2018年02月17日

とにかくすぐ痩せたい方におすすめの、簡単ラップ巻き巻きダイエット法です

 お正月に太ってしまったので、今一生懸命ダイエットしているという方や、デートが近いので何とかして痩せたいと思っている方も、いらっしゃるかも知れません。

 今日はそんな方のために、勝負日前日でも間に合う、即効性が魅力の、ラップ巻き巻きダイエットをご紹介したいと思います。

 このラップ巻き巻きダイエット、ラップを巻いてぼーっとしているだけで、ラップをとった後はひとまわりほっそりボディに変身するそうですよ。

◆ラップ巻き巻きのルール
(1)マッサージをした後に巻く
 ヤセたい部分の老廃物を流すように、グイグイ強めにマッサージ。スリミングジェルなどを塗ってマッサージすれば、さらに効果がアップ!

(2)少しきつめに巻く
 気になる部分をマッサージで細くしたら、自分の力でできる限りきつめにラップを巻こう。苦しくなったら少しゆるめてもOK。

(3)巻いたまま40〜60分放置する
 ラップを巻いたら、テレビ観たりやスマホをいじりながら40〜60分放置。ラップを巻いた部分がポカポカして汗が出てくるのが目安。

◆理想のくびれとペタンコ下腹をつくる!【おなか巻き】 出典:http://i-voce.jp/
 くびれがなく、ぼよ〜んとたるんだおなかはむくみが原因。ラップを巻くことでおなかの理想のラインをつくりながら、汗を出してむくみの原因・水分を排出。ラップをとれば、カーヴィーなウエストが現れるます。使用するラップサイズは30cmです。

Step1 マッサージ
@両手にぜい肉をはさんでおなか全体を強めにもむ

34323823-1467-450E-AD08-9230AF3DA5FA.jpeg

 組んだ両手の手のひらの根元で、おなかのぜい肉をギュッとはさんで、強めにもむ。手の位置をずらしながら、まんべんなく。特にわき腹は念入りに。

A手のひらの根元でおなかを強めにさする

CDBDD5B5-439D-4B70-A00D-05F4967CBAE7.jpeg

 手のひらの根元を肋骨の下にあて、そこからそけい部に向かって、おなかを強めに6回さする。これを2セット。上体を倒してさすると、力が入る。

Step2 ラップ巻き

CC8ADD5B-3D0E-4F16-A199-FC2E8FD9E627.jpeg

 肋骨の下から下腹全体を覆うくらい、広い範囲に巻くのがポイント。特にウエストの位置はきつめに巻いて、くびれづくり。

@利き手でラップの端を、反対の手で筒を持つ

79948D02-0B6D-4FAC-9CAF-F429C94BCCBF.jpeg

 ラップの表面(普段ラップを使うときに食品に向けてかけるのと逆の面)を、おなかにあててスタンバイ。

Aおなか全体にラップを巻きウエストはひねって巻く

D296D1B4-191D-490E-A213-D58AEA17FD8E.jpeg

 みぞおちから下腹までラップを重ねながら3周巻いたら、さらに両方のウエスト位置でラップをひねりながら、ウエスト部分だけ+3周巻く。

◆たるみを引き上げてまっすぐ脚に【太もも巻き】 出典:http://i-voce.jp/
 セルライトをつぶしながら、「イタタッ」と声が出るくらいグイグイ強いマッサージ。その後は、内側にたるんだ脂肪を、ラップの中に押し込んで、細い太ももになります。夜行えば、一日の脚疲れも軽くなるのは、間違いありません。使用するラップサイズは22cmです。


Step1 マッサージ
@太ももの前側と裏側を強めに押しさする

DDAF9A13-1A03-4B71-84A3-8F0EB392CCB3.jpeg
9670671D-9ACB-437F-BC85-C26DA43E75E4.jpeg

 床に座って脚を伸ばし、両手を重ねてひざ上に置く。つけ根に向かって、手のひらに体重をかけながら太ももの前側を6回押しさする。次に脚を上げて太ももの裏側を6回強めに押しさする。2セット行ったら反対側も同様に。

A太もも全体をつけ根に向かってさする

AB58F40F-5E36-47E0-8640-37978B7F6AE6.jpeg

 両手で輪をつくり、ひざ上に手をあてる。つけ根に向かって、太ももを包むように全体を6回さする。2セット行ったら反対側も同様に。老廃物を股関節に流し込むように、強めの力でさする。

Step2 ラップ巻き

FAFB12E5-691E-48BC-8EBC-917E1EB07FED.jpeg

 太もものつけ根からひざ上まで、太もも全体をまんべんなく巻く。内もものたるみ肉はラップに押し込むように巻いて。

@ラップをひざ上から太もも

E3A95A1B-2C65-4981-A2D6-CC8970693391.jpeg

 利き手でラップの端を、反対の手でラップの筒を持ち、ラップの表面をひざ上にあてる。ひざ上から太もものつけ根に向かって、6周を目安に、すき間なく巻く。

Aぜい肉を押し込むように巻く

E3A95A1B-2C65-4981-A2D6-CC8970693391.jpeg

 ラップにぜい肉を押し込んでいくように強めに巻いて、股関節のところまで来たら、ラップを切る。反対側も同様に巻く。

 いかがですか?

 思ったより簡単なダイエット法ではないでしょうか?とにかくすぐに痩せたいという方、是非お試し下さい。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。


posted by 圭ちゃん at 17:37| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

17kgの減量に成功した人気アイドル、キム・ヒョナさんの食事管理法を知りたくないですか?

 現在25歳で女性アイドルとしてはベテラン組に入るキム・ヒョナさん、ご存知ですか?

 彼女は、小柄ではありますが、出るところはちゃんと出てて、まてウエストや足首はキュッと引き締まっています。そんな彼女のボディは、女性から見ても、素敵ですよね。

 そんな彼女も、かつては今より17kgも太っていたそうで、好きな食べ物もお肉、お寿司、ラーメン、アイスクリーム、粉物系(!)、チャーハン、チヂミというダイエットの大敵のオンパレードだったそうです。そんな親近感の持てる彼女がグラマラスボディをキープし続けているのは、彼女が実行しているシンプルな食事管理の方法に秘密があります。

 今日はそのキム・ヒョナさんの食事管理法をご紹介したいと思います。

1・小麦食品を摂らない
 彼女の食事管理の内容はいたってシンプルで、ズバリ「小麦食品を摂らない」ことです。その理由は、パン等の小麦食品に含まれるグルテンが食欲を増進させてしまうからです。

 また、バターがたっぷり含まれたパンや脂質も高いパスタ、ラーメンは当然高カロリーなので、それらを避けて、お米を主食にした食生活が彼女の基本です。

2.食べる“時間”と“量”に気をつける
 食事を厳しく管理している期間は小麦食品を摂らない反面、それ以外は食べたいものを食べてストレスを溜めないのが彼女流だそうです。実際ダイエット中にも「トッポギ(韓国のお餅を甘辛いソースで煮たもの)や天ぷらを食べている」とインタビューで語っています。ただし、食べる量をコントロールすること、そして日が昇っているうちに食べ終わるという2点はしっかり守っているそうです。

 また、空腹感によるドカ食いを防止するために「1日の食事を数回に分けて摂る」ことを習慣づけしているそうで、空腹感をあまり感じることがないため、1度の食事量も自然と減り、間食することも減ったということです。

3.日常生活に運動を取り入れる
 激しいダンスの練習で相当なカロリーを消費している彼女ですが、普段の生活で運動を心がけることが大切だと考えています。それはとってもシンプルで「エレベーターを使わずに階段を使う」というものです。

 「それだけ?」と思いがちですが、オフィスやデパート等で真面目に実践すればかなりの運動量になります。全身の筋肉の70%があるといわれる下半身も鍛えられて代謝のいい身体になることも期待できるそうです。

 いかがですか?

 引き締まっているけれど、しかるべき場所にきちんとお肉が付いているメリハリボディのヒョナさんですが、普段からきちんと節制して自己管理をしているから、美ボディが保たれているということが良く分かります。

 あなたも冬太りを避けたいなら、ヒョナさんを見習った食事管理法を実践してみませんか?

 ブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 18:43| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

お医者さんが実践している“大豆ファースト”健康法は、特に女性の方におすすめです

 たんぱく質を豊富に含んでいる大豆ですが、食事の際にこの大豆を最初に食べる“大豆ファースト”健康法を実践しておられるお医者さんがいらっしゃいます。池谷医院(東京都)の池谷敏郎院長です。

 きょうはこの“大豆ファースト”健康法について、ご紹介したいと思います。

 池谷院長は、食事の際にまず大豆から食べる「大豆ファースト」を5年ほど続けておられるそうで、この食事法を続けているおかげで、筋肉量を維持したまま、5キロ減量できたそうです。そして、自らの体験をもとに、肥満気味の人、血糖値やコレステロール値、血圧が高めの患者などにも、この“大豆ファースト”健康法をすすめているということです。

F8561572-41AB-4F2B-9F5C-1A5C3AECA97E.jpeg
大豆などに含まれる栄養成分量(週刊朝日 2018年1月19日号より)

 大豆には100グラムあたり約18グラムもの食物繊維が含まれていますが、この食物繊維の効果にについて池谷院長は次のように指摘されています。

 「食物繊維が豊富な食品を最初に食べると、血糖値の急上昇や脂質の吸収を抑えられます。(まず野菜から食べる)ベジタブルファーストもよいですが、大豆には有益な栄養素が数多く含まれています。現代の食生活は糖質過多になりがちなので、米やパンを半分に減らす緩やかな糖質制限も並行するとよい。糖質を減らす分、たんぱく質が不足しないように注意が必要ですが、肉中心だと肥満や腸内環境の悪化が心配です。魚や大豆なら、血中脂質の改善や肥満予防に役立ちます」

 また、血糖値の急上昇は健康だけでなく美容にも悪く、これについても池谷院長は、

 「血糖値が急上昇する食べ方を続ければ、血管の内壁にある血管内皮細胞が傷つき、動脈硬化が進行します。人は血管とともに老いるといわれますが、糖化とともに老化するといっても過言ではありません。血管の老化度は肌の老化度とも関連するという研究報告もあります」

と話されています。

 そして、大豆に含まれる水溶性食物繊維は、塩分を絡め取って排出する効果も期待でき、さらに、脂肪の蓄積を抑える短鎖脂肪酸の生成を促し、便通をよくすることで別のダイエット効果も注目されているということです。池谷院長によると、

 「胆汁酸を新しいものにどんどん入れ替え、脂肪を燃やす効果が高まるとの報告があります。胆汁酸は肝臓でつくられて腸へと流れ、便にたくさん含まれている。お通じをよくして古い胆汁酸を排出することで、肝臓で新しい胆汁酸がつくられ、脂肪の燃焼効率を上げることが期待できます」

ということなので、私たちももっと大豆を食べないといけないなと、思います。

 また、管理栄養士の本多京子さんも大豆の力に注目されています。本多さんによると、

 「大豆はたんぱく質が豊富です。米と野菜だけだと不足するたんぱく質を、日本人は昔から大豆とその加工品で補ってきました。現代でも、高齢になるほど肉や魚を食べない人が多く、たんぱく質が不足しがち。大豆とその加工品は積極的にとり入れたい食品です。節分に豆を年の数だけ食べるのは、年齢を経るほど必要になる栄養素を補ってくれるからなんです」

ということです。

 日本食品標準成分表(七訂)によると、大豆(国産、乾)は可食部100グラムあたり、たんぱく質が33.8グラム含まれています。厚生労働省が推奨する1日のたんぱく質摂取量は、18歳以上の男性が60グラム、女性が50グラムなので、大豆だと少量で1日の必要量が摂取できることになります。

 さらに本田さんは、

 「たんぱく質のバランスだけを評価すれば、肉や魚、卵や牛乳も優れています。ただ、大豆は、シニア世代が特にうれしい『おまけ』を多く含んでいます。生活習慣病を防ぐレシチン、サポニン、イソフラボンなどの栄養素です」

とも話されています。

 レシチンは、アルツハイマー型認知症や動脈硬化を防ぐ効果があり、肝機能向上や美肌効果も期待できるとされています。サポニンは肥満予防に加え、抗酸化作用があり、老化や生活習慣病のもととなる活性酸素の発生やその働きを抑えてくれるメリットがあります。

 いかがですか?

 女性は年をとるにつれ、女性ホルモンのエストロゲンが減り、骨粗鬆症になる可能性が高まります。イソフラボンはエストロゲンと似た働きで減少を補ってくれ、予防や改善に効果的だということなので、女性こそもっと大豆を食べないといけないのかなと、思います。


 ブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 17:01| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする