2017年05月21日

ヨーグルトは買ってから2日以内で食べないと乳酸菌の数が減るそうです

ヨーグルト、好きですか?

私も好きな方なので、結構買ってきて食べたり飲んだりしています。

最近は、セブンイレブンの飲むヨーグルトにはまっていて、いつも2、3本まとめ買いしています。

ところで、腸が外界から病原体が侵入するのを防ぐ人間の最大の免疫器官だということをご存知ですか?

免疫細胞全体の6〜7割が、腸内に待機しているのだそうです。だからこそ、腸内細菌のバランスが崩れると、免疫細胞にも悪影響が出てしまうことになります。

その腸内細菌は、ひとりの腸の中に500兆個〜1000兆個いると考えられていて、腸内細菌の総量は1〜1.5kgにもなるんだそうです。

そして、健康な人の腸内細菌は、善玉菌が約20%、悪玉菌が約10%のバランスを保っており、残りの約70%は日和見菌といって、善玉菌が優位になるとおとなしくし、悪玉菌が優位になると一緒に悪さをし始めるのだそうです。

もし悪玉菌が優位になると、腸の機能が低下し、免疫力も低下するから、風邪をひきやすくなってしまったり、肌への栄養素の配給が不足するため、肌荒れやニキビ、アレルギーなどの原因になることもあります。

ですから、健康を維持するためには、発酵食品から善玉菌を補って、腸内細菌のバランスを取り戻す必要があります。そのため、コンビニやスーパーで手軽に購入できるヨーグルトは、忙しい現代人にピッタリの発酵食品と言えます。



ところで、発酵食品は日にちが経つほど熟成が進み、善玉菌が増えると思ってませんか?

実は、味噌や醤油などの発酵食品は熟成で増えるのですが、ヨーグルトの場合は少し違うのだそうです。

どう違うのかというと、ヨーグルトの善玉菌である乳酸菌(プロバイオティクス)は、日にちが経つとドンドン減ってしまうということです。

具体的には、ヨーグルトの乳酸菌は、出来て1〜2日をピークに、7日後には半分ほどに減少するのだそうで、市販のヨーグルトに表記されている乳酸菌の値は、工場生産されて1〜2日頃の数値だということです。

つまり、日にちが経って値引きされているヨーグルトの乳酸菌量では、免疫力アップにはパワー不足かも知れないですね。

ですから、ヨーグルトを購入する時は、賞味期限まで日にちが長いモノを購入した方が良いということです。 

ただし、乳酸菌は死んでいたとしても腸内にいる善玉菌のエサになり、さらに良質なタンパク質であることに変わりはないので、仮に賞味期限ギリギリのヨーグルトを食べても、体に悪い影響を与えることはありません。安心して下さい。

そして、ヨーグルトの乳酸菌はブランドごとに様々な種類があります。どの乳酸菌が自分のカラダとマッチングするのかを、事前に知ることは今のところ不可能なので、まずはひとつのブランドを1週間ほど食べ続けて、お通じが快調になるようだったら、自分の腸内細菌に合っていたのだと判断するしかないようです。

いかがですか?

たかがヨーグルトですが、結構奥が深いものがあるのと思いませんか。

健康維持のためにも、積極的にヨーグルトを摂りたいですね。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

最も塩分の高い意外な食品

塩分は、人間が生きていくための必須栄養素であるナトリウムが含まれており、必要不可欠なものです。

しかし、塩分を摂りすぎると逆に悪影響を及ぼすという、厄介なものでもあります。

日本人は保存食である梅干しや漬物など、概して塩分の高い食品を摂ってきたことから、減塩が叫ばれています。

そこで今日は、私たちが普段食べている食品の中で、最も塩分の高い食品5つをご紹介したいと思います。

実は先日、CDC(米国疾病管理予防センター)の最新のレポートで、塩分の高い上位5つの食品が分かったそうですが、その5つの食品には私たちが思ってもいなかったものばかりが入っていたそうです。

研究者たちは約10,000人に、24時間以内に食べたものを報告してもらったところ、この人たちは日々、平均的に3,409mgもの塩分を摂取していることもわかったのです。これは1日2,300 mgという推奨ガイドラインを、はるかに上回っています。 
 
この摂取された食品のうち、塩分を最も多く含む食品の種類を調べるためにデータ分析をしたところ、ポテトチップス、プレッツェル、クラッカーなどの塩味系スナックは、上位5位に入っていないばかりか、全塩分(ナトリウム)消費量における、なんと3.3%しか占めていなかったという、驚くべき結果となりました。 
 
では何がトップだったかというと、最も塩分の多い食品の第1位はパンで、全ナトリウムの消費量の6.3%を占めていました。次がピザで6.2%。続いてサンドイッチ、ハム、ソーセージ類、スープと3位から5位へと並んでいたのだそうです。 
 
そして、この調査に回答してもらえた人たちが塩分を摂取している場所は、1位が食料品店の食品で61%、ファーストフード店が17%、着席形式のレストランが11%となっていましたが、カロリー当たりの塩分の消費量に関しては、レストランで食べた料理のほうが、店で買った惣菜系料理を上回っていたということです。 
 
日常生活において塩分カットが必要な方は、高血圧の人です。

『メンズヘルス』の心臓専門アドバイザーであるプレディマン・クリシャン・シャー博士(Prediman Krishan Shah)は、「高血圧の人は、1日のナトリウムの摂取量を1500mgに抑え、少なくとも1日4700mgのカリウムを摂るべきだ」と、話しています。

カリウムには、ナトリウムの影響を打ち消す効果があるので、塩分を摂り過ぎたら、カリウムを含む食品を摂るのおすすめです。

日本では、1日の塩分摂取量は、7〜10グラムと言われています。

健康な人ならば、塩分量にそんなな目くじらを立てる必要はなく、要はバランスの良い食事を摂ることが一番だと思います。

いかがですか?

私たちの食生活の中にも、パンは深く入り込んでいます。パンだけしか食べないなどといった極端な食事ではなく、バランスの良い食生活を心がけたいものですね。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
タグ:塩分 高い 食品
posted by 圭ちゃん at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

焼鮭の皮やマグロのカマ、フカヒレは、食べ過ぎると病気になる可能性があるそうです

焼鮭の皮やマグロのカマとか、好きですか?

好き嫌いが分かれるのが料理の奥深いところでもあり、面白いところではありますが、ただ、体に良いとされている食材でも、「魚のある部分だけは食べ過ぎないほうがいい」そうです。

今日は、管理栄養士の梅原祥太氏の情報を元に、「魚の食べ過ぎない方が良いある部分」について、ご紹介したいと思います。

魚が健康的とされる理由は、良質なタンパク質に加えて、魚の皮の部分に多く含まれるオメガ3脂肪酸にあります。血液中の中性脂肪や余分なコレステロールを減少させる働きがあるため、血液をサラサラにする効果が期待できます。


しかし、オメガ3脂肪酸は加熱すると過酸化脂質に変化します。これは逆に血液を凝固させる効果も持つのです。

ですから、カリッと香ばしく焼かれた焼鮭の皮は「ここが一番旨い」という人もいるほどですが、食べ過ぎるとかえって血液がドロドロになる要因になるのだそうです。


また、魚は海に流入した水銀を体内に蓄積させます。マグロなどの大型魚は食物連鎖の頂点に位置し、水銀を含んだ小魚を食べるうちに結果的に多くの水銀を体に溜めてしまうのだそうです。


水銀の蓄積量は部位によって違うそうで、可食部(身の部分)や内臓にも含まれますが、最も多いのは頭部なんだそうです。

水銀が人体に大量に入ると、脳や脊髄といった中枢神経に障害が出るとされています。重篤にならなくても集中力や記憶力低下などの健康障害につながります。

ですから、マグロのカマはマグロ好きにとって醍醐味ですが、食べ過ぎに注意すべきだということです。

そして高級食材として知られるフカヒレは、美容や滋養強壮に良いとされていますが、デメリットもあるとする指摘もあります。

米国ボストン在住の内科医・大西睦子氏は、


「米国のマイアミ大学医学部の研究者らが、2012年にフカヒレに『β−メチルアミノ−L−アラニン』という神経毒が含まれていることを報告しています。この神経毒を摂取すると、アルツハイマー病や筋萎縮性側索硬化症の発症リスクが高まります」


と、述べています。

筋萎縮性側索硬化症は、脳や末梢神経からの命令を筋肉に伝える運動ニューロン(運動神経細胞)が侵される病気で、発症から3〜5年で呼吸筋麻痺により死亡するケースもあるということです。この病気の治癒のために有効な治療法は確立されておらず、難病に指定されています。

フカヒレスープのフカヒレを残すのはためらってしまうかも知れませんが、病気になる危険性があるものは、食べないに越したことはないと思いませんか?

いかがですか?

健康に良いと言われる魚ですが、思わぬところに落とし穴がありました。

私も良く魚のアラを買って、あら炊きにするのですが、食べ過ぎないないようにした方が良さそうですね。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする