2017年04月30日

ネガティブな気持ちからポジティブな気持ちに切り替える「ほめ日記」を実践しませんか?

人間というのは感情の動物なので、悲観的になったり、楽観的になったり、その時々の気分で変わります。

でも、私たちが心身ともに幸せになるためには、ネガティブよりはポジティブの方が良いのは明白だと思います。

今日は、私たちの心をポジティブにしてくれる、「ほめ日記」について、ご紹介したいと思います。

「ほめ日記」は、一般社団法人「自己尊重プラクティス協会(セパ)」代表理事の手塚 千砂子さんが提唱されたもので、この度『「ほめ日記」効果・自分を味方にする法則』(手塚 千砂子/三五館)も刊行されました。

「ほめ日記」は、12万人以上が実証した奇跡のワークだそうで、自分をほめて、それをノートに書くというシンプルなものです。

実は、人間の脳はほめられることが大好きで、ほめると脳は喜び、自己肯定感が高まって、心や体のストレスはやわらいでラクになっていくということです。そして、脳は言葉に反応するので、人にほめられても、自分でほめても、同じように良い作用をもたらすことがわかっているので、自分で自分をいっぱいほめてあげるために、この「ほめ日記」が考案されたのだそうです。

というのも、日本には謙遜の文化があり、自分や家族をほめるより悪くいう風潮が強く、「ほめる文化」があまり定着していないので、ほめ下手さんが多いからです。

どう自分をほめていいかわからない、そんなほめ下手さんのために、本書では「10のほめポイント」を紹介しています。


1、性格や心の動き等をほめる
2、行動や働きをほめる
3、感覚や感性をほめる
4、発想、考え方をほめる
5、努力のプロセスをほめる
6、過去に努力したことをほめる
7、やらなかったことでプラスのことをほめる
8、体の動きをほめる
9、容姿(見た目)をほめる
10、プラスの変化、内的気づき、自己発見をほめる


ほめるというと、なにか特別なことをほめなくてはと思うかもしれませんが、そうではなく、家族を愛しているといった感情、家事や仕事など毎日の行動、道端できれいな花を見つけたといったような自分の感性、今日は無理しなかったなど、毎日当たり前にやっているようなことを「ステキ」「よくできた」「ここまでできた」と、広い視野でほめてあげればいいのだそうです。

私たちの脳は、マイナスの感情や出来事のほうが記憶に残りやすいといわれていますので、ポジティブよりもネガティブな感情にどうしても傾きやすくなりがちです。

ですから、ネガティブな思考からポジティブな思考に切り替えるには、脳にプラスの力を与える、マイナスをプラスにする回路があればいいということで、プラスの感情や出来事を「ほめ言葉」というカタチにしてノートに書く「ほめ日記」は、脳にプラスの感情を強く伝えるだけでなく、自分をほめる脳の習慣がつく、プラスの回路を作るのにとても有効な手段だと思います。

そしてさらに、ノートに書いた「ほめ日記」を声に出して読むと、言葉と音声で、二重に脳に良い刺激として送ることができ、脳によりプラスの変化をもたらすことができるということです。


いかがですか?

人は往々にして足りないものに目を向けがちですが、身近なことや今あるものに目を向ける習慣がつくことで、気持ちがずっとラクになるのではないでしょうか。

あなたもささやかな毎日のほめ言葉の繰り返しによって、自分を好きになり、自分を味方にした日々を送っていきませんか?


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

コーヒーでアンチエイジングや脂肪燃焼効果があるそうです

コーヒー、好きですか?私も大好きで、毎日飲んでます。主人はドリップで淹れてますが、苦みが何となく苦手なので、私が飲んでいるのはインスタントです。私は砂糖もミルクも入れてます。

そんなコーヒーですが、コーヒーそのものについてはカラダに良いものであると思っている人もまた、増えてきているようです。

1.コーヒーの利尿作用

世界中で飲まれているコーヒーですが、コーヒーに含まれるカフェインのデメリットとしてよく槍玉に挙げられるのが利尿作用です。この利尿作用によって必要以上にカラダから水分が抜けてしまい、特に夏場などでは脱水症状のリスクが高まるのではないかと、危惧する方もいます。

しかしそうしたリスクは、実は90年も前の研究で否定されていたことがわかっていて、コーヒーのカフェインで脱水症状になることはまずありえないということです。

これは、1928年に発表された研究で、最低2ヵ月以上カフェインを摂取していない者はコーヒー1杯程度のわずかなカフェインを摂っただけで利尿作用を引き起こし、排泄によってカラダの水分量は確かに低下することが確認されているものの、その一方で、日常的にカフェインを摂取している者は、あたらめてコーヒー1杯を飲んだところで、カラダの水分量にほとんど影響がないことも判明したということです。つまりコーヒーやお茶などを常飲している者にはカフェインによる脱水症状のリスクはないということです。

また2005年に米・コネチカット大学の研究チームが発表した研究では、59人の健康な実験参加者を11日間にわたってモニターし、カフェイン飲料の摂取と体内水分量の関係を探っていますが、その結果、コーヒーなどの日常的なカフェイン飲料の摂取と体内の水分量に関係がないことが報告されています。

ただこうした研究の対象はあくまで天然由来のコーヒーから抽出したカフェインの効果なので、人工的にカフェインを加えたエナジードリンクなどのリスクはこの限りではありません。

2.コーヒーと長寿の関係


今年1月に米・スタンフォード大学医学部から発表された研究によると、コーヒーは長寿に繋がるということです。

研究では100人以上の幅広い年齢層の生活習慣と血液サンプルを分析した結果、カフェインには人体の抗炎症作用を向上させる働きがあり、加齢に特有の各種疾病を予防できることを指摘しています。

コーヒーや紅茶などのカフェイン飲料を日常的に頻繁に飲んでいる老齢者の血液の炎症反応が低い傾向にあることが浮き彫りになったのだが、これは日に1、2杯ではそれほど差はあらわれず、1日5杯以上飲むグループで顕著であったということです。

研究を主導したデイビッド・ファーマン氏は「TIME」誌の取材に対して、「加齢が進むとなりやすい疾病のほとんどは“老人病”ではなく、炎症による疾病なのです。より多くカフェインを摂取する人ほど、慢性的炎症反応に抗うことができます」と答えています。

人体の細胞間の情報伝達を行なっている分子にアデノシンがあるそうですが、カフェインはこのアデノシンの働きを抑制し、その結果、炎症反応を妨げるということです。そして炎症反応が妨げられることで、免疫機能の働きが健全に保たれ、加齢の進行が緩やかになるため、カフェインの摂取が長寿に結びつくということになります。

また研究チームの一員であるマーク・デイビス氏も、「老化によって炎症反応への対抗力が衰えます。しかし今回の研究によって、炎症反応を引き起こす“通り道”を特定することができました。そして老化と炎症反応に対処する有望な解決策が打ち出されることになったのです」と述べています。

同研究チームによって今後も詳細な研究が続けられるということですが、カフェインがアンチエイジングの最有力候補というのは、間違いなさそうです。

3.コーヒーがもたらす6つの科学的な効能

そして、シンガポールのビジネス系フォーラム「Responsible Business」の記事ではコーヒーがもたらす6つの科学的な効能を解説しているそうです。

(1)うつと自殺リスクの低減

カフェインは脳の中枢神経系を刺激し、神経伝達物質であるセロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンなどの分泌を活発にして気分を高めます。ハーバード公衆衛生大学院の研究ではコーヒーを1日4杯以上飲む女性は、そうでない女性よりもうつになるリスクが20%低くなるということです。

(2)長期にわたって脳を健康に保つ

いくつかの研究で、コーヒー常飲者はそうでない者に比べてアルツハイマー病の発症リスクが65%も低いことが報告されています。

(3)2型糖尿病の予防

全世界で3億人が罹患しているといわれ全人類的な問題となっている2型糖尿病ですが、コーヒーなどのカフェイン飲料で予防することができるそうです。カフェインはインシュリン感受性を改善し、ブドウ糖摂取時に血糖値を一定に保つ耐糖能の機能低下を防止して2型糖尿病を予防するということです。

(4)虫歯予防

砂糖やミルクを加えないブラックコーヒーは、虫歯を予防しているという研究が2009年に発表されています。

(5)エネルギーレベルを上げる

神経の働きを抑制しているアデノシンの働きをカフェインが抑えこむので、結果的に中枢神経系を興奮させ、眠気覚ましや疲労感の軽減、計算や記憶能力の向上などをもたらすそうです。さらにノルアドレナリンの放出量も増えて身体活動を活発にするということです。

(6)脂肪を燃焼する

カフェインには脂肪の分解を促進する効果があります。特に焙煎されていないコーヒー豆で淹れたグリーンコーヒーは脂肪燃焼効果が高いそうです。

いかがですか?

いろんな効能のありそうなコーヒー、これからも楽しんでいきたいと思います。でも、健康のためにはミルク砂糖入りではなく、ブラックコーヒーの方が良さそうですね。



よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

20時のフルーツより15時のケーキの方が、太りにくいそうです

ダイエット続けてますか?

糖質制限であれ何であれ、ダイエット中にはいろいろな誘惑があります。その一つが、おやつやデザートではないでしょうか。

今日は、おやつやデザートについての正しい知識をマスターして、『痩せグセ』を習慣にするための情報をご紹介したいと思います。

ダイエットも、「さあやるぞ」と意気込んで始めても、その気力がなかなか続かず、途中で挫折してしまいがちです。それよりも、肩の力を抜いた「痩せグセ」を、日常生活の中に組み込んでしまえば、いつの間にかダイエットができます。

そのためには、正しい知識が必要です。


1.脂肪を増やす「ビーマルワン」

ダイエットのためには、脂肪を増やす「ビーマルワン」の活動時間がカギになります。

夜に食べると太るというのは一般的にいわれていますが、これにはちゃんとした医学的根拠もあります。

体内時計をコントロールする時計遺伝子のひとつに、「ビーマルワン」というタンパク質がありますが、これにはなんと脂肪を増やす働きがあり、「ビーマルワン」が活性化すると太りやすくなるそうです。

この、「ビーマルワン」の働きは、時間によって変化し、その働きが低下するのが10〜16時頃までなので、高カロリーの料理やスイーツなどはこの時間内に食べれば太りにくいということです。


2.夕食後のデザートはやめて15時におやつを食べる

ですから、夕食後のデザートは太る原因になるので、その代わりに太りにくい15時のおやつがおすすめです。

良く聞くのが、15時のおやつをガマンしたから、夕食後にデザートとしてフルーツを食べるというパターンですが、フルーツはビタミンやミネラル、食物繊維も含んでいますが、糖質(果糖)もたっぷり含まれています。ですから、食べるなら夕食後のデザートよりも、15時のおやつかおすすめなんです。


3.ふんわり&サクサク食感は、高カロリー

ケーキやパンなど、ふんわり&サクサク食感で、やわらかいケーキやパンは、美味しくていくらでも食べれそうですが、こうした食品は一般的に高カロリーです。

例えば、ふんわりやわらかい食パンには、マーガリンなどの油脂、卵、砂糖が使われているため高カロリーですし、さらにクロワッサンやメロンパン、クッキー、ビスケットなどのサクサクした食感はバターたっぷりの証拠です。

こうしたふんわり&サクサク食感の食品は、摂りすぎないように、気をつけましょう。


4.硬いもの&重いものは低カロリー

逆に、低カロリーなのは硬いもの、ずっしり重いものなどです。例えば、硬いバゲットは小麦と塩、水、イーストのみで作られているので比較的低カロリーになっています。


5.健康にいいもの=低カロリーではない

テレビのCMとかで、「この食品はカラダにいい、美容にいい」と宣伝してきます。それを聞くと、つい試さずにはいられない人も多いと思いますが、これにも注意が必要です。つまり、「ヘルシーだからたくさん食べても、飲んでも大丈夫」ということではないということです。

例えば、豆乳ラテのLサイズは約150kcal、ドライフルーツのマンゴー100gは350kcal、グラノーラ1食50gは約250kcalと意外と高カロリーです。ダイエット用のお菓子も普通のお菓子よりカロリーが少し低いだけなので、食べ過ぎればカロリーオーバーになります。「健康にいい=低カロリー」ではないことを覚えておいて下さい。


6.正しい知識でダイエットの効果を上げる

「間違った思い込みが、実は太る習慣だった」ということにならないためにも、正しい知識はきちんと身につけておくことは大切です。

つまり、あなたが痩せないのは、あなたの考えが間違っていたからということもあります。

正しい考え方のもと、ちょっとしたことをするだけでダイエットの効果は確実に変わってきます。

今こそ『痩せグセ』マスターになって、万年ダイエッターから脱出しませんか?



よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする