈硬化の原因の一つは動物性脂肪(飽和脂肪酸)のとりすぎにあります。脂肪分の多い肉類などを多く食べることにより、動脈硬化のコブが生じやすくなるのです。野菜不足は拍車をかけます。それを意識していただきたい」

と話しておられます。

日本人の食品群別摂取量(1日)の推移.jpg

 厚労省の「日本人の食事をめぐる状況と『健康的な食事』の在り方」の資料によると、日本人の1日あたりの栄養摂取量は変化しているそうで、肉類はおよそ倍の量になり、魚介類は減少傾向、野菜は微増に過ぎません。野菜は、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で、動物性脂肪の吸収も抑えてくれる作用があるのですが、肉類は多くなっているのに野菜が微増では、動脈硬化を防ぐことは難しいと言えます。寺本センター長は毎日の食事の際に気を付けたいことについて、

「野菜の摂取量の目標値は1日450グラムが目安ですが、厳格に量るのは難しいですね。いつもの倍の量を食べるように意識しましょう。また、脂分の多い肉類やラードは控える。青魚を食事に取り入れることを考えてください」

と話しておられます。

 いかがですか?

 知らぬ間に血管のコブは生じているのは間違いないので、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞を起こす前に食事を見直してはいかがでしょうか。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 17:28| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする