2017年05月15日

「褒める」も「叱る」のも一言で効く、魔法の言葉

職場で新入社員が入ってきたところも多いと思います。そうした新人も、新しい水に慣れてきているところだと思いますが、一方で「5月病」も発生しやすい時期です。

その原因の多くは、人間関係によるものと、言われています。

今日は、そんな新人社員や子供にも有効な、citrus の瀬戸口仁さんによる、「褒める」も「叱る」も一言で効く、「魔法の言葉」をご紹介したいと思います。

その「魔法の言葉」を紹介する前に、瀬戸口さんが経験したあるエピソードをご紹介します。

瀬戸口さんは、先日都内のある小学校でアンガーマネジメントの授業をったそうです。

小学校5年生とその保護者約100人が対象で、まず、生徒たちにアンガーの基本を話した後、保護者の皆さんに残ってもらい、「間違った叱り方、正しい叱り方」を話しました。終了後、「何か質問はありませんか?」と言うと、誰も手を挙げません。「わかってもらえたんだ」と思い、教室を出ようとすると、その保護者の全員が私の前に列を作りました。思春期を迎えようとしている子供たちへの「悩み」を全員が持っていたのだそうです。


そして驚いたことに、その内容のほとんどが「子供をどうやって叱っていいかわからない」だったのだそうです。それだけ叱ることは難しいと言うことなんですね。

日本人は褒めるのも叱るのも非常にヘタだそうで、ついつい上から目線の物言いになり、思いが伝わらないのだそうです。

それでは、アンガーマネジメントの中の「正しい叱り方」(間違った叱り方と同義)から最良の褒め言葉と叱り言葉を紹介します。これこそ「魔法の言葉」です。


まず、褒め言葉は「〜らしい」です。「それは、○○くん(さん)らしいね」。これだけで相手を信頼し、相手の気持ちに寄り添っていることが伝わります。

では、叱り言葉は何だと思いますか? そう、「〜らしくない」です。「それは、○○くん(さん)らしくないね」でいいのです。

この2つとも、全く知らない人に言っても意味がなく、少しは人柄を知っているからこそ有効で、そういう意味では2年目、3年目の人に対して使うとさらに効果的たそうです。

ただし、この「〜らしい」「〜らしくない」を使うときには、条件があります。それは、決して人前では使わないことです。

人前で褒めると、褒められていない人間は面白くありませんし、逆に人前で叱ると叱られた人間は想像以上にプライドが傷付きます。

したがって、褒めるのも叱るのも、別室で1対1の状況で行うことがより効果的であり、意味のあるものになります。


5月に入り、新卒者にも上司にも難しい季節になりましたが、そうだからこそ、この「魔法の言葉」を使い、しかも、個別で声をかけて乗り越えることができれば、人間関係の新たな絆が生まれるはずです。


いかがですか?

人を褒めるのも、叱るのも難しいものですが、今日ご紹介した「魔法の言葉」を是非役立てていただいて、良い人間関係を築いて下さいね。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

スマホ依存症の旦那の治療法

あなたのご主人や彼氏は、スマホ依存症ではありませんか?

小さな子供を持つママさんなら、スマホばかりさわってないで、子供の面倒を見てよと、癇癪を起こしたくなるのではないでしょうか。

私の主人も、暇さえあればスマホをいじっているので、時々私とスマホとどっちが大事なのと、怒鳴ってしまうことがあります。

そんな旦那さんのスマホ依存に対してどんな治療が効果的なのか、ママたちの声を集めてみたそうなので、ご紹介したいと思います。

1.ママの怒りのオーラに気付かせる

『うちの旦那も暇さえあればスマホです。
そんなときは、わざと静かに過ごし、しゃべりません。で、「旦那がスマホ触ってるから機嫌が悪いオーラ」を出します。
1週間程それを続けたらやっと気付いたのか、一緒に過ごしているときはスマホを触る時間が減りました』

ママが忙しくしているときに、子どもを放ったらかして、のんびりスマホを触っているその姿に、カチンときたのですね。

再三注意しても、右から左へ聞き流される時は、その雰囲気を察してもらうしかありません。「スマホを触ってはいけない雰囲気」を作り出すことが、ポイントかも知れませんね。

2.愛する我が子の力を貸りる

『子どもに「お父さんがいつもスマホを見ている」絵を描かせる』

『お子さんからパパに「ケータイ触るのやめて!」と言わせることができたら、旦那さんも少しは考えが変わらないでしょうか』

いくらママたちから言っても効果がないようであれば、子どものチカラを借りるのも良いかも知れません。

ついつい小言が多くなってしまうママ言葉は、「また言ってるよ〜」的な感覚で、右から左へ受け流されてしまっているのだと思います。

でも、愛する我が子から言われたらさすがの旦那さんも考え方が変わるかも知れませんよ。


3.まだ気づかないなら、理由をしっかりと分からせる

『これは、もうしっかりと話すしかないよね。諭す感じで……効果があるかどうかは別だけど(笑)。
「何で」ダメなのか。そういうパパの姿を見て育った子どもが、どういう風に感じて大きくなっていくのか分かっていないんだと思うな〜』

『「子どもに示しがつかないから、食事中はやめようね」「大人がお手本にならないと〜」と促してみる』

長期的な目で見ると、やっぱりしっかり理解してもらうのが一番ですよね。散々言ってきた……というママも、諦めないでもう一度! 「何で」やめて欲しいのか、「どうして」ダメなのか。それぞれスマホを使用しているシーンによっても異なってきますが、真剣にもう一度話せばわかってくれる……ハズです。


4.それでもダメなら最終手段で、『充電器を隠す!』

『食事のときはスマホ没収』

『踏んで壊してやりたい』

もう、強制的にスマホが使えなくなったら、どんなにスッキリすると思っても、それができないのがまたママたちの優しさです。この優しさが少しでも旦那さんに届きますように、願っています。

いかがですか?

今の時代は、何でもスマホでできる世の中になり、子育てにおいても大活躍する反面、いろいろな弊害も生じているのが、実態ではないでしょうか。

つい旦那さんの行動に目がいってしまいますが、ママたちもスマホに気を取られすぎて、カワイイ我が子の「今」を見落とさないように、気を付けて下さいね。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

朝の時間帯に潜む健康リスク

1週間は7日、1日は24時間で、時間の流れに不公平は無さそうに思えますが、実は私たち人間にとっては、大事な用件は避けた方が良い曜日や、気をつけた方が良い時間帯があるそうです。

今日はその中から、特に朝の時間帯に潜むリスクについて、ご紹介したいと思います。

これは、執筆した『「正しい時間の使い方」が、あなたの健康をすべて左右する』が話題となっている臨床医の石黒氏による情報です。

まずは、「朝」がどれほど危険なのか、具体的に紹介します。


1.心筋梗塞も不整脈も「朝」が危ない

朝、筋肉や脳を活発に活動させる「交感神経」が働き出すと、血圧と脈拍が上がりはじめ、血を固めようとする動きが強まります。

また、寝ている間に体内の水分は腎臓に集められるため、血管は水分不足で脱水に似た状態になっています。

交感神経と腎臓の働きによって血はドロドロになり、血栓ができやすい状態になっているのです。

そんな状態で、朝、飛び起きてしまうと体に多大な負荷がかかり、心筋梗塞や不整脈などを起こしやすくなります。


2.自殺も「朝」がいちばん多い

自殺も「朝」がいちばん多く、「朝5〜6時」が最も危険な時間帯です。

これは、午前中に強い不安感を抱くことが多いのと、家族がまだ寝静まっている時間帯というのが大きな理由です。

また、女性よりも男性のほうが多く、転職や転勤など大きな変化がある時期に自殺リスクがはっきりと高くなる傾向にあることがわかっています。

もし自殺が心配な人が家族にいる場合は、1日の中でもとくに夜から朝にかけて、なるべく側にいてあげて、ひとりぼっちにしない工夫をすることが大切です。


3.アレルギー症状も「朝」に注意

自律神経は交感神経のほかに、休息したりリラックスしたりするときに働く「副交感神経」があります。この副交感神経が優位になってリラックスした状態になると、アレルギー症状が出やすくなるのです。

そのため、かゆみや鼻づまり、くしゃみの連続など、朝、起きたときにアレルギー症状が起こりやすくなるのです。

「朝の症状」を悪化させない、というのが、アレルギー症状を悪化させないコツになります。

それでは、朝を上手にやり過ごすなは、どうすればいいのでしょうか?そのポイントは3つあります。


1.朝は「スロースタート」が基本

朝は「とにかくスロースタート」が基本です。

急に飛び起きたりすると、体に多大な負荷がかかり、心筋梗塞や不整脈などを起こしやすくなるからです。

朝、目覚めたら、「ゆっくり起床する」のを心掛けましょう。それには、起床時間はゆとりが持てるような時間設定にすることも必要です。


2.起床したら「コップ1杯の水」を飲む

起床したら「コップ1杯の水」を補給するようにしてください。

起き抜けは睡眠中に汗をかいた分、血液の粘度が高まっているため、血栓などができやすい状態になっているからです。

また、あまり汗をかいている自覚がない冬でも、睡眠中はかなり汗をかきます。季節を問わず、起床したら「コップ1杯の水」の補給を習慣にしましょう。それが万病を予防するコツでもあります。


3.アレルギーの薬は、寝る前の「発症前」が効果的

朝、アレルギー症状が出てしまったタイミングで薬を服用することが多いと思いますが、朝食後に抗アレルギー薬を服用しても、実は効果はあまり期待できません。

アレルギーの薬は、症状が出る前に服用するほうが効果的です。

症状が出た後の朝食後より、症状が出る前の夕食後か寝る前に服用することをお勧めします。


いかがですか?

石黒氏は、この危険な時間帯を「ブラックタイム」と名付けています。

「ブラックタイム」を知り、上手に避けることができれば、まさかの「事故や病気」からあなたと家族の命を守ることができるということです。


その他、著作の中には、

「大事な予定や仕事は『月曜日』ではなく、『木曜日』か『金曜日』に入れたほうがいい」

「糖尿病の人がおやつを食べるなら、『午後3時ごろ』がおすすめ」

などといったことが紹介されているようです。さらに詳しく知りたい方は、氏の著作を一読されてみてはいかがでしょうか。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
タグ: 健康 リスク
posted by 圭ちゃん at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする