2017年07月15日

誤解しやすい糖質制限ダイエットのやり方、あなたはいくつ正解できますか?

ダイエット法として、糖質制限ダイエットが大流行りですが、中にはやり方を間違えて取り組んでいる方も、結構多いそうです。

ということで、今日は糖質制限ダイエットのウソ、ホントについて、ご紹介したいと思います。

糖質制限ダイエットが流行ってきたのは、これまでのダイエットで最重要とされてきた、「カロリーを減らすこと」、ここ最近の研究で「注目すべきはカロリーではなく、糖質の摂り過ぎ」だと、実証されたからです。

というのも、現代人は糖質を摂りすぎる傾向があり、血糖値が上がることが脂肪の増加にもつながります。また、最近若い女性にも多いのが、普段は平常値なのに食後だけ血糖値が急上昇する『隠れ高血糖』です。これは、肥満だけでなく将来の糖尿病の原因にもなるので注意が必要です。

一方で、カロリーは気にしなくてOKで、むしろ、肉や魚などのたんぱく質や、良質の脂肪分は不足しないようにしっかりと摂る必要があります。

また、糖質は体のエネルギー源なので、糖質をゼロにするといった極端な糖質制限をすると、活力がなくなり、体調を崩す原因にもなります。またストレスでリバウンドし易くなってしまいます。

ですから、糖質ゼロではなく、今までの半分に抑えるぐらいの、『ゆるやかな糖質制限』がオススメです。

それでは、糖質制限のウソ、ホントをご紹介します。

×ウソ糖質だけでなく、カロリーも大事
○ホントカロリーは無視していい。
満腹になる程度のカロリー摂取量ならまったく問題ない。糖質こそ気にすべき。


×ウソ炭水化物=糖質
○ホント炭水化物=食物繊維+糖質。
食物繊維と糖質を合わせたものが炭水化物です。そのため炭水化物を制限しすぎると食物繊維が不足しがちになります。


×ウソ糖分を摂らないと、頭が働かない
○ホント血糖値の乱高下で眠くなる。
口から糖分を摂らなくても、脳が必要とするブドウ糖は、肝臓で十分量以上が生成されています。逆に食後に血糖値が急上昇すると、覚醒物質オレキシンの分泌が減ることで、眠くなります。

×ウソ米などの主食や、砂糖を避ければOK
○ホントいもや果糖ぶどう糖液糖なども注意が必要。
いもなど根菜類に含まれるでんぷん、添加物の「果糖ぶどう糖液糖」なども血糖値を上げる糖質です。


×ウソフルーツたっぷりのスムージーならヘルシー

○ホント果物には糖質がたっぷりなので、注意が必要。
ビタミン豊富な果物ですが、糖質も多いので注意が必要です。特に朝の空腹時に飲み物として摂ると、血糖値を急上昇させる原因になります。

×ウソコンビニ食は糖質まみれのものばかり
○ホントふすまパンや、糖質ゼロ麺などもあります。
こんにゃくでできた糖質ゼロ麺や「ブランパン」など、コンビニにも糖質の少ない商品が急増中です。

×ウソ糖質を完全にカットするのがベスト
○ホント糖質ゼロにするとリバウンドや健康被害の可能性も糖質ゼロは体調を崩すもとになります。毎食糖質が20〜40gくらいになるように、少しずつ摂って下さい。

いかがでしたかか?

あなたの糖質制限ダイエットのやり方、間違ってませんでしたか?

カロリーを気にしなくてもいいというのは、メリットですね。正しいやり方で、今年の夏スリムになって下さいね。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック