2015年11月30日

「オーラック値」って聞いたことありますか?

「ORAC値(オーラック値)」というのは、食べ物やサプリメントの抗酸化力を科学的に表示するものとして、アメリカを中心に世界各国で使われるようになってきているものだそうですが、聞いたことありますか?

ORACというのは、「Oxygen Radical Absorbance Capacity」の略で、これを日本語に直すと『活性酸素を吸収する許容量』、つまり抗酸化力ということだそうです。

つまり、「ORAC値が高い」食べ物は、「抗酸化力が高い」食べ物ということで、アンチエイジング効果が期待できる食べ物であるということになります。

日本ではまだ馴染みはないと思いますが、アメリカではすでにORAC値を表示した食品が多く市場に出回るようになっているということなので、いずれ日本にも同じような指標が導入されるのではないでしょうか?

それでは、ORAC値が高い食べ物というのは、どんな食べ物なのでしょうか?

実は、ORAC値の高い食べ物としては、「シナモン」「クローブ」を始めとした、ハーブやスパイスが多いようです。その他、乾燥したオレガノ・ターメリックの粉末(ウコン)・クミンシード・パセリ・ココアパウダー(無糖のもの)・バジルなどだそうです。

こうしたスパイスがふんだんに含まれている料理、何が思い浮かびますか?そう、カレーです。カレーに使うスパイスは総じてORAC値が高いので、アンチエイジングにおすすめの料理といえるかも知れません。

あとは、ベリー類やナッツ類、比較的ORAC値の高い黒豆・インゲン豆・レンズ豆なども、組み合わせて食べると万全ですね。

私も毎日の献立を少し考えないといけないのかなと思ってます。

カレーライス.jpg

よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

「塩抜きダイエット」、知ってますか?

これまでに色々なダイエット法がありましたが、いま日本で「塩抜きダイエット」が流行する兆しがあるそうです。

塩抜きダイエットというのは、普段取りすぎている塩分を体から抜き、むくみや脂肪燃焼を促進させたり、高血圧や心疾患や脳卒中のリスクを軽減させるというダイエット法です。

でも、塩は体に大切な要素なので、塩抜きダイエットは最長でも3日間の集中ダイエットまでに抑える必要があります。塩を抜きすぎると、精神障害が起きたり、こん睡状態になるもあるので、ダイエット期間は厳守です。

塩を抜くということは、塩だけでなく、塩分を含む醤油やみそ、ソース、ケチャップ、コンソメ、ブイヨン、市販のだし汁、ドレッシングなども避けるということなので、食事が味気なく感じると思います。このため、ガーリック、トウガラシ、胡椒などの香辛料で味覚に刺激を与えて、食べやすくします。

他にも、カレー粉、生姜、酢、ごま油など良質な油などと一緒に取ることで、塩味のない味気ない感じはずいぶん改善されるようです。

痩せるためのダイエットというよりは、デトックスや健康増進に役立つダイエットみたいですね。

食塩.jpg

よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

秋も終わりに近づいてますね

今日は娘が仕事のため、朝から子守りでした。娘の家に行って、洗濯と掃除、片付けと午前中いっぱい頑張ってました。

孫たちが言うことをきかず、片付けたはなから散らかして行くので、怒ってばかりで本当に怒るのに疲れました。

我が家に帰ってきてから、昼食を食べて孫たちと近くの公園に遊びにいったのですが、秋が深まっているのが感じられました。

名前は知らないのですが、大きな木の実が落ちてました。

木の実.jpg

ところで、あなたのお家では、おせち料理はどうしてますか?私は去年までは自分で一からいろいろと作っていたのですが、主人と二人になって毎年余ってしまうので、今年はどうしようかなと思ってます。

先日下の娘がこんなのがあるよといって紹介してくれました。市販のおせちは冷凍食品が多いようですが、この商品は「生おせち」だそうです。他社の商品も含めて今年のおせちをどうするか、ちょっと考えたいと思っています。

「生おせち」はこれです。 → おせち予約申込ページ【和洋折衷3段重・生おせち重詰め(村上・生おせち)】

タグ:木の実 公園
posted by 圭ちゃん at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする