2017年04月20日

カロリーが高い食事でも、太らないためのコツ

女性にとって、食事のカロリーは気になるものです。特に、ダイエットしている方はとても気にしていると思いますが、カロリーが高い食事をとったからといってすぐに太るわけではありませんし、食べ過ぎた翌日に体重が増加しているからといって、体脂肪が増えているとも限りません。

今日は、カロリーが高い食事を摂っても、太らないためのコツをご紹介したいと思います。

1.カロリーを摂ることと太ることは直結しない

ダイエットを始めると、とにかく食べたものの総カロリーが気になりますが、カロリーはあくまで一つの目安として捉えた方がいいと思います。

例えば、同じ100kcalでも、ケーキの100kcalとお刺身(魚)の100kcalとでは、体内でのはたらきに大きな違いがあるからです。

「何を食べるか、どう食べるか、食べた後にどうするか」ということを工夫することで、食べても太らない体質を実現することが可能です。

とにかく摂取カロリーの総量を計算して、多かった、少なかったと一喜一憂するダイエットとは、おさらばして下さい。


2.「食べても太らない」を実現する食べ方のコツ5つ

(1)サラダやスープから食べる(食べ過ぎ防止)


噛み応えのあるサラダや水分が多いスープを、食事の最初に食べることで、食事での満足度を高めることができますて。楽しみながら食事をしていると、とついつい食べ過ぎてしまうという場合に、おすすめです。


(2)よく噛んで、ゆっくりと味わいながら食べる(食べ過ぎ防止)


これも、(1)項と同様に、食べ過ぎないためのコツです。

良く噛むことで、消化・吸収の働きがスムーズになり、脂肪や糖分を処理できずに溜め込んでしまうことを防ぐことができます。


(3)おしゃべりや観光などを思いっきり楽しむ(運動)


少しくらい食べ過ぎても、その分エネルギーとして消費してしまえば大丈夫です。

「食べちゃった……!」と落ち込んでいるよりも、食事の時はその場を楽しみ尽くして、食事の後で食べ過ぎた分のカロリーをどんどん消費して行って下さい。

(4)お腹が空いたら食べて、空いていないのなら食べない(カロリー調節)


これは、「今日は、たくさん食べる」とわかっている日ほど実践したいことです。

お腹が空いていないのに、つまりカロリーとしては不要なのにカロリーを摂取すれば、それだけ体脂肪としてため込みやすくなるのは、自明の理です。


(5)野菜・果物、たんぱく質を積極的に摂る(栄養バランス)


食事の栄養バランスは、とても大切なので、代謝を高めてエネルギーとして消費してくれる栄養素をしっかりと摂取します。

そうすることで、肌や筋肉、体内の状態や働きをより健康的で活発な状態に整えることができます。


いかがですか?

ダイエットの基本的な考え方は、非常にシンプルなものです。今日ご紹介したことを頭に入れておけば、「食べ過ぎた」と後悔することも少なくなると思います。

是非参考にして下さい。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:22| Comment(1) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!

今まさにダイエット中なので勉強になります!
野菜は積極的に食べるようになりましたが
果物は普段からあまり食べません。

綺麗に痩せるにはバランスも大事ですよね!

食事も運動もバランスよく。
頑張りたいと思います♪
役立つ情報ありがとうございます!

また遊びにきますね!
応援ぽちっ☆
Posted by しま at 2017年04月21日 14:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック