2016年03月31日

玉ねぎを水にさらすと栄養分が逃げるそうです

新玉ねぎがぼちぼちと店頭に出回る季節ですね。スライスして生で食べるとおいしい新玉ねぎですが、玉ねぎの辛みを取るために水にさらしてませんか?

実は、玉ねぎは水にさらすと、水溶性の栄養素である「硫化アリル」が逃げてしまうそうです。今日はそんな新玉ねぎをおいしく食べる方法について、紹介したいと思います。

新玉ねぎは、ふつうの玉ねぎと比べて辛みが少なく、みずみずしいのですが、それでもあの玉ねぎ特有の辛みがいやだからと、水にさらしている方も多いと思います。

玉ねぎの辛み、煮たり焼いたりすると逆に甘く感じるのは、玉ねぎの成分である、「硫化アリル」とよばれるもののせいです。

この硫化アリルは、にんにくにも入っていますし、玉ねぎを切ると涙が出るのも、この硫化アリルのせいです。

硫化アリルは水溶性なので、玉ねぎを水にさらすと、どんどん水の中に流れ出してしまいます。水にさらすことで、辛みもなくなって行くのと同時に、栄養分も抜けていくのです。

そこで、玉ねぎの辛みを抜く方法ですが、玉ねぎを生で食べるときは、切って15分そのままにしておけば辛みが抜けるそうです。

また、硫化アリルは熱に弱いのだそうですが、切ったあと15分空気に触れさせることで、加熱しても成分が失われなくなるということなので、玉ねぎは切って15分間は放置しておくのがい良さそうです。

なお、硫化アリルは水には溶け出してしまいますが、お酢ならば溶け出すことはないので、お酢を玉ねぎにもみ込んだり、生の玉ねぎのスライスにドレッシングをかけても、辛みをやわらげることができます。

最後に、硫化アリルの効能についてご紹介します。

にんにくや玉ねぎに多く含まれている硫化アリルは「アリシン」とも言われています。主な効能は、次のとおりです。

・疲労回復・血液をサラサラにする
・消化液の分泌をうながし、食欲をアップさせる
・新陳代謝・神経をおだやかにするのに必要なビタミンB1を吸収・活発にする
・悪玉コレステロールが増えるのをおさえる
・デトックス・脂肪燃焼効果
・免疫力がアップする
・体内のガン細胞をやっつけてくれるナチュラルキラー細胞を活性化してくれる

どうですか?玉ねぎの硫化アリルにこのようなたくさんの健康効果があるとは、驚きです。
私もこれからは、スライスしてから15分間放置して、美味しく新玉ねぎをいただこうと思います。

よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

マイリー・サイラスが、2ヶ月で12kgのダイエットに成功した、グルテンフリーダイエット

最近日本でも注目を集めているのが、グルテンフリーダイエットです。

海外のセレブや日本の芸能人もたくさん実践しています。グルテンフリーダイエットを実践している海外セレブとして有名なのが、「マイリー・サイラス」や「ミランダ・カー」です。

マイリー・サイラスは、グルテンフリーダイエットを実践して、2ヶ月で12kgのダイエットに成功しています。

ミランダ・カーは、日本でも人気のスーパーモデルですが、彼女もグルテンフリーダイエットを実践して、メリハリのある素敵なスタイルを手に入れています。

また、日本のファッションアイコンであるローラも、グルテンフリーダイエットを実践している一人で、健康的なスタイルや美しさはすばらしいですね。

では、このグルテンフリーダイエットというのは、どんなダイエット法なのでしょうか?

グルテンフリーダイエットとはその名のとおり、グルテン(小麦)がフリー(入っていない)ダイエットのことです。

グルテンフリーは、もともとアレルギー体質の方の食事療法として活用されていましたが、グルテンフリーにすることでダイエット面や美容面で効果があることがわかり、注目を集めました。

そして、グルテンフリーダイエットのもう一つの特徴は、ダイエット後の体型を維持できているところです。

そんなグルテンフリーダイエットのメリットです。

@グルテンフリーで食欲が減る

グルテンフリーの生活を続けると、食欲が減ることが分かっています。これはグルテンの中に含まれているグリアジンという成分は、脳に快感を与えて食欲を増進させる働きがあるそうですが、グルテンフリーにすることで、そういった刺激が無くなるので、食欲が減少したように感じるのわけです。

Aアレルギーの心配がない

グルテンフリーは、元々小麦に対してアレルギーを持つ人に対して行っていた食事療法なので、もし小麦アレルギーで悩んでいる方でも、グルテンフリーならアレルギーのことを心配せずに、安心して試すことができます。

B美肌効果が期待できる

ダイエット以外のグルテンフリーダイエットの嬉しい効果の一つとして、美肌効果が期待できることがあります。

グルテンには、ニキビや肌荒れの原因となったり老化を促進させる働きがあるので、グルテンフリーにすることで、美肌を維持することができるのです。

一方グルテンフリーダイエットで食べてもいいものとしては、米、蕎麦、ガレット、野菜、果物、豆類、肉、卵、魚などです。結構いろんなものが食べれますね。

要は、グルテンが入っていなければOKです。どうしてもパンが食べたいなら、米粉やフスマを使用したグルテンフリー素材のパンなら、大丈夫です。

逆に、グルテンフリーダイエットで食べていけないものは、やはりグルテンが入っているものです。パン、ラーメン、パスタ、うどん、そうめん、蕎麦、ピザ、天ぷら、小麦を使用した焼き菓子や、麦芽を使用しているビールもなどです。

どうですか?グルテンフリーダイエットは、小麦粉を含んでいない食事を日々の生活の中で心がけていくだけなので、ちょっと気をつければ誰にでも実践可能なダイエット法です。

グルテンフリーの食べ物をバランスよく摂取することで無理な食事制限もないので、ストレスなくダイエットができますし、気軽に始めることができて効果も実感しやすいので、今までダイエットに挑戦して途中で挫折した人でも、続けられるかも知れませんよ。

よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

意外とカロリーが高いご飯料理ランキング

日本人にとって、ご飯は無くてはならないものです。白いご飯も美味しいですが、具材が入ったご飯もまた美味しいですね。

白いご飯1杯分(140g)は約235kcalですが、そのご飯を調理すれば、カロリーはアップします。つまり、具材が入ったご飯は、意外とカロリーが高いということです。

今日は、そんな具材が入ったご飯のカロリーランキングを、ご紹介したいと思います。

■10位:蛸めし(308kcal)

10位は蛸めしです。蛸とお米、調味料を一緒に炊き込んだメニューですが、みりんや日本酒などの調味料でカロリーがアップします。

蛸の分量を多くし、ご飯の量を減らすことで、カロリーダウンになります。

■9位:栗おこわ(327kcal)

おこわには、日本酒やもち米を使っているので、通常のご飯よりカロリーが高くなります。

カロリーダウンのためには、具材に栗ではなく、わらびやぜんまいなどの山菜にすることを、おすすめします。

■8位:ジャンバラヤ(412kcal)

鶏肉やベーコン、エビ、トマト、ピーマンなどが入った料理が、ジャンバラヤですが、個々の具材のカロリーは高くなくても、具材の量が多いので、トータルのカロリーが、高くなっています。

カロリーダウンのためには、肉ではなく、イカやあさりなどの魚介をメインにすることでしょうか。

■7位:えびピラフ(520kcal)

ピラフは、お米をバターで炒るため、どうしてもカロリーが高くなります。さらに具材として、油で炒めたベーコンやエビなどが入るので、脂質も多くなっています。

具材を茹でたり、レンジで火を通したりすることで、カロリーダウンにつながります。

■6位:釜めし(525kcal)

お釜にお米と肉、野菜などを入れ、味つけして炊き込んだのが、釜めしです。

砂糖や日本酒などの調味料に、卵や鶏肉、しいたけなどの豊富な具材が入っているため、カロリーも高くなります。

ご飯の量を控え目にすることで、カロリーダウンになります。

■5位:チキンライス(563kcal)

ご飯と鶏肉を油で炒め、トマトケチャップなどで味をつけたのが、チキンライスです。

バターとケチャップ、そして炒めた油でカロリーは高くなります。バターを使わず、コンソメやだしの風味で食べると、カロリーカットにつながります。

■4位:ドライカレー(587kcal)

ドライカレーは、ひき肉と野菜、ご飯を炒めてカレー粉を加えたものです。

具材を油で炒めるためカロリーはアップするので、野菜を多めにし、あらかじめレンジや茹でて火を通しておくことで、炒める油の量が少なくなり、カロリーダウンになります。

■3位:ビビンバ(593kcal)

具材には野菜が多いのですが、サラダ油やごま油、砂糖などの調味料によってハイカロリーになっています。

薄味にしたり、ぜんまいやもやしなどを多くしたりして、その分ご飯の量を減らすとカロリーは低くなります。

■2位:チャーハン(673kcal)

簡単につくれるチャーハンですが、炒めるときに油を使うため、カロリーは高くなります。

さらに焼き豚やベーコンなどが、カロリーアップの要因になっています。

魚介類やピーマン、グリンピース、玉ねぎやレタスなどの、野菜メインの具材にすることで
、カロリーを抑えられます。

■1位:ちらし寿司(718kcal)

お祝いごとには欠かせないちらし寿司が、なんと1位に入りました。

油を使うチャーハンよりもカロリーが高いのは、ちらし寿司に使われている、いくらやたまご、エビなどの豊富な具材と、酢飯に使われているみりんや砂糖など調味料によって、ハイカロリーになっています。

酢レンコンやきゅうり、紫蘇などを多めにして、ご飯の量を減らすことで、カロリーを抑えれそうです。

どうですか?意外な料理が、上位にランクインしていて、少しびっくりですね。

自宅で作る時には、具材や調味料、ご飯の量に注意することで、カロリーを抑えることができそうです。参考にして下さい。

よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする