2017年06月23日

アニサキス食中毒の予防法、分かりますか?

最近、お笑いタレントの渡辺直美さんや「品川庄司」の庄司智春さんが患って話題にもなったのが、寄生虫のアニサキスによる食中毒です。

今日は、このアニサキス食中毒について、ご紹介したいと思います。
 アニサキス食中毒は、アニサキスの幼虫が寄生したサバやサケなどを生で食べると、激しい腹痛や嘔吐(おうと)などの症状で苦しむ病気で、季節にかかわらず、発症します。

アニサキスは寄生虫の一種で、幼虫がサバやカツオ、サケ、イカ、サンマなどの内臓に寄生します。幼虫の体長は2〜3センチ、幅0・5〜1ミリほどで、白い糸のように見えます。そして、魚介類が死ぬと幼虫は内臓から筋肉に移動します。


アニサキスが寄生した魚介類を生で食べると、人の胃壁や腸壁にアニサキスが食い込み、食後数時間後から十数時間後にみぞおちの激しい痛みや嘔吐、腹膜炎を起こします。また、まれにアナフィラキシーショックや腸閉塞(へいそく)などで重篤化することもあります。


このアニサキスによる食中毒ですが、どうしたら防げるのでしょうか。

一番良いのは、幼虫が寄生した魚介類を十分に加熱することです。また魚は新鮮なものを選び、すぐに内臓を取り除くことと、刺し身など生で食べる時は、目でよく見て幼虫がいないかどうか確認することも重要です。マイナス20度以下の業務用冷凍庫で24時間以上冷凍された魚だと食中毒は起きないそうです。

一方、酢で締めたり、しょうゆを付けたりしても効果はないそうなので、生の魚を食べる時には、アニサキスがいる可能性があると思って、本当に注意する必要がありますね。


ただ、アニサキスは放置しても人の体内では生きられず、3〜4日程度で死にますが、その間、胃けいれんのように激しい痛みがあるため、医療機関での受診が必要です。

いかがです?

あなたもサバとかブリのお刺身を食べる時には、十分気をつけて下さいね。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

誤嚥性肺炎を防ぐためには、カラオケで喉を鍛えた方がいいそうです

最近、誤嚥性肺炎が話題になっていると思いませんか?誤嚥性肺炎というのは、簡単に言うと食べ物や唾液などが気管支から肺に入り、肺炎を起こすもので、歳を取って喉の筋肉が衰えて来ると、起こりやすくなると言われています。

今日は、この誤嚥性肺炎を防ぐため、楽しみながら喉の筋肉を鍛える方法について、ご紹介したいと思います。

人は歌を唄うことで癒され元気になるものですが、そこでこの喉の筋肉を鍛えるのに専門医も勧めるのがカラオケです。もちろん、上手い下手は二の次で、大切なのは曲選びだそうです。


喉を触りながら唾を飲み込むと、喉仏が上下するのがよく分かりますが、この喉仏を動かしているのが「喉頭挙上筋群」と呼ばれる筋肉です。

歳を取って喉頭挙上筋群が衰えてくると、喉仏は下がり、誤嚥が起きやすくなってしまうのです。


ですから、誤嚥を防ぐには筋肉を鍛えることが大事なのですが、筋肉を鍛えるのに、楽しんで続けられるのがカラオケです。


「カラオケがストレス発散にもなるし、効果も大きい」

と勧めるのが『肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい』(飛鳥新社)の著書がある西山耕一郎医師です。


西山先生によると、

「カラオケで高い声を出すときは喉仏が上がるでしょう。筋肉を上下させるには、ハイトーンで歌うことが大事です」

と言うことです。

先生の著書にも紹介されていますが、初心者に向いているのが、石川さゆりの「津軽海峡冬景色」だそうで、この歌は、高音部分も低音部分もあって、喉の筋肉を上下させるにはピッタリなんだそうです。

他には、松任谷由実さんの『春よ、来い』や、少しレベルが上がったところで松崎しげるさんの「愛のメモリー」、あるいはさらにレベルの高い、米良美一の「もののけ姫」やクリスタルキングの「大都会」など、喉の筋肉を鍛えるのに適した曲は結構あるようです。

また、お年寄りで流行りの曲を知らないのなら『リンゴの唄』でも良いですし、童謡や軍歌でも構わないと言うことです。

先生によると、「大事なことは歌える曲から始めること」だそうで、もちろん、1人カラオケでも全然構わないそうです。


いかがですか?

歳を取って来ると、外出が億劫になったり、人とおしゃべりする機会も減ってきて、喉の筋肉が衰え、ますます誤嚥の可能性が高まってきます。

そうなる前に、カラオケでせいぜい喉の筋肉を鍛えておきたいものですね。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

「咽頭結膜熱」って、何の病気かわかりますか?

小さいお子さんを持つお母さんはご存知かも知れませんが、「咽頭(いんとう)結膜熱」って何かわかりますか?

私はこれまで聞いたことがなかってので、「何?」と思ったのですが、いわゆる「プール熱」のことなんですね。

「咽頭(いんとう)結膜熱(プール熱)」は、幼児に多い感染症で高熱を伴う病気です。5日間ほど続く38〜40度の発熱と、のどの炎症と痛み、目が赤くなる結膜炎が重なることが特徴です。

この咽頭結膜熱が、例年を上回る勢いで流行し、拡大しているそうで、流行は近年で最も大きかった2006年に次ぐ規模だそうです。


咽頭結膜熱の原因は、年間通して存在するアデノウイルスです。例年6月に流行し始め、7〜8月がピークで、11〜12月にも流行があります。風邪などと同じで、専用の治療薬はなく対症療法が中心です。ただ、重症化することはまれだそうです。


患者数は国立感染症研究所が全国約3000の小児科で定点観測しており、最近1週間(5月29日〜6月4日)で2996人。1医療機関あたり0.95人で、例年のこの時期の0.2〜0.8人を上回っています。

都道府県別では山梨(3.29人)、北海道(2.02人)、奈良(1.53人)、鹿児島(1.51人)、兵庫(1.40人)が多い結果となっています。


この病気に詳しい感染研の藤本嗣人(つぐと)室長によると、ウイルスは自分の目を触った手から人にうつることが多いそうで、患者が幼児に多いのは、体の免疫が大人より未発達なためだということです。

予防策としては、「うがいや手洗いに加え、幼稚園など子どもの多い施設や家庭では、ドアノブや手すりを塩素系漂白剤を含む水でぬらした布で小まめに拭くことや、タオルの消毒・共用防止が効果的」だそうです。

咽頭結膜熱はプールで感染が広がることが多かったため「プール熱」とも呼ばれていますが、藤本室長によると、現在では国の衛生基準に沿って塩素消毒されているプールでは、ほぼうつらないということです。

いかがですか?

小さいお子さんのおられるご家庭では、十分注意して下さいね。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする