2017年08月02日

紅茶は、「電子レンジでチン」した方が、美味しくヘルシーに淹れられるそうです

あなたは、コーヒー派ですか?それとも紅茶派ですか?

私はコーヒー派なので、紅茶はほとんど飲まないのですが、最新の研究で、紅茶を美味しく淹れる方法が分かったそうです。

今日は、その方法をご紹介したいと思います。

1.紅茶をおいしくヘルシーに淹れる方法

最新の研究によると、おいしい紅茶を淹れるには、なんと電子レンジにかけるのが正解なんだそうです。しかも、その方がヘルシーな効果も期待できるということです。

この驚くべき研究を行ったのは、オーストラリアはニューサウスウェールズ州にあるニューキャッスル大学で、 “天然産物の価値を高める方法”を専攻するクアン・ヴォン博士です。今回の研究で博士は、緑茶と紅茶の重要な構成要素を抽出して精製し、下記の手順で淹れたそうです。すると、カフェインと、リラクゼーションを促すといわれる必須アミノ酸のテアニン、変性疾患を防ぐ抗酸化物質のポリフェノールが80%も活性化されることを発見したのだそうです。

2.おいしくてヘルシーな、紅茶の淹れ方

(1)コップにティーバッグを入れ、白湯を注ぐ。
(2)電子レンジで30秒ほど加熱する。
(3)1分ほど置く。

いかがですか?

簡単かつヘルシーなだけではなく、味もいいと言うのだから、試してみない手はないですね。

紅茶好きの方、是非お試し下さい。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:49| Comment(0) | 飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

眠気防止薬を飲み過ぎると、カフェイン中毒になるそうです

エナジードリンクなどの眠気防止薬を、飲んだことがありますか?

実は、眠気防止薬にはカフェインが含まれているので、飲み過ぎると「カフェイン中毒」になる可能性があるそうです。

今日はこの眠気防止薬の危険性について、ご紹介したいと思います。

1.カフェイン中毒による実態調査結果

先月末に開かれた日本中毒学会総会・学術集会で、近年の「カフェイン中毒」の実態調査の結果が報告されたそうです。その中で、国内での救急搬送は、2013年度以降急増しているという報告があり、特に市販の眠気防止薬をよく使う人は十分注意する必要があるということが報告されたそうです。

調査結果によると、11年度からの5年間に国内で救急搬送されたのは101人で、重症例では7人が心停止、うち3人が死亡しているということです。この調査を実施した埼玉医科大学病院ER・中毒センターの上條吉人教授は、次のように述べています。

「救急搬送数は、学会員が所属する264施設の内、回答の得られた39施設の数です。現場ですでに死亡していた症例は含まれていません。ですから、この数は氷山の一角で、詳細に調べれば、少なくとも数倍の重症例や死亡例があるはずです。」

この101人の年齢幅は14〜54歳(中央値25歳)だそうで、特に13年度以降は計86人と急増しているということです。聞いただけで怖い話ですね。

2.カフェインの入った眠気防止薬に特に注意が必要

カフェイン」と言えば、コーヒーなどの飲料をイメージすると思いますが、しかし、飲料だけで中毒になることは少ないそうです。先ほどの調査結果では、カフェインを多く含むエナジードリンク(清涼飲料水)だけで中毒になったのは4人(死亡なし)で、その大半は、眠気防止薬の錠剤を飲んでいた症例(97人)ということです。

一般的に成人では1〜2時間内にカフェインを1グラム以上摂取すると中毒症状が出ると言われており、致死量は5〜50グラムだそうです。心停止した7人は6グラム以上摂取していて、すべて眠気防止薬を飲んでいたそうです。

中毒症状が出る、カフェイン1グラム以上摂取するには、エナジードリンクでは商品で若干の差(100ミリグラム〜200ミリグラム弱)がありますが、6〜10缶です。また、眠気防止薬(1錠100〜200ミリグラム)では5〜10錠になります。

実態として中毒を起こす人は夜勤労働者が多く、用法・用量を守らず眠気防止薬を多く服用しているそうです。その上に、さらにカフェインの多いコーヒーなどの飲料を飲んでしまうので、一気に1グラム以上の摂取量になり、カフェイン中毒を起こしてしまうのだそうです。


3.カフェイン中毒の症状

カフェイン中毒の症状は、激しいおう吐を繰り返す、動悸、イライラ、興奮、過呼吸などです。

また、症例では不整脈(心室細動)を起こし、心停止、死亡することもあります。

4.カフェイン中毒の治療法

カフェイン中毒を起こすと、カフェインが中枢神経や心臓を刺激し、激しいおう吐、動悸(どうき)、興奮、過呼吸などが生じて、かなり苦しい急性症状が現れるということです。

カフェイン中毒が重症例で心停止するのは、不整脈(心室細動)が起こるからで、この中毒症状に対する治療法としては、血液透析でカフェインの血中濃度を急速に下げる治療を行います。4〜5時間行うと、だいたい症状は改善するということです。

5.カフェイン中毒が急増している理由

では、なぜ13年以降カフェイン中毒が急増しているのでしょうか。

これについて上條教授は、「エナジードリンクが自販機で売られ始めた時期と重なる」と指摘しています。手軽にエナジードリンクが買えるようになり、若者を中心に「カフェイン依存」が増えているのではないかということです。

上條教授は、「海外では、眠気防止薬の1回に購入できる錠数を制限している国もあります。国内でもある程度の販売規制が必要だと思っています」と述べています。何らかの規制も必要なのかも、知れませんね、

あなたも、エナジードリンクを飲み過ぎないように、気をつけて下さいね。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

ノンアルコールビールでも、飲みすぎると酔うことがあるそうです

知ってましたか?実は、ノンアルコールビールでも、飲みすぎると酔うということがあるそうです。

今日は、そんなノンアルコールビールについての情報をご紹介したいと思います。


1.「ノンアルコール飲料」とは?

「ノンアルコールビール」と聞くと、その名の通り、アルコールを全く含んでいないビールだと思うかも知れませんが、実はノンアルコール飲料には次の2種類があります。

(1)文字通り、アルコールを全く含まない飲料
(2)実際は、1%未満のアルコールを含む飲料

日本では、酒類にかかる税金を定める法律の関係で「アルコールの含有量が1%以上」の飲料を「アルコール飲料」として定義しています。

つまりアルコール濃度が1%未満であれば、厳密にはアルコールを含んでいても、ノンアルコール飲料として扱われます。

アルコールが完全にゼロのビールを飲んだ場合は、炭酸飲料水を飲んだのと同じで、体へのアルコールの影響は全くありません。

しかし、微量のアルコールを含むノンアルコール飲料を飲んだ場合は、非常に微々たるものですが、薄めたビールを飲んだのと同じ影響があると考えられます。

また、一言でノンアルコールと言っても、アルコール濃度0.9%と0.009%ではかなり違います。ノンアルコールならどんなものでもドライバーや妊婦は飲んでも良いと考えられがちですが、実際にはその飲料が、どの程度のアルコールを含んでいるかを缶の表記で確認し、比較的アルコール度が高いノンアルコールビールの大量飲酒は、避けた方が賢明です。

2.運転前にノンアルコールビールを飲んでも大丈夫か?

飲酒運転の検査は、呼気中のアルコール濃度を調べて行います。もちろんアルコールを口にしたときは絶対運転してはいけませんが、ノンアルコールでもアルコールの割合によっては注意が必要です。

アルコールの体への影響は血中濃度に比例し、飲酒後のアルコールの血中濃度は、同じ体重でも体脂肪率などが関係します。
男性よりも女性の方がお酒に弱い人が多い感じがあるのは、一般的に男性よりも体重が軽く、その一方でアルコールが入らない体脂肪が多いからです。つまり、男性よりも女性の方が注意が必要だということです。

細かい計算は省きますが、普通のビールなら1缶飲んで本人が平気なつもりでも、呼気中のアルコール濃度検査ではしっかり飲酒運転と判定される可能性があります。ノンアルコールビールでも濃度と飲んだ量によっては飲酒運転と判定される可能性があるので、注意が必要です。

あと、飲み会などでビールとノンアルコールビールが入り混じっていると、ノンアルコールビールを飲んでいたつもりなのに、取り違えてビールを飲んでいたということになりかねないので、これも注意が必要です。

いかがでしたか?

私もビールが飲めない時など、たまにノンアルコールビールにすることがありますが、これからは注意したいと思います。

いずれにしても、車を運転する必要がある人などは、ノンアルコールビールも含めて、飲まないことをおすすめします。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
続きを読む
posted by 圭ちゃん at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする