2017年11月25日

風邪っぽい時のオススメ食材、風邪の引き始めに試してみませんか?

 何か急に寒くなったので、鼻がズルズルするなどの風邪を引かれてないでしょうか?「風邪を引いたな」と感じたら、本格化する前に早く治したいものです。

 そこで今日は、風邪っぽい時におすすめの食材をご紹介したいと思います。

1.「亜鉛」が含まれている「乾燥しじみ」

 一つ目は「乾燥しじみ」です。2014年1月の”Canadian Medical Association Journal”に掲載されたカナダのレビューによると、風邪の予防には手洗いと亜鉛の服用が有効とのことで、欧米では風邪を引いたら亜鉛のサプリを摂ったり亜鉛トローチをなめる人も多いのだそうです。

 日本でも、亜鉛のサプリやトローチは売られているとは思いますが、サプリを摂るのは何となく怖いという方には、亜鉛が含まれる乾燥しじみがおすすめで、比較的薄味のものとしては、食材専門店・富澤商店の「乾燥しじみ」が手に入りやすいようです。

 摂り方としては、普段は味噌汁などに入れれば、摂りやすいと思います。

2.生姜はパウダーか酢生姜で

 続いては、生姜です。生姜にはダイエット効果もあると聞きますし、薬味としても、おみそ汁の具材としても万能なので、愛用されている方も多いのではないでしょうか。

 そんな生姜は、「生で常備しておく」に越したことはないのでしょうが、なかなかそうもいかない場合は、「生姜粉末」でも代用できます。

 「生姜粉末」の色は美しい黄金色で、香りも封を開けた瞬間に、ピリッとした香りが拡散するほど濃厚。持ち歩いて、風邪を引いたなと感じたら、すぐに紅茶やコーヒーに入れたり、食事の時に振りかけることで、手軽に生姜パワーを摂ることができます。かなりピリッとするのに、味はとても優しいので、たいていの食べ物の味わいをアップさせてくれると思います。

 ちなみに、生姜自体を冷蔵庫で日持ちさせたい場合には、「買ってすぐに水につける」と、ひと月ほど持つようです。また、「酢生姜」にするのも美味しいですね。

3.「マヌカハニー」は成分をチェック

 最後は美容や健康好きな人の間では、常備が定番となっている「マヌカハニー」です。「マヌカハニー」というのは、「マヌカ」というニュージーランド原産の薬木からしか取れない貴重なはちみつです。

 有効成分の含有量については、いくつかの評価基準があるそうですが、特に有名なのがMGOとUMFの2つだそうです。有効成分が低いものは効果も低いと考えられるので、MGOなら「100+」以上、UMFなら「10+」以上のものを選ぶといいということです。ただ、この基準はわかり難い面もあるので、値段として250g4千円弱以上のものなら、間違いないようです。

 「マヌカハニー」は、抗菌効果がとても高く、欧米では歯磨き粉代わりに使う人もいるほどだそうです。甘さが濃厚なので、耳かき程度の少量を取り出して、風邪時にはのどに浸透させるようにゆっくりとなめるのがオススメです。

 以上、風邪っぽい時におすすめの食材を3つご紹介しましたが、最後に風邪薬の「葛根湯」について、少しご紹介します。

 実は、「葛根湯」が効かないケースもあるようです。どんな場合かというと、「風邪を引いても熱が出ないタイプの人」だそうで、理由としては、「平熱が低い」「免疫力が低下している(体力がない)」「普段から薬を飲んでいる(風邪薬を早く飲みすぎた)」などが考えられるようです。

 いかがですか?

 「葛根湯がいまいち効かない」「薬は嫌い」という方は、よかったら試してみて下さいね。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 16:52| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。