2017年09月08日

美容効果のある炭酸飲料について、知りたいと思いませんか?

あんなに暑かった夏も終わりに近づいてきて、朝晩が少し涼しくなってきましたが、まだ昼間は暑いですね。

暑い夏の定番の飲み物と言えば、サイダーやコーラ、ビールなどの「炭酸飲料」ですが、糖分がいっぱい入ったサイダーやコーラは、美容やダイエットにはいいとは言えませんし、ビールも飲みすぎるとお腹が張って、美容と健康に支障が出る可能性があります。

そこで今日は、夏におすすめしたい、美容に効果のある炭酸飲料について、ご紹介したいと思います。

その炭酸飲料はズバリ、無糖のシンプルな炭酸水です。そしてこの炭酸水は、朝に飲むのが特に効果的だそうです。


1.朝食前の炭酸水で「食欲コントロール」

朝から食べ過ぎてしまう方におすすめなのが、朝食前の炭酸水です。炭酸でお腹が膨れるため満腹感を得ることができ、パンやご飯などの食べ過ぎを防ぐことができます。

そのポイントは、冷えていない常温の炭酸水を飲むことです。というのは、朝起きてすぐに冷えた炭酸水を飲むと内臓が冷えてしまうからです。シュワっと爽快な炭酸水なら、常温でも気にならないと思います。


2.炭酸水で「便秘改善」

炭酸水を飲むことによって、胃壁や腸に刺激を与えることができるため、その刺激によって腸のぜんどう運動が起こり、腸の動きが活発化。胃酸の分泌を促進して便秘改善効果が期待できます。

ただ、お腹にガスが溜まっているような便秘の方には逆効果になる場合がありますので、様子を見ながらやってみることをおすすめします。


3.炭酸水で「疲れをリセット」

炭酸水を飲むとその爽快感からリフレッシュできますよね。炭酸水はそういったリフレッシュ効果だけでなく、肉体な疲労回復にも効果が期待できるそうです。

私たちの体には、疲れると疲労物質である「乳酸」が溜まります。炭酸水に含まれている重炭酸は乳酸と結びつき、体の外に排出する作用があります。朝起きて、なんだか体がだるい、前日の疲れが抜けていない、という方はぜひ目覚めの炭酸水で疲れをリセットしてみてはいかがでしょうか。

いかがですか?

炭酸水を飲みなれていない方は、甘味がついていないため少し飲みにくいかも知れません。そんな時はレモンやライムを絞って入れたり、ハチミツを少し入れることで、飲みやすくなるそうです。

また、酵素ドリンクや野菜ジュース、果物ジュースを飲む時に、炭酸水で割るのもおすすめです。ぜひ炭酸水を美容と健康に役立ててみて下さいね。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 18:53| Comment(0) | 飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

美人になる豆乳の選び方、分かりますか?

豆乳は好きですか?

わたしはあまり飲まないのですが、娘は牛乳アレルギーなので、豆乳を良く飲んでいます。

牛乳の代わりとして、なんとなくヘルシーなイメージのある「豆乳」ですが、最近では、ケーキやアイスまで「豆乳」で作られた商品が登場しているようで、ますます人気が広がっているのでしょうか。

先日スーパーの冷蔵庫をのぞいたら、きなこ入り、コーヒー系、アップルパイ味、プリン味など、様々な「豆乳飲料」がズラリと並んでいました。

でも、逆に種類がたくさんあると、どれを選んでいいのか、分からないことはないですか?

そこで今日は、美容面から考えた「豆乳を飲むメリット」と、「豆乳を選ぶ際のポイント」について、長寿美容食研究家「スギ アカツキ」さんの情報を元に、ご紹介したいと思います。


1.豆乳を飲むメリット

豆乳は美容・ダイエットに、効果があります。その理由ですが、3つあります。

(1)たんぱく質が豊富なので、美肌作りやダイエットに良し

豆乳の原料である大豆の約1/3は、「たんぱく質」です。また、たんぱく質が豊富な動物性食品と比較すると、低カロリー(ヘルシーな鶏むね肉の半分)なので、ダイエット中の美肌作りには好都合です。さらに、スイーツ類やご飯・パンに比べると消化吸収がゆっくりで満腹感を得やすいため、小腹が減った時のオヤツ代わりとしても適しています。

(2)サポニンが豊富なので、肥満予防やアンチエイジングに良し

大豆に含まれる「サポニン」という成分には、血液中の余分なコレステロール・中性脂肪などを洗い流す作用があり、肥満予防に役立つとされています。また、抗酸化作用も持つため、からだのサビ(=酸化)を防いで老化対策としても有用です。

(3)オリゴ糖が豊富なので、便秘予防に良し

大豆に含まれる糖質には、ショ糖、スタキオース、ラフィノースといった「オリゴ糖」が含まれています。オリゴ糖は、腸内に住む「ビフィズス菌」など善玉菌のエサになるため、善玉菌を増やすことで便通を良くする効果が期待できます。

そして豆乳には他にも、乳がんや骨粗しょう症の予防が期待される「イソフラボン」が豊富に含まれているため、女性にとってはうれしいヘルシードリンクと言えます。

ただし、どんな健康食品にも言えることですが、飲みすぎには注意して下さい。また、大豆アレルギーの方も、注意が必要です。


2.豆乳を選ぶ際のポイント

豆乳には、無調整、特濃、味つきなど、いろんなタイプがありますが、「どんなタイプの豆乳を選んだら良いのか? 」ということについて、ご紹介します。

【無調整vs特濃】

両方とも、濃さは同程度で、カロリー、たんぱく質、コレステロールも同等です。

イソフラボン重視なら「無調整」を、カルシウム重視なら「特濃」を選んで下さい。

どちらを選んでも変わりはなさそうな感じもしますが、豆乳メーカーとして有名なキッコーマンの商品で、「調整」と「無調整」の違いを整理してみると、

●調整:大豆固形分が6%以上で、砂糖や食塩などを加えて飲みやすくしたもの。

●無調整:豆腐を作る工程でできる大豆と水のみの成分で、大豆固形分が8%以上のもの。

そして、「特濃」というのは「調整」のジャンルに属していて、大豆固形分を「無調整」と同レベル(=8%以上)に高めたものです。つまり、大豆固形成分の割合が同等ということですね。

その他の栄養成分(200mlあたり)は以下の通りです。

カロリー:115kcal(無調整)/109kacal(特濃)

たんぱく質:9.1g(無調整)/8.8g(特濃)

イソフラボン:56mg(無調整)/28mg(特濃)

カルシウム:34mg(無調整)/114mg(特濃)

コレステロール:両者ともゼロ

【無調整vs味つき豆乳飲料】

カロリーは「無調整」の方が若干高めですが、「味つき」は糖質に注意が必要です。また、豆乳に期待する栄養素(たんぱく質・イソフラボン)は「無調整」の方が約2倍含まれているので、「無調整vs味つき豆乳飲料」の比較なら、やっぱり「無調整」がおすすめです。

最近、おいしく飲める豆乳飲料として人気が出てきているという「味つき」の豆乳飲料ですが、含まれている豆乳成分は、実は「無調整」の半分以下で、しかも飲みやすさを重視して甘味料がたっぷり入っているため、糖質量が高くなっていることを認識する必要があります。

例えば、マルサンの2商品「無調整」、「紅茶」で栄養素を比較した結果は以下の通りです。

大豆固形成分:11%(無調整)/5%(紅茶)

カロリー:124kcal(無調整)/98kcal(紅茶)

たんぱく質:11.0g(無調整)/6.0g(紅茶)

炭水化物(糖質量を反映):4.0g(無調整)/11.8g(紅茶)

イソフラボン:94mg(無調整)/36mg(紅茶)


いかがですか?

豆乳にも、いろんな種類があるんですね。私も、美容のために、たまには飲んでみようかなと思います。



よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
ラベル:豆乳 種類 選び方
posted by 圭ちゃん at 18:55| Comment(0) | 飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

紅茶は、「電子レンジでチン」した方が、美味しくヘルシーに淹れられるそうです

あなたは、コーヒー派ですか?それとも紅茶派ですか?

私はコーヒー派なので、紅茶はほとんど飲まないのですが、最新の研究で、紅茶を美味しく淹れる方法が分かったそうです。

今日は、その方法をご紹介したいと思います。

1.紅茶をおいしくヘルシーに淹れる方法

最新の研究によると、おいしい紅茶を淹れるには、なんと電子レンジにかけるのが正解なんだそうです。しかも、その方がヘルシーな効果も期待できるということです。

この驚くべき研究を行ったのは、オーストラリアはニューサウスウェールズ州にあるニューキャッスル大学で、 “天然産物の価値を高める方法”を専攻するクアン・ヴォン博士です。今回の研究で博士は、緑茶と紅茶の重要な構成要素を抽出して精製し、下記の手順で淹れたそうです。すると、カフェインと、リラクゼーションを促すといわれる必須アミノ酸のテアニン、変性疾患を防ぐ抗酸化物質のポリフェノールが80%も活性化されることを発見したのだそうです。

2.おいしくてヘルシーな、紅茶の淹れ方

(1)コップにティーバッグを入れ、白湯を注ぐ。
(2)電子レンジで30秒ほど加熱する。
(3)1分ほど置く。

いかがですか?

簡単かつヘルシーなだけではなく、味もいいと言うのだから、試してみない手はないですね。

紅茶好きの方、是非お試し下さい。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:49| Comment(0) | 飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする