2015年12月08日

美容のために毎日オリーブオイルを摂りませんか?

オリーブオイルは、ダイエットや美肌、便秘の解消など、さまざまな美容健康効果が期待できるそうですが、そうと分かっていても、私はパスタくらいにしか使ってないので、毎日摂るのは難しいです。

そこでおすすめされていたのが、「食べるオリーブオイル」です。作り置きできて、温野菜にも生野菜にも、納豆やお豆腐にも合う万能オリーブオイルだということなので、その作り方を紹介します。

1.材料
玉ねぎ:1/2個
ニンニク:1/2個
アンチョビ:1フィレ
オリーブ(ギリシャ風):10個
オリーブオイル:適量

2.作り方
(1)玉ねぎ・ニンニクはみじん切りにして、フライパンに入れ、オリーブオイルを加え、弱火にかけ、水分が抜けて一回り小さくなるまで火にかけます。(焦がさないように注意して下さい。)
(2)アンチョビはペーストに、ギリシャ風オリーブならそのままみじん切りに、塩漬けの場合はしっかり水気を切ってみじん切りにします。
(3)(1)と(2)をよく和え、消毒した保存ビンに入れ、具材がしっかり浸かるまでオリーブオイルを加えて出来上がりです。

作ったその日から食べられますが、冷蔵庫で保存しておけば日が経つほどに味が馴染んでくるので、サラダだけでなく、お豆腐や納豆、お刺身に添えるのもおすすめです。

この「食べるオリーブオイル」の効果です。
・ダイエット効果
オリーブオイルの主成分「オレイン酸」は、小腸で吸収されにくく腸内で薄い膜のように広がり、糖の吸収を穏やかにする効果があるそうです。また、オイルには脳の報酬系と呼ばれる部分を刺激して満足感を高める働きがあるため、少量でも満足感が得られます。

・白肌キープ効果
オリーブオイルに含まれるポリフェノールの抗酸化作用は、ビタミンCと比べると約10倍、黒色メラニンの生成を抑制する効果が約25倍もあると言われているそうなので、白肌キープにうってつけです。

・便秘解消効果
腸に届いたオレイン酸は、腸を刺激してぜん動運動を促す働きが期待できるそうです。実際、下剤を常用している人たちがオリーブオイルを朝晩2週間摂った実験では、ほぼ全員が下剤の量を減らすことに成功したそうです。

どうですか? 食べるオリーブオイルを毎日摂ることで、毎日の食生活の中でオリーブオイルを摂ってみませんか?

オリーブオイル.jpg

よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック