2016年11月30日

お金が貯まる夫婦と貯まらない夫婦の違いは、なんだと思いますか?

お金の管理の仕方は各家庭で違いますが、奥さんは「ご主人の給料がもう少し多かったら楽に暮らせるのに」とか、ご主人は「奥さんの金遣いが荒いから何とかならないかな」と思っていたりと、各家庭でいろいろと不満があると思います。

毎日一生懸命働いても、なかなか貯金が増えないと思っている方、実はその鍵が夫婦関係にあるかも知れないそうです。

今日は、夫婦関係と貯金にどんな関係があるのか、ご紹介したいと思います。


1.夫婦でお金の会話する方が、お金が貯まりやすい

「年収が多くて会話が少ない夫婦」と「年収があまり多くなくても会話が多い夫婦」では、後者のほうが断然お金が貯まりやすいそうです。

これは、夫婦の会話がほとんどないと、相手がどんな理由でどんなものにお金を使っているかがわからず、いまの家計の状況をお互いに理解できないからです。

その結果、疑心暗鬼になってお互いの出費が増えて行くことになります。

一方、夫婦で会話をたくさんしていると、日ごろから今の状況や使っているお金について話すようになり、また、収入も出費も貯蓄も隠す必要がなく、家庭のお金を一元化しやすいので、「今月は予算オーバーしたから、来月は外食を1回減らそう」とか、「今回はボーナスが多かったからあれを買おう」など夫婦で話し合うことで、気持ち良くお金を貯めていくことが可能になります。


2.外食の記憶が記憶に残っていると、貯金も貯めやすい

お金を貯めるのが苦手な人の特徴の一つに、外食が多いことがあげられるそうです。その中で特に問題なのが、「なんとなく」あるいは「ついでに」の外食です。

買い物ついでにフードコートで済ませる、なんとなく近所のファミリーレストランに行くというように、外食先を適当に選んでいると、1食当たりの単価はそれほど高くなくても、それが積り積もると月に何万円ものお金がかかってしまうことになります。

ですから、ただ漫然と外食するのではなく、同じく外食をするなら、記憶に残るようなものの方が、お値段以上の価値を得られるのではないでしょうか?

ストレスをためずに節約を続けたいなら、外食は「お店でなければ食べられないような美味しいもの」に絞るのがおすすめです。

ぜひ夫婦で事前に「次はこのお店に行きたい」とリストアップしておいて、「記憶に残る」外食を堪能して下さい。


3.お金を使う相手(交際費)は、身近な人に使う

社会生活を送るうえで、避けられない出費として、交際費があります。

むやみにケチると大切な人間関係を失い、仕事に支障がでたりする可能性がありますが、と言って、たいして親しくない人や特に親しくなりたいわけでもない人にまで、ただ見栄のためだけに使うのは、非常にもったいないですよね。


「お金が貯まらない」と嘆いている人は、自分にとって距離感の遠い人ほど、大切にする傾向があるそうです。

「みんなからいい人に思われたい」「人にたくさん出会いたい」などと思うあまり、八方美人でいると交際費がどんどんふくらみ、お金がいくらあっても足りません。

一方、自分にとって本当に大切な人を喜ばせるためにお金を使うと、心が満たされ、心が安定すると、ストレス発散のための無駄遣い防止の効果も期待できると思います。

1番身近で大切なパートナーをおろそかにしていないか、自問自答して、もし心当たりがあるなら、これからは夫のため妻のためにこそお金を使うようにして下さい。

いかがですか?

もし思い当たるようなことがあれば、早速見直すために、行動を起こしてはいかがでしょうか。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
ラベル:お金 貯金 夫婦 特徴
posted by 圭ちゃん at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

「納豆」と「生卵」の食べ合わせは、NGだそうです

食べ物には、食べ合わせの良し悪しというものがあります。一緒に食べることで、体にいい効果が出たり、逆に悪い結果が出たりします。

今日は、そんな悪い食べ合わせの食べ物について、ご紹介したいと思います。


悪い組み合わせの一つに、納豆と生卵があるそうです。

納豆は、苦手な人もいますが、好きな人は毎食でも食べたい食品で、主人も大好きです。

納豆には、体にいい栄養素がたくさん含まれていますが、その中に「ビオチン」という美肌効果のあるビタミンBの一種があります。

ビオチンは、コラーゲン生成を助ける作用や頭皮の血行促進などの効果があると言われており、「皮膚のビタミン」とも呼ばれているそうです。

髪や爪の主成分であるケラチンというタンパク質は、コラーゲンから作られているため、ビオチンを摂ることで髪や爪が健康に保たれます。また皮膚の炎症を改善して新陳代謝をアップしてくれるため、美肌やアトピー効果も期待できます。


一方、生卵には「アビジン」というタンパク質の一種が含まれています。アビジンにはビオチンと強く結合する性質があり、このふたつが結合してしまうとビオチンの吸収が妨げられてしまうそうです。

アビジンによって、せっかくのビオチンの効果が吸収されることなく体外へ排出されてしまいます。

つまり、納豆のビオチンは、生卵と一緒に食べると吸収率が減ってしまうためというのが、納豆と生卵の食べ合わせがNGな理由です。


ただ、生卵すべてがNGというわけではなく、アビジンが含まれているのは、卵白の部分だけなので、「どうしても納豆には生卵をかけて食べたい」という人は、卵白を取り除いた卵黄だけをかけて食べれば、問題ありません。

さらに、「できたら卵白も食べたい」という方には、加熱して半熟たまごにすれば、卵白も一緒に食べられます。

これは、生の卵白に含まれるアビジンは、熱に弱いので、加熱することでアビジンの働きを抑えることができるためためです。


その他のNGな食べ合わせには、次のような組み合わせがあります。


1.トマト×きゅうり

サンドイッチやサラダの定番のトマトときゅうりですが、きゅうりに含まれるアスコルビナーゼという酵素が、トマトのビタミンCを酸化させてしまいます。


2.ラーメン×ライス

お昼の定番の組み合わせという人もいるかも知れませんが、どちらも炭水化物をエネルギーに変えてくれるチアミン(ビタミンB1)が含まれていないので、糖質の代謝が悪くなり、疲れやすくなります。また、肥満の原因にもなりますね。


3.わかめ×ネギ

どちらもお味噌汁の定番とも言える食品ですが、ネギに含まれるリンが、わかめに含まれるカルシウムの吸収を阻害してしまいます。


4.しらす×大根

しらすに含まれるリジン(アミノ酸の一種)の吸収を、大根のリジンインヒビターが阻害してしまいます。リジンが不足すると脱毛の可能性もあるそうなので、注意が必要です。


5.ほうれん草×ゴマ

ほうれん草のごま和えは、さっぱりして美味しいですが、ほうれん草に含まれるシュウ酸が、ゴマのカルシウムと結合して、カルシウムの吸収を阻害してしまいます。


6.ひじき×れんこん

レンコンに含まれるタンニンの吸収を、ひじきに含まれる鉄分が阻害してしまいます。タンニンには血圧降下や脂肪を分解してくれる効果が期待できるので、ひじきとは一緒に食べない方が良さそうです。

また、カニも柿も体を冷やす食べ物なので、一緒に食べると体が冷えすぎてしまいます。特に冷え症の人は気をつけたい食べ合わせです


7.ドリアン×アルコール

ドリアンは胃の中でアルコールと混ざり合うと急激に発酵し、発熱・膨張します。大量に摂取すると激しい嘔吐が起こる場合もあると言われているので、注意が必要です。


最後に、良い方の食べ合わせを、少し紹介します。

生卵と納豆の食べ合わせはNGでしたが、ネギやキムチと納豆の組み合わせは、おすすめの食べ合わせだそうです。

実は、ネギに含まれるアリシンが納豆のビオチンの吸収を助ける働きがあり、また、キムチのカプサイシンは脂肪分解や整腸作用もあるため、納豆との食べ合わせにはおすすめです。


いかがですか?

納豆と生卵の食べ合わせがNGというのは、初めて知りました。でも、あまり気にしていたら、それこそ食べるものがなくなってしまいそうです。

ある程度バランスの良い食事を心がければ、たまにはNGな組み合わせも、いいのではないでしょうか。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

ダイエットの目標設定の元となる、除脂肪体重の計算方法を知ってますか?

ダイエットする時には、目標体重を決めると思いますが、どんな決め方をしてますか?

今の体重の1割とかいうふうに、適当に決めている方も多いかも知れませんが、脂肪を除いた筋肉や骨、内臓や水分などは、人によって違うので、こうした脂肪分を除いた体重=除脂肪体重を知らずに、ダイエットするのは、危険だそうです。

今日は、この「除脂肪体重」の計算方法を、ご紹介したいと思います。


1.除脂肪体重の計算方法

除脂肪体重(LBM:Lean Body Mass)というのは、先ほども申し上げたとおり、脂肪を除いた筋肉、骨、内臓、水分などの総量のことで、計算方法は簡単です。

除脂肪体重=体重−(体重×体脂肪率)

で計算できます。例えば、

体重55s、体脂肪率28%の女性の場合

55-(55×0.28)=39.6 

で、除脂肪体重は39.6sとなります。

減らしてはいけない分の重さが分かれば、ダイエットする時の、現実的な体重目標を設定することができますね。


2.目標体重の設定方法

次に、実際の目標体重の設定方法です。

減らしたいのは脂肪なので、ここでも体脂肪率に着目して計算します。


まずなりたい体脂肪率を決め、次の式に当てはめます。

除脂肪体重÷(1-目標体脂肪率)=目標体重

例えば、体重55s、体脂肪率28%、目標体脂肪率20%の女性の場合

39.6÷(1-0.2)=49.5s

で、目標体重は49.5sとなります。

このように、ダイエットするときの目標設定順序は、

1.除脂肪体重を知る

2.目標体脂肪率を設定する

3.1と2から目標体重を計算する

となります。


目標体脂肪率は、年齢やダイエットする目的によっても異なるので、一概には言えませんが、美容的にも健康的にもバランスの取れた体脂肪率は、20%前後と言われていますので、これを一つの目安にして、設定したらどうかと思います。

なお、女性の標準体脂肪率は、

30歳未満:適正値17〜24%

30歳以上:適正値20〜27%

となっていて、どちらの場合も30%以上が肥満とされていますので、こうした数字も参考にしたらいいと、思います。


何れにしても、体脂肪率の数字はあくまでも目安です。無理な目標を設定して、身体をこわしたら元も子もありません。

自分が、健康的にも美容的にも調度いい体型をキープできる目標を見つけて、無理のないダイエットに取り組んで下さい。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする