2017年05月24日

オービスによる速度測定はどこまで信用できると思いますか?

高速道路とか主要幹線道路に設置してある、オービス(速度自動測定装置)ですが、オービスによる速度違反の測定値はどこまで信用できるのか、疑問に思ったことはありませんか?

私はまだオービスで速度違反したことがないので、実感はありませんが、実際に引っかかった方は、本当に信用できるのかなと、思うかも知れません。

でもそれは実は杞憂で、オービスによる速度違反を巡る裁判を見ると、その辺のことが良く分かるそうです。

というのも、検察は裁判でオービスの測定値の信用性を立証しなければならないからで、実は、オービスによる速度違反の数字は、実測値そのものではないのだそうです。

ネズミ捕りや追尾式などの有人式のスピード取り締まりでは、違反車に停止を命じてその場で違反キップを切ります。しかし、無人式のオービスによるスピード取り締まりは、現場では測定と撮影を行うだけです。

写真にはクルマのナンバーと運転者が写り込んでおり、測定値が自動的に焼き付けられています。警察はナンバーを元にクルマの所有者に通知し、違反者(たいていは所有者自身)を警察署へ呼び出して違反キップを切るわけです。

実際、オービスは一般道だと超過30キロ以上、高速道だと超過40キロ以上を撮影するといわれています。これは交通違反の点数が6点以上になる区分ですね。

つまり、オービスは極めて悪質な違反車を撮影することになっているのです。

とはいいつつ、自動で速度取り締まりを行うオービスの検出誤差がどれくらいあるのか、逆に言うとオービスによる速度違反の測定がどこまで正確か知りたくなりますよね。

そこで、裁判で測定値の信用性をどのように立証するかを見てみたそうです。

すると、オービスの測定値として明示されているデータは、実測データそのものではないのだそうです。

どう言うことかというと、測定の誤差が±2.5%あるため、生の測定データに0.975を掛けたものを測定値とし、さらに小数点以下を切り捨てているのだそうです。

つまり、オービスの測定値として明示されている数値は、+2.5%の誤差の時で実際の速度の小数点以下を切り捨てたものか、-2.5%の誤差の時で実際の速度の5%低い数値の小数点以下を切り捨てたものになります。

ですから、実際の速度より高めの数値が、オービスの測定値として明示されることは、絶対にないということです。

いかがですか?

残念ながら、スピード違反した時は、警察や裁判所でオービスの誤差の話をしても、仕方がないということなので、大人しく処分を受け入れるしかなさそうです。

その前に安全運転して、スピードを出さないことが先かも知れませんが。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

紅茶をもっと美味しく、もっとヘルシーに飲む方法があるそうです

紅茶、好きですか?

私はコーヒー派なので、あまり紅茶は飲まないのですが、たまに紅茶を淹れると、苦すぎたりあるいは薄かったりと、なかなか上手く淹れれません。

そこで今日は、ティーバッグの紅茶を美味しく入れる、もっとも簡単な方法を見つけたので、ご紹介したいと思います。

おいしい紅茶をいれる秘訣については、昔からいろいろな方法が試されて、議論されてきたそうです。

そんな中出てきたのが、電子レンジを利用する方法です。

この方法は、最新の研究で分かった方法で、ヘルシー効果もあるそうです。

この驚くべき研究を行ったのは、オーストラリアのニューサウスウェールズ州にあるニューキャッスル大学の、クアン・ヴォン博士です。

クアン・ヴォン博士は、同大学で「天然産物の価値を高める方法」を専攻されています。

今回の研究で博士は、緑茶と紅茶の重要な構成要素を抽出して精製し、下記の手順でいれたそうです。

するとカフェイン、リラクゼーションを促すといわれる必須アミノ酸のテアニン、変性疾患を防ぐ抗酸化物質のポリフェノールが、80%も活性化されることを発見したとのことです。


その淹れ方ですが、

【1】コップにティーバッグと白湯を注ぐ。
【2】電子レンジで30秒ほど加熱。
【3】1分ほど置く。

たったこれだけです。

いかがですか?

でも、この方法で淹れた紅茶は、一体どんな味がするのでしょうか。

私も今度試してみようと思います。紅茶好きの方、試してみませんか?


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

窓のクレセント錠は、空き巣対策にはならないそうです

昨今の空き巣の侵入手口で最も多いのが、窓などのガラスを狙った「ガラス破り」だそうです。

これは、ピッキングほど専門知識や技術がなくてもできてしまうためで、特にほとんどの家庭の窓に使われているクレセント錠は、空き巣対策にはほとんど意味がないそうです。

今日は、その理由や対策についてご紹介したいと思います。

ほとんどの家庭の窓は、クレセント錠がカギ代わりに使われています。このクレセント錠で戸締まりをすれば、外から窓を開けることはできないので、出来心的な犯罪は防ぐことが可能ですが、ただし、空き巣対策には有効ではありません。

クレセント錠、名前に「錠」がついてますが、実際にキーを使っていないため、正しくはカギではありません。ですから、空き巣にガラス破りをされてしまうと、いとも簡単に侵入を許してしまうことになります。

そしてガラス破りといっても、空き巣は窓ガラスをすべて割るのではなく、クレセント錠周辺にコブシ大程度の穴を開ければこと足りるので、周囲に気づかれるような派手な音も、あまりしないのだそうです。

さらに、多くのクレセント錠はスイッチやスライド式の簡単なロック機構が付いているだけなので、空き巣にガラスを破られて手を突っ込まれたら、ひとたまりもなく窓が開けられてしまいます。

これが、クレセント錠が空き巣対策に意味がない理由です。

では、クレセント錠の空き巣対策はどうしたらよいのでしょうか?

ホームセンターや防犯ショップをのぞくと、クレセント錠用の補助錠が売られていますが、これが空き巣対策に有効です。

補助錠はクレセント錠の上げ下げや、窓の開閉をするのに、キーが必要になるものです。

このため、ガラス破りで侵入しようとしてコブシ大を割ったくらいでは、空き巣は簡単に家の中に入れません。そういう意味で、空き巣から本気で自宅の防犯対策をしたい時には、必須のアイテムです。


いかがですか?

私も、クレセント錠をロックしておけば大丈夫と考えていましたが、少し考え直さないといけないようです。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする