2017年09月27日

あなたが、「お金」に対してどんなイメージを持っているかで、金運にも影響があるかも知れません

 だれしもお金がないと生きてゆくことはできません。(原始林で自給自足すれば話は別ですが)でも、人によってお金に対する想いは違うような気がします。あなたは、「お金」に対してどんなイメージを持っているでしょうか?

 今日は、あなたが「お金」に対してどんなイメージを持っているのかが分かる、心理テストをご紹介したいと思います。ひょっとしたら、あなたの金運にも影響があるかも知れませんよ。

Q.あなたは海辺を散歩しています。波打ち際をのんびりと歩いていると、何か砂の中に埋もれているものがありました。それは何だったでしょう。深く考えずに直感でお答えください。
1、小さなカニ
2.サンゴの枝
3、貝殻
4、手紙の入ったビン

 選べましたか?それでは、解説してゆきます。

1、「小さなカニ」を選んだあなた
 あなたはお金に対して「便利なもの」というイメージを持っているようです。そのためお金の使い方もムダがなく、本当に欲しいもの、必要なものに利用していて、足りなくなればまた貯めてというように、上手にお金を循環させることができています。お金に変な執着心がないので、逆にお金に困ることもなく健全な経済感覚の持ち主といえるでしょう。

2、「サンゴの枝」を選んだあなた
 あなたはお金に対して「あれば嬉しいけれど、あまり自分と縁がないもの」というイメージを持っているようです。そのため、お金の問題で大きな失敗をすることはない反面、たくさん稼ごう! という意欲も持ちづらいかもしれません。もしくは「自分は大金を受け取るほどの価値がない」と決めつけてしまっているかも。でもこのタイプの人は、お金をたくさん稼ぐ才覚が眠っている可能性もありますよ。

3、「貝殻」を選んだあなた
 あなたはお金に対して「安心できるもの」というイメージを持っているようです。そのため、「お金が多い=信頼できる、頼れる」と思っており、価格が高いものやお金持ちの人、貯蓄を好む傾向があるかも知れません。しかし、あまり度がすぎると、騙されたりするトラブルに巻き込まれたり、人生を楽しむ時間が少なくなってしまうこともあるので気をつけて下さい。

4、「手紙の入ったビン」を選んだあなた
 あなたはお金に対して「トラブルのもとになるもの」というイメージを持っているようです。もしかすると周りに金銭トラブルを抱えた人がいたりして、お金にあまり良い印象を持てなくなった経験があるかも知れませんね。そのため慎重になることはいいのですが、本来あなたが受け取っていいはずのお金も拒否してしまうようになるのは行き過ぎです。お金自体はいいものでも悪いものでもなく、扱う人の気持ちで変わるのだと考えてみて下さい。


 いかがでしたか?

 お金はたくさんあることより「それで何をしたいのか」が大切だと言われます。とは言いながらも、まずはきちんとお金の管理ができることが基本です。そうでないと、入ってもすぐ出ていってしまって、本当にやりたいことができなくなってしまいます。

 あなたの家計管理に「穴」はないでしょうか。一度、じっくりと点検してみても、いいかも知れませんね。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 18:41| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

ネット通販で赤字の家計を救った超簡単家計管理術、知りたいと思いませんか?

あなたは、「自分の趣味やインテリアにお金を使うのがやめられず、『これ、欲しい!』とか『これ、かわいい!』などと、思ったものをネットで衝動買いするクセがあり、予算もきめてないし、記録も取っていないので、家計管理が崩壊状態にある」なんてことはありませんか?

あるいは、旅行や実家への帰省など、なにかともの入りだった夏も終わり、財布のヒモを引き締めたい時期なのに、「なにから手をつけたらいいかわからない!」という人もいるかも知れません。

そこで今日は、ファイナンシャルプランナーのいちのせかつみさんの情報を元に、超簡単家計管理術について、ご紹介したいと思います。この方法、簡単かつ確実な家計管理法です。では、早速ご紹介します。


1.クリアファイル家計簿で1日ごとに予算管理
予算感覚を身につけるためにおすすめなのが、いちのせさん考案の「クリアファイル家計簿」だそうです。

このクリアファイル家計簿、1日単位で予算管理でき、使いすぎを防ぐことができるそうです。そして、 余らせたお金はごほうび〞にすれば、楽しんで貯められるのでモチベーションも続きやすいというメリットもあるということです。

このクリアファイル家計簿の作り方はとても簡単です。百均とかで売っているクリアファイルのポケットに、1〜31日までの日付を書いた紙を入れて、食費と日用品の予算として、1日につき2000円ずつをポケットに入れるだけです。

いちのせさんは、「『2000円では足りない』という人もいるかも知れませんが、実はほとんどの家庭がこの金額で無理なく回せるんです」と、語っています。このように1日の予算をきちんと決めることで、大きな節約効果につながるそうです。毎日、その日の予算分のみ財布に入れ、帰ってきたら、残ったお金とレシートをファイルに戻し、月末になったら、ファイルのすべての残金とレシートを取り出し、残金はがんばったごほうびとして、好きなことに使っても構いません。例えば、趣味のものを買ったり、何か月分か貯めて旅行するなどです。


2.お金が貯まる考え方と生活習慣
また、いちのせさんは、衝動買いグセがある方のために、お金の使い方に関する考え方をアドバイスされています。それは、

(1)ものの金額に応じて考えるための期間を設ける
一つ目は、衝動買いを防ぐために、3000円のものは3日間、3万円なら3週間、30万円なら3か月間考える習慣をつけることだそうです。(いちのせさんは、これを“3の法則”と呼んでいるそうです)これは、その場で『欲しい!』と思っても、時間が経って冷静になると、いらないと思うものがほとんどだと気がつくからだそうです。

(2)予算を厳守して、オーバーしないようにする
二つ目は、イレギュラーは設けず、1日ごとの予算は必ず守ることだそうです。これはとても大切なポイントだそうで、いちのせさんは、「予算感覚が身につくまでは、スマホの電卓を使って、消費税も含めて計算しながら買い物しましょう。オーバーしていたら、カゴからなにかひとつ売り場に戻す、肉ならグラム数の少ないパックに変えるなどの工夫を」と言われています。また、予算感覚がつくまでは、当然クレジットカードの使用も禁止です。

いかがですか?

クリアファイル家計簿とお金が貯まる考え方を併せて実践することで、大きな節約効果が期待できるそうです。

今まで一般の家計簿をつけてきたけど、うまくいかないという方も、一度このクリアファイル家計簿にトライしてみては、いかがでしょうか>


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 18:37| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

あなたの財布の色は、金運が上がる色ですか?

 財布は、お金を入れておくだけでなく、お金を生み出し、増やしてくれる大切なアイテムですが、あなたの財布の色はどんな色ですか?

 実は、財布の色によって金運が上がったり、逆に下がったりするそうです。

 と言うことで今日は、風水の考え方を元にした、金運を上げるための財布の色の選び方について、ご紹介したいと思います。

 風水の考え方によると、財布の色も重要なポイントです。そして、女性が持つか男性が持つかで、その色も違ってきます。


1.女性には淡いイエローかピンクの財布がおすすめ

 女性なら、パステルイエローかクリームイエロー、またはピンクの色の財布が、おすすめだそうです。

 パステルイエローは楽しみごとの運気が強く、楽しく使えるお金が増えていきます。クリームイエローは楽しくお金が使えるうえに、金毒を抑えてくれるのでお金が減りません。なお、同じ黄色でも、真っ黄色は陽気が強すぎて、お金を失っていることに気づかず、どんどんお金がなくなってしまうので避けたほうがいいそうです。

 特に、専業主婦や学生など、自分の定収入がない人には、ピンクの財布がおすすめだそうで、プレゼントをもらう、おごってもらうなど、「棚ぼた」的な運気を受けやすくなるそうです。ビビッドなピンクは楽しく使えるお金が増えていき、色が淡くなればなるほど、棚ぼた度がアップするということも覚えておくと、便利です。

 また、ゴールドやシルバーといったメタリックカラーの財布もお金を増やす効果があります。ゴールドは財を築くとともにお金の循環をよくしてくれる働きがあるので、「パーッと派手にお金を使う」タイプの人に向いています。シルバーはそういった派手さはありませんが、ひっそりと知らないうちに少しずつお金が増えていく効果があるので、「使う」より「増やす」ことを重視したい人におすすめだそうです。


2.赤い財布は金運を燃やしてしまう

 逆に、男女ともに「この色は絶対NG」という財布もあります。それは赤と青です。とりわけ赤は燃えさかる火をあらわす色なので、たとえ大富豪からもらった財布だとしても、絶対に使ってはいけないそうです。その財布に入れたお金だけでなく、今まで自分がもっていた金運もすべて燃やされてしまうので、たとえそのあと違う色の財布にしたとしても、ダメージが長く残ります。

 オレンジや朱色は、赤ほど強いパワーはありませんが、これらも「火」の色なので、財布には使わないほうがいいそうです。

 また、青は「水」の色なので、お金がどんどん流れてなくなってしまいます。ですから、これも財布には不向きです。特に濃い青は避けて下さい。どうしても青系の色がいいなら、貯める力の強いネイビー(濃紺)がおすすめです。


3.ブラウンは貯蓄カラー、ブラックは「増やす」より「守る」色

 男性が使う財布なら、おすすめカラーはブラウンかキャメルです。ブラウンは「土」の色なので、生み出す力、貯める力をもっています。色が濃ければ濃いほど貯める力が強まり、お金が出ていきにくくなります。ただし、ブラウンはあらゆることを「ため込む」性質があるので、負担をかけるような使い方をしていると、ため込んだパワーが逆流して、お金が一気に出ていってしまうことがあるので気をつけた方が良いそうです。

 またキャメルは、黄色のもっている楽しみごとの運気に加え、「貯まって増える」という「土」の気をもつ色なので、お金を楽しく使いながら、少しずつ貯めて増やしていくことができます。色味が黄色に近いと「楽しみごと」の運気が強まり、逆に茶色に近くなると「貯める」運気が強くなるので、ほしい運気に合わせて選ぶといいそうです。

 なお、黒は決して悪い色ではないそうですが、使う人を選ぶので注意が必要だそうです。というのも、黒はお金を増やすというより、今の金運を「守る」という力が強い色なので、すでに一定の財力を手に入れた人が使う分にはいいのですが、そうでない人が使うと逆効果になることもあるということです。

 もしあなたが、今の金運に満足していないのなら、黒ではなくグレーを選ぶことで、穏やかな「水」の気がお金を増やしてくれるそうです。


 いかがですか?

 幸い、私の財布の色はピンクでしたので、良かったと思っています。

 あなたも、財布を買い替える時に、「金運財布」するための参考にして下さいね。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

ラベル:財布 金運
posted by 圭ちゃん at 17:35| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする