2017年08月31日

美人になる豆乳の選び方、分かりますか?

豆乳は好きですか?

わたしはあまり飲まないのですが、娘は牛乳アレルギーなので、豆乳を良く飲んでいます。

牛乳の代わりとして、なんとなくヘルシーなイメージのある「豆乳」ですが、最近では、ケーキやアイスまで「豆乳」で作られた商品が登場しているようで、ますます人気が広がっているのでしょうか。

先日スーパーの冷蔵庫をのぞいたら、きなこ入り、コーヒー系、アップルパイ味、プリン味など、様々な「豆乳飲料」がズラリと並んでいました。

でも、逆に種類がたくさんあると、どれを選んでいいのか、分からないことはないですか?

そこで今日は、美容面から考えた「豆乳を飲むメリット」と、「豆乳を選ぶ際のポイント」について、長寿美容食研究家「スギ アカツキ」さんの情報を元に、ご紹介したいと思います。


1.豆乳を飲むメリット

豆乳は美容・ダイエットに、効果があります。その理由ですが、3つあります。

(1)たんぱく質が豊富なので、美肌作りやダイエットに良し

豆乳の原料である大豆の約1/3は、「たんぱく質」です。また、たんぱく質が豊富な動物性食品と比較すると、低カロリー(ヘルシーな鶏むね肉の半分)なので、ダイエット中の美肌作りには好都合です。さらに、スイーツ類やご飯・パンに比べると消化吸収がゆっくりで満腹感を得やすいため、小腹が減った時のオヤツ代わりとしても適しています。

(2)サポニンが豊富なので、肥満予防やアンチエイジングに良し

大豆に含まれる「サポニン」という成分には、血液中の余分なコレステロール・中性脂肪などを洗い流す作用があり、肥満予防に役立つとされています。また、抗酸化作用も持つため、からだのサビ(=酸化)を防いで老化対策としても有用です。

(3)オリゴ糖が豊富なので、便秘予防に良し

大豆に含まれる糖質には、ショ糖、スタキオース、ラフィノースといった「オリゴ糖」が含まれています。オリゴ糖は、腸内に住む「ビフィズス菌」など善玉菌のエサになるため、善玉菌を増やすことで便通を良くする効果が期待できます。

そして豆乳には他にも、乳がんや骨粗しょう症の予防が期待される「イソフラボン」が豊富に含まれているため、女性にとってはうれしいヘルシードリンクと言えます。

ただし、どんな健康食品にも言えることですが、飲みすぎには注意して下さい。また、大豆アレルギーの方も、注意が必要です。


2.豆乳を選ぶ際のポイント

豆乳には、無調整、特濃、味つきなど、いろんなタイプがありますが、「どんなタイプの豆乳を選んだら良いのか? 」ということについて、ご紹介します。

【無調整vs特濃】

両方とも、濃さは同程度で、カロリー、たんぱく質、コレステロールも同等です。

イソフラボン重視なら「無調整」を、カルシウム重視なら「特濃」を選んで下さい。

どちらを選んでも変わりはなさそうな感じもしますが、豆乳メーカーとして有名なキッコーマンの商品で、「調整」と「無調整」の違いを整理してみると、

●調整:大豆固形分が6%以上で、砂糖や食塩などを加えて飲みやすくしたもの。

●無調整:豆腐を作る工程でできる大豆と水のみの成分で、大豆固形分が8%以上のもの。

そして、「特濃」というのは「調整」のジャンルに属していて、大豆固形分を「無調整」と同レベル(=8%以上)に高めたものです。つまり、大豆固形成分の割合が同等ということですね。

その他の栄養成分(200mlあたり)は以下の通りです。

カロリー:115kcal(無調整)/109kacal(特濃)

たんぱく質:9.1g(無調整)/8.8g(特濃)

イソフラボン:56mg(無調整)/28mg(特濃)

カルシウム:34mg(無調整)/114mg(特濃)

コレステロール:両者ともゼロ

【無調整vs味つき豆乳飲料】

カロリーは「無調整」の方が若干高めですが、「味つき」は糖質に注意が必要です。また、豆乳に期待する栄養素(たんぱく質・イソフラボン)は「無調整」の方が約2倍含まれているので、「無調整vs味つき豆乳飲料」の比較なら、やっぱり「無調整」がおすすめです。

最近、おいしく飲める豆乳飲料として人気が出てきているという「味つき」の豆乳飲料ですが、含まれている豆乳成分は、実は「無調整」の半分以下で、しかも飲みやすさを重視して甘味料がたっぷり入っているため、糖質量が高くなっていることを認識する必要があります。

例えば、マルサンの2商品「無調整」、「紅茶」で栄養素を比較した結果は以下の通りです。

大豆固形成分:11%(無調整)/5%(紅茶)

カロリー:124kcal(無調整)/98kcal(紅茶)

たんぱく質:11.0g(無調整)/6.0g(紅茶)

炭水化物(糖質量を反映):4.0g(無調整)/11.8g(紅茶)

イソフラボン:94mg(無調整)/36mg(紅茶)


いかがですか?

豆乳にも、いろんな種類があるんですね。私も、美容のために、たまには飲んでみようかなと思います。



よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
ラベル:豆乳 種類 選び方
posted by 圭ちゃん at 18:55| Comment(0) | 飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

古いスマホをドライブレコーダーに再利用できます

 最近では、車にドライブレコーダーをつけておられる方も増えてきましたが、いざつけるとなると安い機種でもそこそこの値段になるので、取り付けるのを躊躇されている方も、多いのではないかと思います。

 そこで今日は、機種変更で使わなくなった古いスマホにアプリを入れて、ドライブレコーダーとして流用する方法について、ご紹介したいと思います。

 スマホアプリなら無料でその機能を利用できるのでお得ですし、また古いスマホを再利用すれば、取り外しせずに常に装備しておけるので便利です。


 やり方は簡単で、使わなくなった古いスマホを用意し、これに、ドライブレコーダーアプリを入れて、車載ホルダーを用意してスマホを固定するだけです。

 スマホの無料ドライブレコーダーアプリでイチオシは「DailyRoads Voyager」だそうです。フルHD画質対応で、シンプルかつ直感的な操作により運転を記録してくれます。AppStore、Google Playで入手可能です。


 このドライブレコーダーアプリはフルHD画質で撮影していて、画像は鮮明。撮影データはアプリ内に保存されます。撮影データを再生すると、下にルートマップも表示される仕組みです。


 ただ、スマホの通常レンズのままだと左右視野の狭さが少し狭く感じるのではないかと思います。そこで、ドライブレコーダーアプリを利用する際は、広角レンズを装着するとさらにベターだそうです。視野角が広がり、証拠撮りの情報量が増えるので、スマホをドライブレコーダーに流用する際には、ぜひ利用して下さい。


 例えば、Pcaseの「超広角レンズ0.4」なら、通常撮影と比較して面積比約6倍のワイド撮影が可能で、実際に広角レンズを付けると、手前から左右まで幅広く捕らえられるようになるということです。


 このほか、ドライブレコーダーアプリに古いスマホを再利用するなら、車載ホルダーもあると便利ですね。車載ホルダーは2,000円前後で購入可能なので、こちらも一緒に用意して下さい。また電源も、シガーソケット用USB端子から取れば、いちいち充電する手間がありません。

 いかがですか?

 まだドライブレコーダーを取り付けていないという方、是非参考にして下さいね。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:40| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

脳を若く保つ方法が研究で明らかになったそうです

歳を取ってもいつまでも若々しく頭脳明晰でいたいと思いますが、現実はなかなかそうはいきません。物忘れもひどくなってきますし、第一記憶力が鈍くなってきます。

何かいい方法はないものかと思っていたら、おもしろい記事を見つけました。それは、「脳を若く保つ方法」が研究で明らかになったというものです。

一体どんな方法なのか、今日はその研究の内容について、ご紹介したいと思います。

これは、The Washington Postで紹介されているもので、コロンビア大学のコロンビアエイジングセンターが最近発表した研究によると、心の加齢プロセスは、関節にガタがきたり、記憶力が頼りなくなったりするといった、自分でどうすることもできない身体的な変化よりも、自分でコントロールできる心理的な変化のほうが大きく作用するそうです。

研究チームは、世間で言われる加齢のネガティブなステレオタイプを受け入れないことで、年月による被害から心を守れることを発見したというのです。つまり、加齢を受け入れないことは、少なくとも精神的には有効だそうで、これは、「歳を取った」と自己暗示をかけないようにすることが、脳の老化を防ぐことにつながるということなのかなと、思います。

研究に参加したDavid Weiss氏は、次のように言っています。

「『年齢なんてただの数字である』と考えている大人は記憶力が高い一方で、「加齢は運命であり避けることはできない」と考えている大人は記憶力が低く、ストレスに過剰に反応する傾向がありました。」と。

また他にも、この結果を裏付ける研究があるそうで、こうした研究から言えることは、

「加齢とともに心のパフォーマンスが下がると考えるほど、それは自己達成的予言になりやすく、逆に何歳になろうと自らに新しい課題を課し、自分の能力を信じている人は、心のピーク状態を長く保つことができる。」ということなのではないかと思います。

さらに歳をとっても脳をシャープに保つためには、マインドセットの他に健康的なライフスタイルを保つのも重要だということです。これに関しては、瞑想や定期的なウェイトトレーニングなどの特定の習慣を持つことで、脳のピーク状態を長く保てるという研究結果もあるそうです。

いかがですか?

脳をいつまでも若々しく保つためには、年齢を気にしないことと、瞑想や運動といった習慣を持つことだと私は理解しましたが、あなたはどう思いますか?


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
ラベル:若い
posted by 圭ちゃん at 18:45| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする