2017年06月19日

無理なくできる、家庭での省エネ&節約法をご紹介します

これから暑くなると、エアコンをガンガンつけたりして、1年中で一番電気を使う季節になります。

最近の電化製品は、省エネをしっかりと考えた商品が多いように思いますが、こうした省エネ機器も、使い方を誤ると逆に増エネになってしまいます。

ということで省エネに関する情報を提供したいと思います。

まず、消費生活アドバイザーの和田先生が作成された、省エネ理解度○×クイズです。次の質問に、○×で答えて下さい、

■Q1. エアコンの風量は弱く設定するほど省エネになる。
■A1. ×
エアコンの風量は自動に設定しておくのが一番省エネになります。風量を、弱風や微風に設定しておくと、室温が設定温度に至るまでに時間がかかるので、逆に多くの電力を消費してしまうことになるからです。

■Q2. パソコンは少しでも使わない時間があれば、こまめにシャットダウンしたほうがいい。
■QA2.. ×
パソコンは起動時に多くの電力を消費するので、こまめにシャットダウンを繰り返すと逆にムダになります。短い時間であれば、シャットダウンするよりもスリープや休止状態にした方が省エネななります。その目安は1時間45分以内です。

■Q3. ご飯は朝一回だけ炊いて残りを炊飯器で保温しておくより、朝晩分けて炊く方が省エネである。
■A3. ○
炊飯器の保温は約10時間で1回炊飯をするのと同じくらいの電力を使用するため、朝晩であれば炊き直した方が節電になります。まとめて炊く場合は、保温を切って食べるときに電子レンジで温め直した方が節電になります。

■Q4. 白熱電球をLED電球に換えると、電気代がかなり節約できる。
■A4. ○
白熱電球と比べて、LEDは半分以上も電気代が節約になります。LED電球の種類にもよりますが、同等の明るさの白熱電球と比較すると、消費電力は1/6〜1/8程度になるので、電気代も1/6〜1/8程度に抑えられます。


■Q5. 洗濯機のスピードコースは、通常コースに比べて必ずしも省エネにならない。
■A5. ○
スピードコースにしたときに、すすぎが注水になる機種もあり、普通のコースと比べて多くの水を使用してしまうことがあります。そのため、運転時間短縮で電力の使用は若干減っても、必ずしも省エネになるとは言えません。実際に省エネになるかどうかは、取り扱い説明書で確認して下さい。

いかがですか?あなたがが感じている省エネと実際は、ずれてませんでしたか?もし間違っていたなら、この機会に修正して下さいね。


次に、自宅でムリなく続けられる、正しい省エネ対策を、 リンナイ「省エネに関する意識調査」より4つ、ご紹介します。
(出典:https://shigotonadeshiko.jp/


1.使用割合の多い部分から、節電の対策する

冷蔵庫は壁から少し離して設置する、消し忘れが気になる場所の照明はセンサー付きのものを使用する、テレビは輝度を少し下げたり、エアコンは風量を自動に設定してフラップの向きも平行に設定ふる等、使用割合の多い部分から対策をしていきます。


2.家電製品は、状況に合わせて使い分ける

電気ポットや炊飯器、温水洗浄便座など、熱を発生させるもの、とくに長時間保温をする機能がある家電は、意外と消費電力量がかさみます。というのは、熱を発生させることは、とても多くのエネルギーを使用します。

暖房とひとくちに言っても、エアコンなどの対流式、ストーブなどの輻射式、ホットカーペットなどの伝導式と多くの種類があるので、それぞれの特徴をよく知って、状況に合わせて使い分けることが必要です。

また、保温家電はできるだけ保温の時間を短くし、省エネモードがある機種はそれを上手に活用して下さい。


3.日々変化する省エネ情報を定期的に更新する

例えばテレビの場合、昔のブラウン管デレビでは、コンセントからプラグをこまめに抜くのが節電に有効と言われていましたが、近年の液晶テレビの待機電力は非常に少なくなっていて、こまめに抜いても年間で数十円しか変わりません。

このように、省エネの情報は日々変化しているので、新しい情報を自分で常に更新していくことも大切です。


4.省エネ行動を、ソフト面とハード面の両面からとらえる

こまめにスイッチを切るといった日々の省エネ行動を「ソフト面」とすると、製品自体を見直す「ハード面」の省エネも考慮する必要があります。

製品の買い換えなどの際には、価格や機能だけでなく、省エネ性能を十分に考慮したモノ選びを意識して下さい。


最後に、東京都で実施予定のLED電球交換キャンペーンについて、お知らせします。
(出典:https://shigotonadeshiko.jp/

これは、東京都が、7月10日から家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業として、東京都内の地域家電店を中心に、LED電球交換キャンペーンを実施するものです。

自宅で使っている白熱電球2個を指定の電気店に持って行くと、LED電球1個と無料で交換できるというもので、 LED電球1個との無償交換および省エネアドバイスを実施して、LEDの普及と、家庭での省エネ行動の拡大を図ろうというものです。なお、予定のLED電球がなくなり次第終了ということなので、自宅でまだ白熱電球を使っておられる方は、お早めにどうぞ。

いかがですか?

家庭の省エネ、意外な落とし穴はありませんでしたか?

あなたも、暑さが本格化し、夏場のエネルギー消費が盛んになる前に、改めて自分の省エネ理解度を振り返って、省エネ対策を見直してみませんか?

よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

歯磨きも、以前からすると進化していました

以前は常識とされていたことが、科学の発達に伴って、そうではなくなるのは、良くあることです。

実は歯磨きほ仕方もそうだそうで、研究が進むにつれて新しいことが分かってきています。

今日は、そんな歯磨きの科学をご紹介したいと思います。


1.歯磨きのタイミングと時間など

私たちの常識として、ご飯のあとすぐ歯磨きするというのがありましたが、実は食後すぐに歯を磨くのは、誤った方法だそうです。

これは、食後は口内が酸性になっているため、歯のエナメル質がもろくなりやすく、磨くと歯の表面が削れる恐れがあるからです。食後30分くらいたち、唾液成分の働きで口内が中性になった頃に磨くのが正解だということです。

1回にかける時間は10〜15分程度が目安ですが、あくまで大切なのは時間ではなく、汚れがしっかり落ちているかどうかが大切です。


2.歯磨きの回数

朝食後だけでなく、朝食前の歯磨きも大切だそうです。

これは、唾液には虫歯菌がつくる酸を中和し、歯を守る役割がありますが、寝ている間は唾液の分泌量が少なくなるため、細菌が増えている状態なので、朝起きたら食事前に歯を磨き、口内の細菌を洗い流すのが、正解だそうです。

また、どうしても一日に1回しか歯磨きができないという人は、口内の細菌量を少なくするために、寝る前にしっかりと行うのが、おすすめです。


3.歯磨きのやり方

歯磨きを強くやり過ぎると、歯や歯の根元を傷めるので、優しく歯磨きして下さい。

また、口臭が気になるからと舌ブラシをやりすぎるのも禁物です。舌乳頭(舌の表面に無数にある小さな突起)が破壊されると、舌が乾燥状態になるので、逆に口臭が悪化しやすくなります。


4.歯磨き後のゆすぎ方

歯磨き後のゆすぎ方にも注意が必要です。実は、
口を何度も強く「ブクブク」するのはNGなのだそうです。

これは、歯磨き粉の中に配合されている虫歯の進行を防ぐフッ素が、歯磨きのあとに何度も口をゆすぐとフッ素の効果が出る前に流れ出してしまうからです。また、ゆすぐ水の量も、おちょこ一杯程度の水で、1回ゆすぐだけで十分だそうです。

でも中には、「そうは言っても、歯磨きをした際に、歯から落ちた汚れや口の中の細菌が気になる」という方には、二度磨きをおすすめします。

これは、最初に歯磨き粉をつけて磨いて歯の汚れを落としますが、その際のゆすぎは、うがいを好きなだけして気になる汚れや細菌を洗い流します。そしてその後もう一度、歯磨き粉をつけてまんべんなく磨くのですが、その後のうがいは少量の水で1回だけにするのです。こうすればフッ素の働きも十分期待できます。

いかがですか?

歯磨きも進化しているということなのでしょうか。私も、歯磨きのやり方を変えないとと、思いました。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

あなたは、「断スマホ」の生活ができますか?

今や日本人の2人に1人は利用しているといわれるスマートフォンですが、そのスマホを手放せない人が増え、たびたび「スマホ依存」が話題に上っています。

現代人とスマホの付き合い方について、興味深い調査結果が発表されたので、ご紹介したいと思います。自分の状況と照らし合わせて、読んでみて下さい。


1.スマホで目が疲れる人は8割も

朝から夜まで長時間使用する人も多いスマホですが、「スマホを見ていて目の疲れを感じた経験がありますか?」という質問には、83%が「はい」と回答をしています。

「目がしょぼしょぼして疲れがたまっているような気がする」(37歳・男性)、「時間がある時はついスマホを見ているので、常に目が疲れている」(22歳・女性)などの意見が寄せられています。

スマホを見続けることで、一時的に目の焦点が合いづらくなったりかすんだりする、「スマホ老眼」の予備軍になっているのかも知れませんね。


2.スマホは「宝箱」と考える人が4割

「あなたにとってスマホはどんな存在だと思いますか?」という質問に対して、一番多かったのは「自分の大好きなこと、趣味が詰まった宝箱」(43%)で、「自分のすべてのデータが詰まっている自分の分身」と答える人も30%という結果になっています。

スマホはもはや単なる情報通信機器ではなく、「宝箱」や「自分の分身」とまで思われる重要な存在になっているようです。


3.遅刻しそうでも、スマホを忘れたら家に戻る

次に、日常生活でスマホがどのように関わっているのか、聞いています。

「ふとんにもぐりこんだら、スマホを眺めるのが寝る前の日課ですか?」と聞いたところ、63%が「はい」と回答しています。つまり、寝るまでスマホを手放せない人が6割に上っているということです。

また、「スマホを家に忘れたことに気づき、用事に遅れるにも関わらず取りに戻ったことがありますか?」という質問には、24%が「はい」と答えました。4人に1人は「時間通りに行くこと」よりもスマホを優先しているということですね。

4.「断スマホ」の限界は、丸1日

最後に、スマホを見ない「『断スマホ』するのに耐えられそうな時間は?」と質問しましたところ、「断スマホ」を経験したことがある人では「半日まで」が43%、「丸1日まで」が33%で、4人に3人が長くても丸1日と考えています。

また、「断スマホ」を経験したことがない人の場合、「半日まで」が約6割となり、かなりの人がスマホがないと耐えられないなと、考えているようです。

いかがですか?

今回の調査の結果を見ると、まさに「スマホ依存症」と言っても過言ではない状態ですね。

かく言う私の主人も「スマホ依存症」で、スマホがないと生きて行けないとまで言ってます。

スマホが人生の全てではないと思うので、「スマホ依存症」の方、この機会に、自分とスマホの付き合い方について見直してみませんか?


なお、この調査は「ファンケル調べ、調査期間:2017年3月10日〜16日、対象:平日あるいは休日にスマホを1時間以上利用している、20〜40代のスマホユーザー男女500名」の結果です。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 生活情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする