2017年07月22日

ストレスを溜めずに、家計簿を長続きさせるコツ

家計簿をつけてますか?

家計管理の基本とも言える家計簿ですが、実際は「毎日続けるのが面倒」という理由で、続かない人が多いようです。

私も、過去何回かつけようと努力しましたが、

・ いちいちレシートを見ながら書き込むのが面倒
・ 電卓をたたいて集計するのも面倒


ということで、長続きしませんでした。

今日は、私のように家計簿が長続きしない人のために、それまでなかなか家計簿が長続きしなかったという、垣内 結以さんが実践している、長続きする家計簿のコツをご紹介したいと思います。

1. いろんなタイプの家計簿を使って自分にあうものを探す


家計簿には、様々なタイプがあります。

まず、ノート、エクセル入力、家計簿アプリなど、何に記録を残すかという選択肢があります。

・ 基本は手書きするノートタイプ
・ 計算を楽にしたいならエクセル
・ お金を使った都度記録を残したいなら家計簿アプリ


手書きが面倒で続かなかったという方は、もしかしたらエクセルやアプリのほうがあっているかもしれません。

また、手書きのノートと一言で言っても、本屋で家計簿を探してみると、

・ 日付が載っていて毎日記入するタイプ
・ 費目別になっているタイプ
・ レシートを貼り付けるタイプ

など、いろんな種類があります。

これも、人によって合う、合わないがあるので、実際にチャレンジしながら自分にぴったりなものを探してください。

「家計簿はストレスがたまるから無理、やめよう」と結論付けるのではなく、「ストレスなく続けられるものを探す」、これがポイントだそうです。


竹内さんの場合は、つけ始めたころは、日付が載っていて毎日記入するタイプの家計簿を使っていましたが、その後、合わないと感じたので自作の家計簿を作り、さらに面倒だと感じたので、次は市販の費目別になっているものを買ったそうです。

すると、このタイプが「ストレスなく続けられる」ということが分かり、それ以降毎年同じ家計簿を買うようになったということです。


2. 費目を少なくする
家計簿をつけるうえでネックになるのが食費や日用品費、レジャー費などの費目分けです。最初から費目をたくさん用意しておくと、仕訳が面倒になり、続けられない原因になるので、費目は少なくしておくのが鉄則だそうです。

竹内さんのおすすめは、4、5個までだそうで、夫婦ふたり暮らしの竹内さんは、住居費や光熱費などの固定費を除くと、

・ 食費
・ 日用品費
・ その他

の3つにしか分けてないそうです。

外食費は食費に振り分け、後から外食の回数を確認できるよう、外食費だけ赤字で書いて目立たせ、また、被服費や交通費、レジャー費などは「その他」に振り分けるか各自のおこづかいから出すことにしたそうです。

竹内さんによると、選択肢が3つしかないと、家計簿の記帳が驚くほどラクだということです。

そのため、自分だけが使う被服費や交通費、美容費、交際費、平日の昼食代などはおこづかいから出すことにして、各自のおこづかいを大幅にアップしています。

何歳になっても、おこづかいが増えるというのはうれしいそうで、竹内さんもご主人も、何に使うか自分で決められるお金が増えたため、満足度が高まったそうです。


竹内さんは、「費目分けに悩まされている方は、一度、その他やおこづかいに含められそうな項目がないか探してみてください。」と言われています。

整理する費目としては、毎月出て行っているけど、月の支出は数百円、数千円程度という少額の費目や、出ていく回数が少ない費目がねらい目だそうです。


3. 内訳はざっくり書く
家計簿をつけるというと、内訳を詳細に書いたほうがいいと思っていませんか?

例えば、スーパーで食材を買ったら、レシートを見ながら

牛乳 〇円
小松菜 〇円

と詳しく書いている人もいるかも知れませんが、そういう情報ってあまり残しておく必要はないと思いませんか?

後から見ても、「この頃は野菜が値上がりしてたなー」という情報しか得られません。


ですから、家計簿を長く続けるためには、家計簿につける値段は「レシートに書かれてある合計額のみ」に絞ることが、ストレスなく記帳できるポイントだということです。

食費は日付、買った場所、値段だけ書いてあれば、だいたいの支出内容は把握できるそうですよ。

実際、竹内さんの家では

〇月〇日 衣類洗剤など △円
〇月〇日 □□駅までのタクシー △円

などとざっくり書いていて、値段も、レシートに書かれてある合計額のみ書いているということです。

竹内さんも、ざっくり書くようになったことで、記帳するときのストレスが大幅に軽減されたそうです。

4. 食費は週単位で小計を出す

1か月が終わると、費目ごとに今月はいくら使ったのか計算しているかと思います。そんなとき、計算が面倒くさいのが食費です。

食費は、他の費目に比べると、買い物の頻度が多いので、記帳する数も多くなります。電卓をたたいていても、途中で計算間違いをしそうになることが多くなると思います。

そこでおすすめする方法は、「食費だけ週単位で小計を出しておく」ことです。

小計を出しておけば、1か月が終わるときには、4〜5つの小計額を足すだけになるので、計算がとても楽になります。

また、1週間終わるごとに小計を出すと、

「今週はたくさん使った」
「あまりお金を使わない週だった」
「毎週、似たような支出額になっている」

ということが分かり、お金の使い方を見直すきっかけにもなります。


おすすめは、財布からレシートを抜くタイミング


5. 家計簿タイムをつくる

最後は、家計簿をつけるタイミングです。

レシートをためておいて、時間があいたときにつけようと思っていると、つけ忘れてそのまま放置という状態になることが、今までありませんでしたか?

これをなくして家計簿を長く続けるためには、1日の中で家計簿を記帳する時間を設定しておくのが、おすすめだそうです。

マメな方は、お金を使ったらすぐ家計簿アプリに入力することもできるでしょうが、ズボラな方には難しいですよね。

しかし、朝のすきま時間、夜寝る前のくつろぎタイム、お昼休みなど、家計簿を記帳する時間を設けておけば、「いつまでたってもできない」という状況から抜け出せます。

また、家計簿をつける時間「家計簿タイム」は、週に1回とかではなく、1日1回が理想だということです。

これは、1週間分まとめてやろうとしてしまうと、レシートの量が意外と多くて、結構面倒になって、続かなくなる原因になるからです。

そして家計簿をつける時に必ず行うのが、財布に入れておいたレシートを抜く作業です。

家計簿を長く続けるための、財布からレシートを抜くおすすめのタイミングは、家計簿に記帳する時です。

つまり、レシートを抜き取ったら最後、記帳しなければいけないというルールにしておくということです。

竹内さんの場合は、1日の終りに財布からすべてのレシートを取り出して記帳しているということです。

以前は、何日もレシートが入ったままという状態だったそうですが、毎日レシートを整理することで、レシートが入ってない、すっきりとした財布が毎日使えているそうですよ。

このレシートが入ってない財布は、本当に使いやすいし、パッと開くだけで今いくら入っているのか把握しやすくなるので、お金を使うのが気持ち良くなりそうですね。


いかがですか?

竹内さんは、「家計簿は、歯磨きのようなもの」と言ってます。

歯磨きは、歯を磨きたいからやっているのではなく、虫歯になりたくない、口の中をすっきりさせたいと思うからやっているものなので、面倒だと思っていても、習慣化されれば

「しないほうが気持ち悪い」

という状態になります。

家計簿もそれと同じで、家計簿自体をつけたいと思っている方はほとんどいないでしょうが、でも、支出を把握したい、削れる出費がないか確認したいと思うからつけるんです。これが習慣化できれば、歯磨きと同じように、次第に

「何に使っているのか分からないと気持ちが悪いから」

という状態になるということです。


いかがですか?

これなら私でも続けられそうです。また、トライしてみようと思います。

あなたも、ストレスのない家計簿をつける方法を実践し、家計簿を長続きさせませんか?


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック