2017年05月18日

JAF衝突実験で、シートベルトを着けていない後部座席の乗員が、ドライバーを押しつぶす結果が出ています

後部座席のシートベルト、装着してますか?

2008年に義務化されたものの、一般道路における後席のシートベルト着用率は36%と未だに低い状況だそうです。

このほど、JAF(日本自動車連盟)は、後部座席でのシートベルト着用有無による衝突実験を実施し、その結果を5月16日よりホームページに公開しています。

今日は、この衝突実験の結果などについて、ご紹介したいと思います。

JAFが実施した衝突実験では、座席にダミー人形を乗せた車をバリアに衝突させ、ダミーの挙動と頭部傷害基準値(HIC)を計測しました。特に、後席でシートベルトを着用する重要性を検証したそうです。

その実験の結果ですが、後席のシートベルトを着用していない場合、後席ダミーが前方に投げ出され、運転席のヘッドレストに頭を打ち付け、さらにシートごと運転席ダミーを押しつぶしたということです。

その際のシートベルトを着用していない後席ダミーのHICは2192まで上昇し、シートごと押しつぶされた運転席ダミーのHICも1171と高くなったということで、実際に事故が起これば後席の人も運転者もかなりの被害を被る可能性があります。

一方、シートベルトを着用していたダミーは、シートベルトで上体をしっかりと拘束されていたため、投げ出されることはなかったということです。

こな結果から、後席でシートベルトを着用しないと、本人が死亡や重傷につながる致命的な頭部損傷を負う可能性が高いだけでなく、同乗者にも衝突して致命傷を負わせる危険性があることが分かります。

JAFでは、一般道路でも後席のシートベルトを必ず着用するよう、今後とも強く呼びかけていくことにしているそうです。


いかがですか?

こちらが安全運転していても、信号無視の車が突っ込んでくることもありますし、本当に事故はいつ起こるか分かりません。

万一事故に遭っても、命に関わるような事態を避けるため、後部座席も含めたシートベルトの着用が、本当に必要ですね。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

緑茶に隠された5つのメリットで、緑茶が世界のトレンドになりつつあるようです

日本人はお茶(緑茶)を飲まなくなったと言われていますが、あなたはどうですか?

私も、最近は飲み物はコーヒーが多く、お茶はほとんど飲んでいません。

でも、海外では逆にお茶が人気のようで、いろんなメリットがある飲み物として、紹介されています。

今日は、海外で紹介されている緑茶のメリットについて、ご紹介したいと思います。


1. アンチエイジング

緑茶はアンチエイジング作用のが期待できる飲み物です。

緑茶に含まれるカテキン類の1種、没食子酸エピガロカテキン(EGCG)という天然成分は、タンパク質キナーゼの一種、エムトールの経路を抑制すると言われています。

この経路は、インシュリンやストレスにより活性化され、病気や老化へつながります。また、過食により活性化されることもあります。

ですから、断食がいいと言われているのですが、その断食によってエムトールが減るように、緑茶にも同じ効果があるのだそうです。


2. 心を休ませる効果

緑茶には、気持ちを落ち着かせる働きがあります。

カフェインは含まれているものの、その刺激性はテアニンによって抑えられているのです。テアニンはアミノ酸の一種で、ドーパミンやセロトニンといった脳内幸せ物質を増やすと言われているそうです。


3. ダイエット

最近の研究では、7カップの緑茶と同じくらいの成分をサプリで取りつつ運動をすると、緑茶成分を取らないで運動したグループに比べて、1ヶ月で減量できたという人が1.63%も多かったそうです。


4. 抗酸化物質として

緑茶は、ガンから体を守る、とも言われているそうで、2014年の研究では、口腔ガンの細胞を死滅させるための働きがわかったということです。抗酸化作用が高く、健康維持の要となる飲み物といえます。


5. おなかを守る!

緑茶は、健康維持を支える腸内細菌のえさになるそうです。というのも、緑茶に含まれる天然の植物性化合物は、善玉菌の好物だからです。

腸内細菌は肝臓と腸のエネルギーを作り出し、抗炎症作用を発揮します。そして、私たちの免疫系にとって不可欠な要素でもあります。

いかがですか?

私たち日本人が知らないところで人気を集めている緑茶を、私たちももっと飲まないといけないのかも知れませんね。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

ウソの健康情報の見極め方3か条

情報化時代ですが、世の中に発信されている情報が全て正しいとは限らないということは、あなたも認識されていると思います。

健康情報もまた然りで、昨年、大手キュレーションサイトが誤った健康情報を多数発信していたとして、大きな問題になりましたし、今年に入ってからも、NHKの「ためしてガッテン!」で極端な薬の使用法を紹介し、専門家からの抗議を受けて取り下げる、という事例も発生しています。

こうした中で私たちとしては、どういった基準で、健康情報の真偽を見極めて行けば良いのでしょうか?

今日はそんな「ウソの健康情報の見極め方」について、「健康になるための方法に抜け道はない」というのは、健康に関する著書を数多く出版している医師の秋津壽男先生の情報を元に、ご紹介したいと思います。


1.医師が教えるウソの健康情報の見極め方

秋津先生は、「摂生していないのにこれを飲めば健康に」とか、「食べ過ぎてもこれで帳消しにできる」などという、極端な情報はすべてウソと思ったほうがいい、と言われています。また、はやりの健康術に次々と飛びつくのも禁物だそうです。

以下が、秋津先生おすすめの、正しい健康情報の見極め方の3か条です。

(1)新しい健康情報は1年たってから試す

先生は患者さんに相談されると、『1年くらい待ってみたら?」とアドバイスしているそうです。1年たっても立ち消えることなく、皆が健康にいいと続けているものであれば一定の信頼がおけるのではないでしょうか。

(2)ネットの情報は極端なものが多いと心得る

情報源にも注意が必要です。インターネットで得られる情報は本当に玉石混交で、テレビや雑誌以上に本物でない情報が混ざっている可能性が高いと言えます。

特に、個人の経験談は本当に経験したのか、それとも何かの受け売りなのか、全く分からないので、鵜呑みにしないことが大切です。

(3)気になった情報はかかりつけ医に相談する

もし、気になる情報かあった場合は、かかりつけ医に相談することをおすすめします。くれぐれも素人判断で取りかからないことです。

そのためにも、かかりつけ医から医学知識を基に、正しい情報とそうでない情報を取捨選択し、適切な助言をもらえるよう、日頃から信頼関係を築いておくことか必要です。

最後に、かかりつけ医に関して、秋津先生はこんなことも言われています。

それは、「総合病院や大学病院は、高度な医療設備を用意している反面、患者さんを多数抱えているため、一人ひとりの体の変化に気づきづらいというデメリットもあります。体調不良のときはまず近所のかかりつけ医で受診しましょう。まずはかかりつけ医に見てもらい、必要に応じて信頼できる医療機関を紹介してもらうのがベストです。もし、心筋梗塞など一刻を争う状況であれば、その場で救急車を呼べは、しかるべき医療機関に搬送してくれます」

いかがですか?

私も、気になった健康情報を紹介させていただくことがありますが、中には一過性の情報かも知れません。その時は、ごめんなさいです。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする