2018年06月05日

頑固な下駄箱のニオイを取る方法

 あなたは、玄関の下駄箱を開けた時に、いやな臭いを感じることはありませんか?これから梅雨の季節、下駄箱からいやな臭いがすると、ジメジメした気分が一層重くなってしまいます。

 そこで今日は、下駄箱の頑固なニオイを消す方法について、掃除のプロの浦野 清美(うらの きよみ)さんのお話をもとに、ご紹介したいと思います。

◆住む人の印象を決める玄関のニオイ

 下駄箱臭は生活の中でそれほど支障がないことから、放置しがちですが、宅配業者の方は、毎日身近にそのニオイに対して何らかの感情を抱いているようです。

 ジョンソン株式会社が2014年に全国の運送会社・宅配業者のドライバー309人に対してアンケート調査を行ったところ、「出会ったことのあるイヤなニオイ」のうち、1位が「ペットのニオイ」で62.1%、2位が「カビ臭い」で51.1%、3位が「靴のニオイ」で45.3%となっていたそうです。

 また、イヤなニオイの玄関からは、住んでいる人に対して「部屋の中も臭そう」「住んでいる人の部屋が臭そう」「住んでいる人がだらしなさそう」という印象を持つ人が多かったということです。

 ですから、玄関の下駄箱臭についてはもう少し深刻になったほうがいいかも知れませんね。

◆玄関の下駄箱臭の原因

 玄関の下駄箱臭の原因ですが、日本家事代行協会理事の浦野清美さんによると、「下駄箱臭は、通気性の悪い庫内の湿気と、靴そのものの素材、履きっぱなしのスニーカー、革靴、ブーツなどの中の蒸れたまま放置することにより発していると考えられます。また、靴のお手入れ用品の封を開けたままにしている、スポンジや布をむき出しのままにしていることも強いニオイの原因になります」ということです。

◆下駄箱臭の頑固なニオイを消す方法

 原因が分かれば、そのニオイの元を断つだけですが、靴をどけてもやっぱり臭う場合は、下駄箱自体に頑固な臭いが染みついています。そうした下駄箱の頑固なニオイを消す方法は、浦野さんによると以下のとおりです。

・風通しを良くするため、入れる靴の数を減らす。
・靴の汚れを落とす。
・入っている靴を全部出して行う掃除を小まめにする。
・脱臭剤や脱臭シートを敷く。
・お菓子の乾燥剤を巾着に入れ、隅に置く。
・新聞紙を敷き、時々交換する。

 そして浦野さんおすすめの、下駄箱の具体的な掃除方法は以下のとおりです。

 「靴などをすべて外に出し、ハンディー掃除機で下駄箱内をきれいに掃除し、埃や砂利などを取り払いましょう。お天気の良い日には扉を開け、風を入れるといいですね。脱臭シートを敷いたり、消臭スプレーを噴霧したりして仕上げしましょう。また、靴についた汚れや埃を取るのも忘れずに」

◆下駄箱のニオイが増すNG行動3つ

一方で、浦野さんによると、気をつけないと下駄箱のニオイが増してしまうNG行動は以下のとおりです。

●消臭スプレーを集中的に噴霧する

 消臭スプレーを集中的に噴霧すると、庫内の埃、靴についた埃、小さな虫の死がいが散布された液体と一緒に固まってしまい、カビの原因になるそうです。ですから、埃を乾式ハンディモップなどで払い、消臭スプレーは直接噴射を避けて、流すように腕を動かしながらスプレーして下さい。

●靴の置き方に注意する

 ブーツを折れ曲がったまま置いたり、重ねて置いたりするのはNGだそうです。靴が蒸れやすくなり、ニオイの原因になるということです。

●雨の日に履いた靴は乾かしてから入れる

 雨の日に履いた靴を下駄箱へそのまま入れると、庫内が湿気のたまり場になってしまうので、玄関などで乾燥させてから下駄箱に入れるようにして下さい。

 いかがですか?

 自分の家のニオイは、長年すんでいると慣れてしまって意外と気付かないものです。友人とかに臭いをかいでもらって、玄関が臭いと言われたら一度下駄箱の掃除をしてみてはいかがでしょうか?

 また、下駄箱のニオイ軽減のために、日々のちょっとした習慣にも気を付けて下さいね。


 ブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 17:38| Comment(0) | 生活情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

先にサラダを食べる健康法は、栄養摂取の観点からすると疑問だそうです

 ダイエットしている方の中には、「先にサラダを食べる」健康法を実践している方も、おられるかも知れません。でもこの健康法は間違いだらけなんだそうです。

 今日は、「先にサラダを食べる」健康法がなぜダメなのか、『体を悪くする やってはいけない食べ方』の著書がある管理栄養士の望月理恵子さんのお話をもとに、ご紹介したいと思います。

 食べる量は減らしたくないし、油っこいものも我慢したくない。だけど、腹回りの肉は気になる──そんなAさん(59)が始めたのが、「先にサラダを食べる」健康法です。最初に野菜を食べることで食物繊維が糖や油の吸収を抑え、血糖値の急上昇を防ぐことができ、また、野菜を良く噛むことで満腹感が生じ、食べる量も自然と減っていくという手軽なダイエット法です。

 でもこのダイエット法は、望月さんによると、賢い食べ方とは言えないそうです。

 確かに、ダイエットという面では的外れではないのですが、栄養摂取の観点からすると、このダイエット法は疑問だからです。それは、空腹時に野菜を摂っても、水溶性のビタミンCやB群がすぐ体外に排出されてしまい、ビタミン不足に陥るリスクがあるからです。野菜の栄養素を取り込むには、胃に食べ物が入っているほうが効率がいいそうですよ。

 いかがですか?

 健康になるはずの“食べ方”が、逆効果だったというケースは意外に多いようです。

 他にも、体を悪くする食べ方がいろいろと紹介されているそうなので、もっと知りたい方は、望月先生の本を一読されてはいかがでしょうか。


 ブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 18:12| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

ナッツ健康法で心筋梗塞などの心疾患を予防できるそうです

 ダイエット食品として人気のナッツですが、このナッツを1日30グラム程度食べていると、心筋梗塞の発症リスクがぐんと減ることが分かったそうです。

 今日は、この情報についてご紹介したいと思います。

 この研究結果を報告したのは、米ハーバード大学公衆衛生学栄養学部門です。同報告は、同大が32年にわたり行ってきた看護師健康調査(NHS1/2、いずれも対象は女性)と医療専門職追跡研究(NPFS、対象は男性)という三つの大規模疫学調査のデータを横断的に解析したもので、登録から2年ごとに健康状態や食生活に関するアンケート調査を行っているそうです。

 今回の解析は、登録時点ですでに心血管疾患やがんの既往がある人、過食・拒食傾向の人を除外しており、ナッツの摂取状況についてデータがある合計21万人以上を対象に行われたということです。

 対象者の年齢層は40代後半〜60代前半で、体格指数(BMI)は25前後だったそうです。なお、米国の基準ではBMI25は標準体形となっています。

 調査は、ナッツ(アーモンド、カシューナッツ、ピスタチオなど)については28グラムを1サービングとして摂取状況を質問し、その回答から(1)ほとんど摂取しない、(2)週に1サービング未満、(3)週に1サービング、(4)週に2〜4サービング、(5)週に5サービング以上の5群にまとめ、心血管疾患との関連を調べています。

 そしてその結果ですが、最長28年にわたる追跡期間中に合計1万4136人が心血管疾患を発症しており、発症リスクとナッツ摂取との関連を調べたところ、ナッツを1サービング摂取するごとに、心筋梗塞の発症リスクが13%も減少することが分かったのだそうです。つまり、ナッツを頻繁に食べるほどリスクが下がるというわけです。

 たとえば、摂取量が一番多い(5)のグループは、(1)に比べて脳卒中を含む全心血管疾患リスクが14%、心筋梗塞リスクは20%も低下していました。またナッツの種類別では、クルミの予防効果が高く、1週間に1サービング以上で全心血管疾患リスクが19%、心筋梗塞リスクが21%減少しているそうです。

 いかがですか?

 1日当たりナッツ28グラムという数字は、おやつやおつまみで簡単にクリアできるレベルですね。脳卒中や心筋梗塞が心配な方、手軽にできるナッツ健康法を始めてみませんか?ただし、塩味のきついナッツは、塩分の摂りす過ぎになる可能性があるので、避けて下さいね。


 ブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by 圭ちゃん at 16:54| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする