2018年06月17日

顔色やむくみからわかる病気のサイン

 あなたは、最近自分の顔をじっくりと見たことがありますか? 日常見ているようで見ていないのが自分の顔です。「顔の色が悪い」「むくんでいる」・・・そういう症状はないでしょうか?

 今日は、顔に現れる病気のサインについてご紹介したいと思います。

◆毎日続けたい、顔色・むくみのセルフチェック
 毎日見ているようで、意外と見ていないのが自分の顔です。一般に顔の皮膚は体の皮膚と比較して厚さが薄いので、血行状態に左右されやすく、体調が悪いと、顔色が悪く見えたりします。「いつもより顔色が悪い」「何だか少しむくんでいるかも」というように、小さな変化に気が付くことは、体調管理の上でとても重要なことです。

 顔に表れる病気のサインとして特にわかりやすいのが毎日の「顔色」と「むくみ」です。それぞれが起こる原因と、考えられる病気、特徴的な症状を解説します。


◆顔色でわかるよくある病気:貧血と黄疸
●顔色が青白くなる貧血
 貧血になると血液中の赤血球が足りなくなるため、顔色が青白くなります。若い女性によく見られるのは「鉄欠乏性貧血」といって、鉄分不足によるものですが、比較的年配の方で貧血になる場合は体のどこかで慢性的に出血が起こっていることがありますので、気になる場合は、血液検査で本当に貧血かどうか調べてみる必要があります。

 貧血のほかの症状としては、息切れや動悸、下瞼をアッカンベーの状態にした時に見える結膜の赤い部分の赤みが薄くなるなどの症状があります。

●顔色が黄色っぽくなる黄疸
 顔色が黄色くなる「黄疸」という症状があります。黄疸とは、血中のビリルビンという色素が増加して、全身の皮膚や粘膜に過剰に沈着すると起こります。でも日本人は黄色人種なので、程度が軽いとわかりにくいことも多く、その場合は白目の部分が黄色いかどうかで判断します。

 主に肝臓や胆道の病気、血液が壊れる溶血性貧血などで起こりますが、一部体質性のものもあります。どちらにしても、目で見てわかるほど皮膚や白目が黄色くなったら、一度検査する必要があります。

 ちなみにみかんの食べすぎで皮膚が黄色くなるのは「柑皮症」と言われ、みかんに含まれるカロチンという色素によるもので、黄疸とは全く別なので安心して下さい。


◆むくみでわかる病気のサイン
 むくみというものは、簡単にいうと、皮下に余計な水分がたまってしまった状態のことです。皮下には毛細血管やリンパ管が張り巡らされていて、それらから細胞へは酸素や養分が、細胞から血管、リンパ管へは老廃物が受け渡しされています。

 血管と細胞の間を受け渡しするのが細胞の周りにある細胞間液で、この細胞間液が何らかの原因で一時的に増えるのが「むくみ」です。医学的にはむくみは「浮腫」といいます。以下に、病的なむくみとそうでないむくみを大まかに分類しています。


▼病的なむくみ
・心臓の病気
 血液を送り出すポンプの役割をする心臓が弱くなると、血液がうまく心臓にかえってこれずむくみが起こる

・腎臓の病気
 血液をろ過して、いらない成分を尿として排泄して、必要な成分を再吸収するという役割を担っている腎臓が悪くなると、体に水がたまりむくみが起こる

・甲状腺機能低下症
 甲状腺というのどにある臓器がうまく働かなくなる

・肝臓の病気
 肝硬変が進行してしまった場合

・服用している薬の影響

・特発性浮腫
 上記の原因にあてはまらない、比較的中年女性に多いむくみ。立位で悪化し、夕方と朝で体重差が1.5kg以上もある

・クインケ浮腫
 眼や口の周りに突然起こるむくみ。アレルギーの一種ともいわれるが原因は不明。数時間でもどることがほとんど


▼病的なものではないむくみ
・女性の生理直前のむくみ
 月経直前1週間前〜月経までは女性ホルモンの一種である黄体ホルモンに水分をためこむ性質があるため

・妊娠(とくに妊娠後期)

・アルコール
 お酒は血管内脱水といって、血管の中には水が無いのに、血管の外に水が染み出してしまう状態を作り出すのでむくむ

・塩分の摂りすぎ、ビタミン・ミネラル不足
 特にカリウム、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB1の不足でむくむといわれる。ビタミンB1不足はいわゆる脚気ですが、現代ではアルコールや清涼飲料水の飲みすぎ、インスタント食品のとりすぎなどから起こることが多く、まれですが心臓に障害が起こって救急車で病院に運ばれることもあるので気をお付けて下さい。

 病的なむくみとそうでないものの見分けはなかなか難しいですが、特に1週間以上続いていたり、体重が急激に増えたり(たとえば1週間に2kgなど…)、いきなり尿量が減ったり、血尿が出たり、脈がとんだり、胸が重苦しく感じたりと、何か他の症状があるときは病院への受診をおすすめします。

 いかがですか?

 顔に現れる病気のサインは、今回紹介した例以外にもいろいろあります。自分の顔をよくチェックして「何かがいつもと違う」ということに気づけるようになることが重要ですが、逆に毎日見ていると気づかない変化もあります。できればいつもかかる医療機関をかかりつけ医に決めておいて、そこに相談するのが良いと思います。


 ブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 18:09| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

カレーを毎日食べると記憶力が向上し、認知症の予防にもなるかも知れません

 あなたは、カレーは好きでしょうか? 私は、子供が小さい頃は良く作っていましたが、巣立っていってからはたまに作る程度です。

 実は、「カレーを毎日食べると記憶力が向上し、認知症の予防にもなる」という情報があるそうです。今日は、この情報についてご紹介したいと思います。

◆新しく見つかった着色料として使われるクルクミンの効果

 カレーに含まれているウコンに、抗炎症、抗酸化作用があることはこれまでも知られていたそうですが、ウコンから抽出されカレーの着色料として使われるクルクミンに、認知症の原因となる脳の炎症を抑える効果や、記憶力を向上させたり、幸福感を増したりさせる効果があることが、米老年精神医学会誌で公表された新たな研究で分かったそうです。

 新たな研究では、51〜84歳までの患者40人の一部にクルクミンのサプリメントを毎日供給したところ、記憶力、注意力の向上や穏やかな気分の改善が認められたということです。

 カリフォルニア大学ロサンゼルス校長寿センターの老年精神医学担当医、ゲイリー・スモールは「クルクミンがどのように効くのかはまだ明らかになっていないが、脳の炎症を抑える効果があるのではないだろうか。脳の炎症は、アルツハイマー病や深刻な鬱病の原因でもある」と、コメントしているそうです。

◆認知症の原因物質も少ない

 今回の研究の規模は小さいものの、偽薬を用いた比較対象が実施され、患者の一部はクルクミンを含まないサプリメントを服用したそうです。また医師と患者の双方が、どの患者がクルクミンを服用しているか知らずに研究を行い、患者は半年ごとに認知能力のテストを受け、クルクミンの血中濃度を測定しました。

 1年半に渡る研究で、クルクミンを服用した患者の28%に記憶力の向上が見られ、また穏やかな気分の改善も認められました。脳のスキャンによって、認知症の原因となるアミロイドやタウといった異常なタンパク質の蓄積が少ないことも分かったということです。

 一方で、少数の患者に副作用が出たそうで、クルクミンを服用した患者4人と偽薬を服用した患者2人が、胃痛や吐き気の症状を訴えたということです。

 米国立衛生研究所・補完統合衛生センターのホームページによると、ウコンは南アジア発祥の伝統医学アーユルベーダで、呼吸障害やリウマチ、痛み、疲労など様々な症状を緩和する薬として使われています。

 ウコンの医療的な効果に関する研究は過去にもあるそうですが、そうした研究の中にはクルクミンが炎症を低減させることを示す有力な研究はなかったということで、今回の研究は、偽薬を使って効果を比較したり、医師と患者の双方がどの患者が服用しているか知らない「ダブル・ブラインド」の手法を用いるなど、高い医療研究の水準を満たしていると言えます。

 いかがですか?

 さすがに毎日カレーを食べるのは飽きると思いますが、認知症予防のためn時々食べるようにしても良いかも知れませんね。


 ブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 18:18| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

2年で35キロ減を達成したシャーロットさんが見つけた「ダイエット成功のカギ」

 運動やヘルシーな食事を取り入れたダイエット生活は、肉体面だけでなく、精神的にも大きなチャレンジです。そのため、意気込んで立てた食事や運動の計画も、意思が揺らいでしまえば水の泡になってしまうこともあります。

 そこで今日は、コスモポリタン イギリス版より、2年で35キロ減を達成したフィットネスインスタグラマー、シャーロット・ミアーズさん(27歳)の心強いメッセージと、彼女のダイエットの記録をご紹介したいと思います。3万3000人を超えるフォロワーをインスパイアしているシャーロットさんが、見事なダイエットに成功したその秘訣とは!、何でしょうか。

 シャーロットさんは、テイクアウトや外食の多い食生活をしていたせいで、増え続けた当初の体重はなんと90キロ強だそうで、自分でも「動きが遅く、心地が悪い」と感じて、ついに食生活の改善を決意したのだそうです。他のフィットネスインスタグラマーの投稿に刺激を受けたり、イギリスの減量レシピサイト<Slimming World>を参考にして、少しずつ運動も開始して、それから2年が経過した今、なんとシャーロットさんが落とした体重は35キロで、現在の体重は57キロなのだそうです。

 シャーロットさんのダイエット成功の秘訣は、「自分のモチベーションをうまく保てた」ことが大きいそうで、かつては制限の厳しいダイエットの数々に挑戦し、失敗を繰り返してきたという彼女ですが、「今は、すごく心地がいい。健康でエネルギーに満ち溢れていると感じるし、なによりハッピーで心が満たされてるわ。我慢や過剰な運動をするんじゃなくて、カラダが必要とする燃料を良質な食べ物(加工されていない本物の食材)でカラダに取り入れるということ。そして外に出て新鮮な空気を吸って、カラダを動かすことが大切だって分かったの」ということです。

 またシャーロットさんによると、フォロワーに最も伝えたいアドバイスは、

 「次の食事を常に計画しておくのがオススメ。もしその計画通りにいかなかったら、無理な食事制限を自分に課したりせず、次の食事で実行すればいいのよ」というということです。

 そして、「不健康な食事がしたくなることはあるもの。でも、すぐに食べてしまうんじゃなくて、少し時間をかけて考えてみて。そうすれば、自分にとって何が大事なのかに、また気づけるはずだから。私にとって大事なのは、健康になることと自制心を得ることだったの」

ということです。

 さらに週単位で体重が減らないと、モチベーションが下がってしまう女子が多いことについては、「週ごとに体重に変化がでなくても、体重以外の面ではしっかり目標に近づいているはず。今日も1日、ダイエット計画の実行には成功したわけだし、ヘルシーな食事について考え、強い意思を通せるようになったんだから」
と、シャーロットさんは話しています。

「計画から外れてしまっても、また乗り越える方法を考えて、どんどん決意を固めていくの。そして、やめてしまったところから再スタート。ダイエットは、ただ痩せるだけじゃなく、精神力を鍛えることでもあるのよ。思っていたよりも、ずっと強くなった自分に気づくはず」 

これは、意思を貫くことの大変さを知っているシャーロットさんならではの言葉ですね。

 精神力とモチベーションにまつわること以外にも、シャーロットさんのinstagram / @cm148には参考になるアドバイスがたくさん載っています。ここではその一部を紹介します。

1. 食材は自然のもので美味しく
 テイクアウトや出前は美味しいかもしれないけど、もっとヘルシーで美味しい食事の選択肢があることを忘れないで。「新鮮な食材をたくさん使うことで美味しさをアップさせるの。例えば、唐辛子、小葱、トマトやハーブ、スパイスや無脂肪のヨーグルトを使ってカレー仕立てにしたりね」とシャーロットさん。“大好きな食べ物を、ヘルシー仕立てにする工夫をする“のが彼女流です。

2. ヘルシーな食事を先延ばしにしない
 不健康な食事をしてしまい、残りの週もそのままずるずると不健康な食生活に陥って、後悔して食べる量を減らすものの、空腹の限界がきて、“明日からはちゃんとする!“とヘルシーな食生活を先延ばしにしてしまう…。このやり方ではうまくいかないと気づいたのだそうです。「食事のサイクルには終わりがないの。“明日から人生を変えるんだ“みたいな考え方だと、“じゃあ今日は最後だから好きなものを思い切り食べよう!“ってなる。これじゃあ精神的にいいことがないわ。私の場合、食べ物はカラダへの燃料で栄養素なんだって、改めて自分に言い聞かせる必要があったの」

3. バランスをとる
 彼女の週末のInstagramには、チョコレートの写真がアップされることも(しかも、何種類も!)。たまには、自分へのご褒美としてお菓子を食べたって大丈夫とのことです。「週末なんだしね。バランスをとることが大事よ」。

4. 自分に合った運動を選ぶ
 高強度インターバルトレーニングの一環として、ジムでは短距離走をしているシャーロットさん。運動を始めた当初は、彼女も今のようなハードな運動はできなかったし、すぐにできるようになるとは思わないほうがいいとのことです。「体重が90キロ近かったときは走れなくて、まずは歩くことから始めたの。長めのウォーキングをたくさんすれば、カロリーを燃焼できるし、精神的にもすごくいい効果があって、気分もリフレッシュできるはず」。

5. 自分のファンになる
 昔の自分と今の自分の写真を見比べると、「すごく自分を誇らしく思う。周りの人から痩せたことを褒められたりしても、なんだかピンとこないことがあったの。自分では、まだまだ目標に達してないと感じる日もあるから。でも、隣り合わせに写真を並べて見比べると、自分がどれだけ強くなったかが分かるのよ」。

 いかがですか?

 ダイエットに対する考え方は、なるほどと思いませんか?ダイエットがうまくいかないと悩んでおられる方、シャーロットさんの考え方を参考に、もっと気長に取り組んでも良いかも知れませんね。

 なお、シャーロットさんのinstagram は @cm148だそうです。気になる方は一度のぞいてみてはいかがでしょうか?


 ブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 18:09| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする