2017年08月20日

熱中症や脳梗塞を防ぐ「医学的に正しい」汗の拭き方があるそうです

 西日本は例年になく暑い日が続いていますが、東京は8月に入って毎日雨を観測しているとか。湿度も高くて、ムシムシ。洗濯物も乾きにくいので、大変ですね。

 やはり夏はそれなりに暑くて、汗をかかないと夏らしくないのではないでしょうか。

 暑い夏に心配なのが脱水による熱中症や血栓症ですが、「汗の拭き方」も工夫次第で熱中症や脳梗塞・心筋梗塞などの予防になるということです。

 今日は、汗と臭いの専門家である五味クリニック(東京・新宿)の五味常明院長の情報を元に、「汗の拭き方」について、ご紹介したいと思います。

 五味さんは次のように言われています。

・「噴き出す汗は乾いたタオルでしっかり拭いて皮膚を乾燥させたいと思うでしょうが、我慢してください。この時季の汗は湿り気が皮膚に全体に少し残る程度に拭くのが一番。小まめに軽く拭くか、ウエットティッシュで拭くことです。その方が“ムダな汗”をかいて体内の水分を失うことが少なくなります」

・「これは、夏にかく汗の役割は、体内で産出される熱から、内臓や脳といった重要器官を守るため、体内の余分な熱を体外に放出して体温を一定に保つことです。それには、打ち水で大地を冷やすのと同じ理屈で、皮膚から気化熱を効率よく奪うことが大切だからです」

・「汗が蒸発して体温を下げて平熱に戻れば、それ以上汗をかくことはありません。ところが、その途中で噴き出る汗を完全に拭いたり、冷房が効いた部屋に入って皮膚を乾燥させると、気化熱で体温を下げることができなくなる。結果、熱が体の中にこもり、脳と皮膚の2つのセンサーから“もっと汗を出せ”との指令が出て、より大量の汗が流れてしまうのです」


 こうしたことを何度も繰り返すと、大量の汗と共に体内から必要な水分やミネラルが失われ、めまい、脱力感、筋肉のけいれんを起こす可能性があるので、注意が必要だそうです。

 でも夏はただでさえ、血管が広がっていて血圧が低い上に、汗の原料である血液から水分が抜ければ脳の血流が不足して失神を起こしたり、血栓ができてそれが肺や脳や心臓に飛ぶことで重大な事態を招きかねません。

 そこでもうひとつ汗で忘れてならないことは、「汗には熱を体外に放出するのに“有効な汗”と“ムダな汗”があること」なんだそうです。

「通常、汗が汗腺から皮膚表面に排出されると、すぐに蒸発します。ところが、汗の排出量が最大蒸発量を超えると汗が目に見えてきます。これは体を冷却するのには役立たないムダな汗です」(五味さん)

 ですから、このムダな汗を有効な汗に変えるためには、汗は完全に拭き取らず、皮膚全体に薄く塗りつけた方がいいのだそうです。
「水分の蒸発量は蒸発面積が大きければ大きいほど多くなります。汗孔から出た汗は、そのままその付近にとどまると蒸発面積は小さい。汗をのばすことで蒸発面積を広げれば、汗は蒸発しやすくなり、体を効率的に冷やすことになります」(五味さん)

 人間の皮膚には浅い溝が縦横に走っていて、汗の蒸発面積を増やすのに適した構造となっているそうで、「汗を少し残してそれを塗りのばす」のは、これを推し進めることにもつながるということです。

「汗は食塩水ですから、真水に比べて蒸発が抑制されています。汗の量が多くなれば、汗に含まれる塩分は多くなるので汗が蒸発しにくい。汗を皮膚にのばして蒸発面積を広げることは、その意味でも有効なのです」(五味さん)

 でも、汗をかくとどうしても「汗臭い」という、臭いの問題が気になります。

「汗の臭いの主な原因は、皮膚にひそむ細菌の増殖です。汗が少ないときは汗が皮膚面を酸性化して細菌の増殖を抑制します。しかし、汗が増えると皮膚はアルカリ性に傾いて抑制効果が低下し細菌などが活動して臭くなる。この時季の汗は湿り気のある除菌シートで拭くのがベストでしょう」(五味さん)

 いかがですか?まさに汗の科学といった感じですね。

 たかが汗と思うことなく、汗を効率的に流すことは熱中症や心血管イベントの予防だけでなく、体の臓器のムダな動きを抑えて、夏バテも防ぎたいものです。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:38| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

「もの忘れ」と「認知症」の境界線は何だと思いますか?

「物忘れ」と「認知症」、若い方には縁のない話ですが、60歳を過ぎると本当に切実な問題となってきます。

ただ、「物忘れ」と「認知症」は、似ているようでその忘れ方には違いがあるそうです。

今日は、「物忘れ」と「認知症」の境界線について、週刊朝日ムック「家族で読む予防と備え すべてがわかる認知症2017」の情報を元に、ご紹介したいと思います。

人の名前が思い出せなくなったり、物をしまった場所を忘れたりと、一見紛らわしい、老化による「物忘れ」と認知症による記憶障害ですが、忘れ方にはどのような違いがあるそうです。

 両者とも記憶に不具合が起こっている点は同じですか、その違いは、ヒントによって思い出せるかどうかです。老化によるもの忘れならば、通帳を「どこにしまったか」を忘れても、「書斎の机の中だったよね?」と言われると思い出せます。しかし認知症は、「しまったこと」自体を忘れているので、人に教えられても思い出せないのが特徴です。


 この差は、記憶のどの段階に問題が起こるかによるものだそうです。

記憶には、1.覚える→2.保持する→3.引き出す、という三つの過程がありますが、加齢によるもの忘れは、3の引き出す機能が衰えることで起こります。頭の中にある膨大な情報から的確な内容を呼び出せなくなるのですが、ただし記憶自体は残っているので、きっかけがあれば「あ、そうだった!」と思い出せます。

一方認知症は、1.2にも障害が起こるので、記憶自体がなくなってしまうのです。


また、「忘れる対象」にも違いがあると、認知症専門医であるお多福もの忘れクリニックの本間昭医師は話されています。


本間医師によると、
「テレビで見たタレントの名前を忘れるなど、人の名前や地名といった『固有名詞』を忘れるのは老化なので心配いらないでしょう。しかし、テレビを見たという「体験」を忘れると認知症の可能性が高くなります。」

IMG_2820.JPG

【もの忘れと認知症の見分け方(週刊朝日 2017年8月11日号より)】

表を見て頂くと分かるように、例えば、手紙に書いた内容を忘れるというような記憶の一部を忘れるのは老化ですが、手紙を書いた記憶をまるごと忘れるのは認知症の可能性があるということです。

先生は、「もの忘れの度合いが自分で客観的にわかる段階は健康な状態です。認知症は忘れている自覚がないので、独居の方は気づきにくいのです。ただし記憶は、ストレスや飲酒、体調などによっても影響されます。もの忘れがあったからといって過度に心配しすぎずに、まずは生活に支障があるレベルかどうかで判断しましょう」と、言われています。

 もの忘れは誰にでも起こり得るもなので、「もしかして」に備える判断基準をご紹介します。心配な方は、チェックしてみて下さい。

<もの忘れ>
・ドラマに出ていた俳優の名前を忘れる
・小説の主人公の名前を忘れる
・知人の名前を思い出せないが、ヒントをもらえば思い出せる
・財布をしまった場所を思い出せない
・買い物に行って卵を買い忘れる
・友人との待ち合わせで、時間や場所を忘れる
・洗濯機に洗剤を入れ忘れる
・手紙に書いた内容を忘れる
・電話で聞いた内容を忘れるが、メモを見れば思い出す
・買い物に自転車で行き、置いた場所を忘れる
・夫婦で旅行に行った年や場所が思い出せない


<認知症>
・ドラマを見たことを忘れる
・小説を読んだことを忘れる
・知人の名前を思い出せず、ヒントをもらっても思い出せない
・財布をしまったことを忘れている
・買い物に行ったことを忘れて、卵を何度も買ってしまう
・友人と待ち合わせしていることを忘れる
・洗濯機の操作方法を忘れる
・手紙を書いたことを忘れる
・電話で聞いた内容を忘れ、メモを見ても思い出せない
・買い物に自転車で来たことを忘れて家に帰る
・夫婦で旅行に行ったことを忘れている

posted by 圭ちゃん at 18:57| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

熱中症予防で、水のがぶ飲みは危険だそうです

毎日暑い日が続いてますが、夏バテしてませんか?

すでに全国各地で35℃を超える猛暑日が観測されていて、今年は過去最大級の「猛暑」となることが確実だそうです。 そして暑い日が続くと心配なのが、熱中症です。

総務省消防庁の発表では、6月だけでも全国で3481人が救急搬送されていて、特に高齢者にとっては命の危険が伴います。2015年の熱中症による死亡者968人のうち、8割超の781人が65歳以上だというデータもあります。

熱中症予防のためには、十分な水分を取りましょうと呼びかけられていますが、実は水分もその補給法を間違えると、逆に命の危険さえあるそうで、中でも一番危険なのが「水だけをがぶ飲みすること」だそうです。

ということで、今日はそんな熱中症対策における、水分補給の仕方について、『いまさら聞けない健康の常識・非常識』(主婦の友社刊)の著者で、池谷医院院長の池谷敏郎先生の情報を元に、ご紹介したいと思います。

池谷先生は、「水の吸収には限界があるので、一度に大量摂取すると吸収できない。また、大量の発汗の際に、水分とともにナトリウムなどのミネラルも減少します。この時、水分だけを補給しようとしても、血液中のナトリウム濃度が低くなっているために喉の渇きが感じられず、必要な水分を飲むことができなくなります。
その結果、脱水が進み、頭痛や痙攣、意識障害などが見られるとともに、脳梗塞などの血栓症を発症する危険性が高まります」と、言われています。

では、どのぐらいの量の水を、どのように摂取すればいいのでしょうかか。

これについては、管理栄養士の望月理恵子さんが、次のように具体的にアドバイスされています。

「血中の塩分濃度を極端に薄めないためには、1回の水分量はコップ約1杯分の200ミリリットルが目安とされています。
一般的に人間は1日約2.5リットルの水分を尿や汗などで失います。夏場は汗をかく分、3リットル程度が失われると考えておけばいいでしょう。ですからコップ1杯分の水を1時間ごとに10〜15回に分けて飲むのが理想です」


いかがですか?

私もこれまでは、喉が渇いたら飲みたいだけ水を飲んでましたが、これはダメなんですね。これからは気をつけようと思います。

あなたも、上手に水分補給をして、熱中症にならないように、気をつけて下さいね。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:49| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする