2019年08月02日

糖質制限ダイエットを続けると、脳梗塞や高血圧、動脈硬化などになり、寿命が短くなるそうです。


脳梗塞の画像.jpg

 短期的な効果が期待できる「糖質制限ダイエット」ですが、糖質制限すると実は老化が進むそうです。今日は、それを我が身で“体験”した、「Yʼsサイエンスクリニック広尾」の日比野佐和子統括院長、心筋梗塞、脳梗塞などの予防に詳しい「真島消化器クリニック」の真島康雄院長、『本当は怖い「糖質制限」』(祥伝社新書)という著書もある「愛し野内科クリニック」の岡本卓院長、新潟大学名誉教授の岡田正彦氏のお話をもとに、「糖質制限」の危険性についてご紹介したいと思います。

◆日比野統括院長の体験談
 日比野統括院長の体験談は、つぎのようなものです。

「糖質制限に挑んだのは30代の頃で、3年の間、糖質は総カロリーの約10%しか摂取しませんでした。始めると次第にシワが目立つようになり、ホウレイ線もくっきり出てきた。知り合いの美容整形の医師から、ヒアルロン酸注入のモデルを頼まれたくらいで、当時はなんて失礼な! と思いましたが、じわじわと老化が進んでいたのでしょうね」

「ある朝起きたら、右手と右足がマヒして動かない。力が入らないんです。それで調べてみたら、一過性脳虚血発作で、脳梗塞になる寸前の状態でした」

◆「糖質制限」の危険性
 こうした日比野統括院長の症例は、これは決して珍しい症例ではないそうで、「真島消化器クリニック」の真島康雄院長によると、

「数年前、当時60代だった男性を診察した際、糖質制限ダイエットの危険性に気が付きました」

「男性は糖質制限を始めた約3年2カ月後に脳梗塞になり、右半身が麻痺していました。で、再発を予防するために私のところに来られたのですが、調べてみると、いつ脳梗塞が再発してもおかしくないほど、動脈硬化が悪化していた。男性に話を聞いてみると、炭水化物を摂取しない代わりに、トンカツなどの揚げ物をたくさん食べ、お酒も毎日飲んでいた。当然、すぐに糖質制限をストップするよう、アドバイスしました」

ということです。

 また、糖質制限開始後、高血圧になったケースもあるそうで、真島院長によると、

「ある60代の男性は2015年7月までは正常血圧でした。しかし、8月に糖質制限を始めると、その約4カ月後には、血圧が上150〜160、下85〜95に上昇。翌年には、入浴後に上が200を超えることも2度あり、そのうち、朝の起床後にふらついて真っ直ぐ歩けなくなってしまって病院にかけつけたところ、動脈硬化が進んでおり、一過性の脳虚血症状になっていた」

ということです。ちなみに、この男性は糖質を減らした代わりに、魚を多く摂る食生活をしていたということです。真島院長はまた、

「肉より魚の方が体に良いイメージがありますが、どちらもタンパク質と脂質には違いなく、たくさん食べると体には悪い。植物性タンパク質にも注意が必要で、例えば、納豆は特に高脂質なので気を付けた方がいい。オージービーフのヒレ肉に含まれる脂質は100グラムあたり約4・8グラムですが、納豆には100グラムあたり約10グラムも含まれています」

と話しておられます。

 このような、糖質制限で動脈硬化のリスクが高まるメカニズムは単純だそうで、糖質の代わりに余分に脂質を摂取することで、血管に“脂”が詰まる動脈硬化の状態が起こりやすくなるということです。

◆“世界一健康”な部族、その炭水化物量は
 「愛し野内科クリニック」の岡本卓院長も、

「動脈硬化を防ぐためには、糖質制限ダイエットは避けたほうが良い」

と考えておられる方の一人で、そんな岡本院長が注目したのは、一昨年イギリスの医学誌「ランセット」に掲載された論文だそうです。それは、アマゾンの奥地に住む部族こそが、世界一健康な心臓を持っていた――といったことをレポートしたもので、

「調査の対象となったのは、アマゾンの奥地で暮らすチメイン族705人。CTを撮影するなどして彼らの冠動脈の状態を調べたところ、4つに分けた冠動脈疾患のリスクレベルの内、リスクが最も高いグループに該当したのは1人しかいなかった」

というものです。これについて岡本院長は、

「冠動脈疾患とは心筋梗塞や狭心症のことで、当然、動脈硬化によって引き起こされます。つまり、チメイン族には動脈硬化がほとんどない、ということが分かったのです。注目すべきは彼らの食生活で、摂取カロリーの構成が、タンパク質14%、脂質14%、炭水化物72%となっている。チメイン族は米、オオバコ、コーンといった糖質の多い作物を焼畑農業によって得ており、摂取する糖質の割合が高いのです」

「このアマゾンのチメイン族に関する論文のハイライトは、糖質制限とは真逆の生活を送る人たちの動脈硬化リスクが低いという事実。動脈硬化のリスクが低ければ、心筋梗塞や狭心症になりにくく、当然、寿命も長くなります」

と話しておられます。ちなみに日本では、総カロリー中の炭水化物の摂取基準値は50〜65%に設定されているそうです。

◆「死亡率1・3倍」の驚愕データ
 また欧米では、人間を対象にした調査で「糖質制限食を摂り続けると寿命が短くなる」とのデータが出ているそうです。新潟大学名誉教授の岡田正彦氏によると、

「欧米では、糖質制限をしている人と、糖質制限をしていない人をそれぞれ数百人ずつのグループに分け、3年、5年、10年、15年と追跡して、健康状態がどうであったかを確認するという調査が多く行われています。そして、ほぼどの調査データも、糖質制限を続けた人は寿命が短くなる、という結論になっているのです」

ということです。

 そして、2013年には日本の研究者により、衝撃的なデータも発表されているそうで、その研究を行ったのは国立国際医療研究センター病院糖尿病内分泌代謝科の能登洋医長(当時)らで、その結果はアメリカの科学誌「プロスワン」に掲載されたそうです。「愛し野内科クリニック」の岡本卓院長はこの研究について、

「この研究は糖質制限食に関する492本の医学論すす文から動物実験を除き、人間を対象に5〜26年間追跡し、死亡率などを調べた海外の論文を分析したものです。その分析結果は、“追跡期間中に約1万6000人が死亡していたが、糖質摂取量の最も少ないグループの死亡率は、糖質摂取量の最も多いグループの1・31倍と、統計上で明確な差が出た”というものでした」

と話しておられます。

 糖質制限を継続することによって死亡率が上がる具体的なメカニズムは、完全には解明されているわけではありませんが、長期に亘って糖質制限を行うと、動脈硬化を招く可能性が高いことは前述した通りなので、過度の糖質制限には本当に注意する必要があると思います。実際、3年前に糖質制限ダイエットを推奨する第一人者であったノンフィクション作家の桐山秀樹氏が「心不全」により、62歳の若さでこの世を去っておられます。糖質制限ダイエットがその遠因かどうかは分かりませんが、気になるところです。

◆糖質制限とがん発症の関連性

 岡本院長はまた、

「09年には、糖質制限とがん発症の関連性を解明した特筆すべき研究結果が発表されています」

と話しておられます。

 それはアメリカの名門「ジョンズ・ホプキンス大学」のボーゲルシュタイン教授らによる研究で、科学誌「サイエンス」に掲載されたものです。岡本院長によると、

「ボーゲルシュタイン教授は大腸がんのほぼ全ての遺伝子を発見し、発がんのメカニズムを明らかにした人で、ノーベル賞を取るのではないかと言われている世界的権威です。その教授が、“低血糖が、がんを発生させる”という結論を導き出した。この研究が発表されるまでは“がんを封じ込めるには、糖質を制限すべきだ”というのが定説だったので、当然、医学界には衝撃が走りました」

ということです。

 いかがですか?

 今日ご紹介した内容は、ちょっと衝撃的な内容だったのではないでしょうか。この際、糖質制限の流行で定着した「糖質=悪」という考え方はこの際、きっぱり捨て去ったほうが良さそうですね。

 ブログランキンのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 17:21| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。