2017年06月08日

幸福になることを妨げる24の行動習慣

「あなたは、幸せになりたいです?」と聞いたら、皆「なりたいです。」と、答えると思いますが、では「今、幸せですか?」と聞かれて、「はい」と答えられる人は、どれ位いるのでしょうか。

というのも、幸せの基準は、人によって違うので、同じ環境でもある人には幸せですが、別の人には幸せではないと、いうことになります。

そこで今日は、「幸せ」=「不幸でない状態」と定義して、「幸福になることを妨げる24の行動習慣」について、ご紹介したいと思います。

1.自分らしくない人間になろうとする
自分を偽っていると、決して幸福にはなれません。自分らしさと自分が世の中のためにできることを大切にして、最高の自分になりましょう。

2.手遅れだと思い込む
後悔とは縁を切り、行動と可能性を信じて生きましょう。ポジティブなことをするのに遅すぎるということはありません。

3.常に完璧であろうとする
人間なら全知全能でなくて当たり前です。間違いを犯しても、知らないことがあっても構わないのです。

4.自分をおとしめる
時として自分自身が最大の敵になることがあります。他人が配偶者や友人の悪口を言うのは許せないと思うなら、たとえ頭の中だけであっても自分で自分の悪口を言うのはやめましょう。

5.消極的で進歩しない
自分の人生なのに傍観者になってしまうと、何も良いことは起こりません。消極的だと幸福感も満足感も得られません。

6.罪悪感にさいなまれる
どんなに罪の意識を感じても過去や未来は変えられません。既に犯してしまった間違いを正すのは構いませんが、罪悪感に押しつぶされないでください。

7.ネガティブになる
コップには水が半分しか無いと思うと、残りの半分も欲しいと思ってしまいます。マインドセットと考え方をポジティブにして、不可能を可能にしましょう。

8.条件付き承認
希望を叶えないとあなたを受け入れて大事にしてくれないような人間とは距離を置きましょう。

9.嫉妬する
他人のことを嫉妬するのはやめましょう。いいですか。幸福は欲しい物を全部手に入れることでなく、今手にしているものを大切にすることにあるのです。

10.プレッシャーで爆発する
人生が今にも爆発しそうな圧力鍋みたいだったら気分が良いわけはありません。平常心を保ちプレッシャーを跳ね返すことを学べば、幸せになれますし、仕事もはかどります。

11.すべてをコントロールしようとする
ときにはコントロールを手放して起こるべきことが起こるようにしなければなりません。自分の力が及ばないところにあることをコントロールしようとするのは時間の無駄であり、不幸の元です。

12.他人のせいにする
自分の人生と幸福の責任は自分で取るしかありません。他人を責めるのは生産性が無く、何の役にも立ちません。過去に起こったことが何であれ、人生は刻一刻と過ぎていきます。自だけの幸福を見つけましょう。

13.いつまでも後悔し続ける
後悔も過去を振り返ることもやめましょう。後悔はエネルギーの無駄です。前進できなくなるだけでなく、実のあることは何も残りません。

14.恐れに支配される
恐れは欲しいものも幸福感も決して与えてくれません。それどころか、視界を曇らせ成功の妨げになります。これ以上の障害はありません。

15.他人の承認に依存する
あなたにとって唯一の意味ある承認は、他人でなく自分がする承認です。幸福を求めるのと同じように、自己承認も自分自身がすべきことです。

16.怒りで自己表現する
怒りが頭をもたげたら、それを爆発させるとどれだけ失うものがあるか考えて、抑制しましょう。怒っても、ほとんど何も達成できないだけでなく、ポジティブな成長に必要なエネルギーを浪費します。

17.平凡に傾く
真剣に成功と幸福を求めているなら、平凡なアイデア、平凡な思考、平凡なビジネス、平凡な友人、平凡なパートナーシップといった、平凡と名の付くものが人生に入り込む余地を与えないでください。平凡と秀逸の差は努力して手に入れるだけの価値があります。

18.言い訳ばかりする
こうなればいいなと思うことがあるなら、そうなるように行動しましょう。本当に大切なことなら、方法は見つかります。実現できない言い訳を探しているようなら、実はあまり優先度が高くないことなのです。

19.他人から幸福にしてもらおうとする
自分の内側に幸福感を見つけられないなら、他人に頼っても決して見つかりません。

20.先延ばしの習慣がある
待っていても決して仕事は片付きません。先延ばしは最も害のある習慣です。

21.過去に捕らわれる
誰でも間違いを犯したり、辛い思いをしたことがあります。どんな人も過去という荷物を背負っているのです。しかし、どこに行くときもそれを持っていこうとするのは大変です。荷物が軽いほど、遠くまで行けます。

22.不安感から小さくまとまる
幸福が遠ざかり、なりたい自分になれなくなります。

23.善悪を決めつける
最もて厳しく批判してしまう他人の性質は、自分にもある直視したくない性質です。

24.他人と比較競争する
自分以外の人間は、みんな一緒に同じ行動をすべきだという考えは捨てましょう。実際にはそんなことはあり得ません。幸福になるには自分自身に意識を集中させましょう。

いかがですか?

これを100%実行できる自信は、私にもありませんが、これを理想と捉えると、毎日の自分の行動を律することができるのでは、ないでしょうか。

お互いに頑張って、幸せになりたいものですね。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
ラベル:幸福 妨げ 行動 習慣
posted by 圭ちゃん at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

心が乱れてると感じたら、安倍首相も実践しているという「4-7-8呼吸」で脳の休息をしませんか?

毎日落ち着いて暮らしたいのに、何かバタバタして、ストレスもたまり、あれもこれもと悩みもつきません。

そんな方に、今日は安倍首相も実践しているというマインドフルネス瞑想をご紹介したいと思います。

朝から満員電車に揺られ、仕事では効率化を求められ、家事や育児も手が抜けない等々、現代に生きる私たちは、こなすタスクの多さにストレスを貯めがちです。

そこでいま求められているのが「脳の休息」です。疲れた脳を休ませてあげることで、心からリラックスできます。そんな究極のリラックスタイムへと誘ってくれるとして、今注目を集めているのが、マインドフルネス瞑想です。

1.マインドフルネス瞑想の本質

「東京マインドフルネスセンター」センター長兼ディレクターの長谷川洋介さんによると、マインドフルネス瞑想の本質は「気づくこと」だそうで、これは、言い換えると、自分を客観視できている状態のことだそうです。

例えば仕事に追われソワソワしてしまっている時に、飲み込まれて何をしていいか分からない状態とそうした自分に気づいているのでは雲泥の差があります。


私たちは習慣によって、普段は自動操業状態で生活しているようなものですが、1度ストップしてあげて、「今どういう状態なんだろう?」と客観的に見つめ直すことによって、集中力が上がる、学習能力がアップする、ストレス耐性に強くなるといった功名が得られます。


2.簡単3ステップで瞑想状態に近づく「4-7-8呼吸」


マインドフルネス瞑想には、ヨーガ瞑想や歩く瞑想、坐る瞑想や食べる瞑想など様々ありますが、基本となるのは呼吸瞑想法です。

この呼吸瞑想法の中で、マインドフルネス瞑想と、リラックス効果の高い腹式呼吸を組み合わせ、3ステップで瞑想状態に近づけるように開発された呼吸法が、「4-7-8呼吸」です。

これは、西洋医学を東洋医学で補完する統合医療の研究者、アンドリュー・ワイル氏が考案したもので、その名のとおり「4・7・8」と数を数えながら、ゆっくりと腹式呼吸を繰り返す方法です。


この「4-7-8呼吸」方法は安倍晋三首相も実践していることでも知られ、また寝る前に行うことでスムーズに眠りにつけると話題にもなりました。

3.「4-7-8呼吸」の具体的なやり方

「4-7-8呼吸」のやり方は、いたって簡単です。


STEP 1:4つ数えながら口を閉じ鼻から息をゆっくり吸い込む


STEP 2:7つ数えながら下腹部に力を入れて息を止める


STEP 3:8つ数えながら肺の空気をすべて出すイメージで口から息を吐く


このSTEP 1〜3の動作を1セットとして、3回繰り返します。

いかがですか?

この「4-7-8呼吸」は、自宅でも通勤通学途中でも、会社や学校の休憩時間でできます。例えばイライラした気分を変えたいとき、大事な会議の前に集中したいとき、ぜひ試してみてください。


あなたもマインドフルネス瞑想で、「脳の休息」をしませんか?


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

この夏、九州の高速が定額で乗り放題になるそうです

国土交通省からの発表によると、2016年7月15日(金)から、平成28年熊本地震に伴う九州の観光復興を目的として、高速道路の割引「九州観光周遊ドライブパス」が実施されることになったそうです。

この「九州観光周遊ドライブパス」を利用すると、九州の高速道路が定額料金で乗り降り自由・乗り放題になります。対象となる車両は普通車と軽自動車・自動二輪車で、ETCが必要です。

期間は12月18日(日)までで、お盆期間中の8月10日(水)〜16日(火)は対象外だそうです。

「九州観光周遊ドライブパス」には二つのプランが用意されています。

1.九州エリア乗り放題プラン

九州にお住まいの方や、飛行機やフェリー、新幹線などで九州を訪れる人向けのプランで、連続する最大3日間、九州周遊エリアでの走行が定額で乗り放題になります。

【お得な例】

大分インターチェンジを出発

宮崎〜熊本を周遊

大分インターチェンジに戻る

この場合、ETC普通車・平日・昼間の利用で通常13,680円ですが、これが6,500円で利用できます。 割引率は約52%です。

2.往復料金セットプラン

指定の発着エリアからの1往復と九州周遊エリア内での乗り放題がセットで定額になるプランです。連続する最大4日間が割引の対象になります。

発着エリアは山口、広島・島根、岡山・米子、四国、兵庫・大阪の5つです。

【お得な例】

広島インターチェンジを出発

熊本〜宮崎〜福岡を周遊

広島インターチェンジに戻る

この場合、ETC普通車・平日・昼間の利用で通常25,360円ですが、これが12,600円で利用できます。割引率は約50%です。

さらに特典として、周遊エリア内の指定サービスエリアで使える割引クーポンや、パーキングエリアのコーヒークーポンなどももらえます。

どうですか?夏休みや秋の観光には九州を訪れて存分に楽しみ、観光をすることが、地震復興に少しでも支援になればいいですね。

ただ、利用に当たってはETCカード番号と利用開始日の事前登録が必要で、受付は7月1日(金)13時から開始です。

専用Webサイトは、「みち旅」



よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする