2017年08月09日

「おやつに枝豆」ダイエットって、聞いたことがありますか?

 「おやつに枝豆」ダイエットって、聞いたことがありますか?

 この「おやつに枝豆」ダイエットは、食事の内容を変えるダイエットをこれまで1200人以上に指導してきたという、薬剤師の坂田武士さんおすすめのダイエット法です。

 ダイエット中の間食をすべて枝豆に替えるように指導しているということです。

 でも、なぜそんなに枝豆がいいのでしょうか。

 坂田さんによると、「枝豆にすると筋肉の材料となるたんぱく質が補えるが、動物性のたんぱく源と比べて、余計な脂肪や糖質を摂らなくて済むこと。また、枝豆は栄養面では野菜にも近く、脂肪代謝や糖代謝に必要なビタミンなどの補酵素が摂れる」からだそうです。

 ダイエット中は間食禁止、と思いがちですが、坂田さんはたんぱく質不足を補うため、むしろ勧めているということです。これは坂田さんによると、「三食で十分なたんぱく質をとるのは難しい。いわゆるお菓子を間食でとるとカロリーオーバーにつながるが、枝豆ならたんぱく質の不足分を補える」から、ということです。

 坂田さんは、実際の食事指導で、「体重・体脂肪が減少したが、筋肉は増えたというケースを複数確認している」そうです。また、海外の研究では、高たんぱく質の食事を半年以上続けることで、体脂肪が減ったという報告もあるようです。


 なお、この「おやつに枝豆」ダイエットは、当然のことですが大豆アレルギーがある人は避けて下さいね。

 では早速、今日から「おやつに枝豆」ダイエットに挑戦してみませんか?

1.「おやつに枝豆」ダイエットのルール
(1)間食をすべて枝豆に替える

 朝昼晩の食事については特に制限はありませんが、間食をすべて枝豆に替えます。当然、外出先や仕事場にも持参します。


(2)1日に手のひら1杯分をめどに、上限なしで

 間食として食べる枝豆は、1日で手のひら山盛り1杯をクリアします。ただし上限はないので、好きなだけ食べても構いません。た、就寝前1時間は避けます。


(3)塩分は抜く

 総菜として販売される枝豆は、塩が振ってあるものがほとんどです。「塩分はむくみの原因になるので、ダイエット中はできるだけ塩分を摂るのは避けたい」ということで、 塩抜きが必須です。またゆでる場合も塩は入れません。そして、ゆでた枝豆は、冷めたらすぐに冷凍して下さい。


2.枝豆ダイエットのQ&A

Q1:1日に食べる量は?
A1:枝豆ダイエットで食べたい枝豆の量は、1日に手のひら山盛り1杯(約200g)です。この分量を食べると、たんぱく質量は、約12gになります。

 阪田さんは、「女性の1日のたんぱく質の目標量は50gなので、その約2割を間食で満たすことができる」と言われています。初めた最初は甘いおやつが恋しくなるかも知れませんが、腹持ちがいいので、余分な間食が欲しくなくなります。

Q2:枝豆の茹で方
A2:枝豆ダイエットに欠かせない枝豆は、生の枝豆をゆでて作るのがベストです。また枝豆をゆでる際には先ほども申し上げたとおり、塩を加えないことです。ただし、ゆでる時間がないという人は冷凍や市販品などで代用しても構いません。なお、塩味で味付けされた枝豆の場合は、塩抜きをして食べて下さい。

Q3:効果が出る期間
A3:このダイエットは、1週間以上続けることで効果が実感できます。阪田さんも、「たんぱく質不足が解消され、冷えなくなり、疲れにくくなる」と言われています。

Q4:枝豆以外も食べていい?
A4:続けるうちにどうしても枝豆に飽きてしまった場合は、たんぱく質が豊富な食材を組み合わせても構いません。例えば、ゆで卵やチーズ、サラダチキン、ギリシャヨーグルトなど、コンビニなどで手に入る商品が手軽でおおすすめです。

Q5:夏場に持ち歩くときの注意点は?
A5:凍ったまま持ち出して下さい。午後に食べる分は冷蔵庫に保管します。

 気温や湿気の高いこれからの季節は、食材の持ち歩きには十分に注意が必要です。外出先に持って行く場合は、あらかじめ冷凍しておいて下さい。会社に冷蔵庫や保存庫があれば、そこで保存するのがおすすめです。

Q6:真水でゆでた枝豆の保存法は?
A6:冷めたらすぐに「冷凍」します。枝豆は水分含有量が多いので、冷蔵庫でも1〜2日なら持ちますが、おすすめの方法は、小分けにした後に冷凍庫で保存する方法です。そして食べる時には、今の季節なら、冷凍庫から出して5〜10分放置すれば、そのまま食べられます。


Q7:市販の冷凍や冷蔵の枝豆には塩分が含まれているが、塩抜きってどうすればいい?
A7:真水に漬けて10〜15分置けばOKです。冷凍食品やコンビニエンスストアなどで販売している冷蔵の枝豆は、塩が振ってあるものがほとんどなので、枝豆ダイエットの場合、塩分はむくみの原因になります。ザルに入れ、真水に漬けて10〜15分置くことで、塩抜きができます。具体的には次の通りです。
[塩抜きの方法] 枝豆は1.2〜1.5倍量の水(100gの枝豆なら120〜150ml)に漬けておくだけで塩分が自然に抜ける。水っぽくなるのを避けるために、15分以上は漬けないほうがいいようです。


Q8:どうしても枝豆だけでは物足りないときは?
A8:スーパーやコンビニで買える、たんぱく質豊富な食材を組み合わせます。

枝豆に飽きたという人は、枝豆同様にたんぱく質が豊富で、コンビニなどでも手に入る食材を加えてみても構いません。ただ、食べるときには単品ではなく、できるだけ枝豆と組み合わせて下さい。食べ過ぎの防止にもなります。


組み合わせる食材としては、次のようなものがあります。
・サラダチキン(1袋) たんぱく質約20g 糖質は控えめ
 食べ応えがあり、とても食べやすいのですが、脂肪燃焼に必要なビタミンを含まないのが惜しいポイントです。ダイエットするなら、枝豆とのコンビで食べるのがお薦めです。(坂田さん)

・チーズ(20g) たんぱく質約5g 脂肪分は多め
 乳たんぱくを豊富に含むのがチーズですが、種類によっては脂肪量が多いものもあります。「ゴーダやチェダーなど、硬めのチーズ一切れをめどに食べて下さい。ヨーグルトならギリシャヨーグルトがおすすめです。(坂田さん)

・ゆで卵(1個) たんぱく質約8g 塩分に注意
 1個でたんぱく質が約8g補え、ビタミンや鉄などのミネラルを含む“完全食品”です。ただし、「脂肪も含むため、ダイエットし、筋肉を増やしたいというときには1日1個が限度です。(坂田さん)。

いかがですか?

思ったより、気軽にできそうですね。ダイエットがなかなか進まない方、一度挑戦してみてはいかがですか?


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:54| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

小学生の子どもさんが落ち込んでいるような時、どんなアドバイスをしてますか?

大人は自分の性格を自覚しているので、気持ちが落ち込んだり、やる気が湧かなかったりするときに、どうすれば元気を取り戻せるかを分かっています。

例えば、親しい人に愚痴を聞いてもらったり、自分にごほうびをあげたり、趣味の時間に没頭したりといったことですね。

このように、心がピンチになったときの自分なりの対処法を知っていることは、生きていく上でとても大切です。

でも子どもはどうでしょうか。子供も高学年になるにつれて、つらいことや苦しいことはたくさん出てきます。

しかし、まだ精神的に成熟していませんし、人生経験も豊かではないため、どのように気分転換をすればよいかが分からず、嫌な気持ちを引きずってしまうことがあるかも知れません。

ですから、子どもが何か落ち込んでいるようだったら、子どもの心を元気にするための具体的な方法を教えてあげて下さい。

今日は、子どもの心がピンチになったときの対処法を見つけるサポート方法について、ご紹介したいと思います。例えば、次のような方法が考えられます。


1.気持ちを整理して客観視する

気持ちが落ち込む原因が明確な場合、対策がとりやすいので、比較的、立ち直りは早くなります。

しかし、自分の気持ちを整理できず、何となく嫌な気持ちが続いてしまうことも少なくありません。そこで、どうして元気が出ないのか、文章にしたり話したりして整理するようにアドバイスして下さい。自分の気持ちを言葉で表すのは難しいため、保護者の方が質問する形で進めても良いと思います。

このように、気持ちを客観視できると、「悩んでもしかたないや」と楽観的になったり、「○○をがんばってみよう」と自分にできることが分かったりするものです。


2.自分の良いところを言葉にしてみる

これも自分自身を客観的に見つめる方法の一つです。

ネガティブな気持ちになると、自信を失ってマイナス面にばかり目が向いてしまいがちで、そうなると、なかなか嫌な気持ちから抜け出せません。

そこで思いつく限り、自分の良いところを口に出してみて下さい。「算数が得意」「漢字検定に受かった」「サッカーのリフティングが30回できる」「友だちに対してやさしい」等々、どんなに小さなことでも構いません。

「こんなところもすごいよね」と、本人が自覚していない長所を教えてあげると、ますます自信を取り戻しやすくなると思います。


3.親に甘える

小学生くらいになると、甘えたい気持ちがあっても、気恥ずかしくて素直に気持ちを表せないことがあります。

そこで子どもが元気をなくしていたら、「つらいときは、お母さんやお父さんに甘えてもいいんだよ」と、伝えてあげて下さい。そして、子どもの甘えをしっかりと受け止めて下さい。

実際に甘えるかどうかは別として、「いつでも甘えられる存在がいる」と思えることは、子どもにとっては大きな励みになると思います。


4.大好きな友だちとたくさん遊ぶ

本当に楽しい時間を過ごしている時は、嫌な気分など吹き飛んでしまうものです。

小学生の子どもにとって、大好きな友だちと夢中になって遊ぶのは、何より楽しいひとときです。心にエネルギーがチャージされて、「がんばろう!」という気持ちが湧いてくるに違いありません。


5.「自分時間」に没頭する

友だちと遊ぶだけではなく、自分だけの楽しい時間に没頭するのもおすすめです。

「自分のしたいことをしてごらん。そうすると、元気が出るかもよ」と伝えてあげて下さい。例えば、スポーツをしたり、音楽を聴いたり、図鑑を見たり、自転車に乗ったりといったことです。

自分の大好きなことをして心が満たされると、嫌な気持ちは自然と消えていきます。

6.いつもより早く寝る

心が疲れている時は、いつもより早く寝てしまいましょう。ぐっすりと眠った翌朝は、疲れが取れて気持ちがすっきりし、前向きな気持ちになるものです。

心身共にリフレッシュできれば、嫌なことを乗り越えるエネルギーが湧いてくるはずです。

7.信頼できる人に相談する

ひとりで悩んでいると、どうしても視野が狭くなり、解決の糸口が見つかりづらいことがあります。

そこで、悩みがある時は信頼できる人に話を聞いてもらうようにアドバイスして下さい。保護者の方や担任の先生、塾の先生、友だちなど、本人が「この人に話したい」と思う人であれば、誰でも構いません。

内容によっては、親には話しづらいと感じるケースもありますから、無理に親に打ち明けるように求めないことも大切です。

誰かに相談をして有効なアドバイスが得られなかったとしても、人に悩みを話すこと自体が、前向きな気持ちになるきっかけになる場合が多いものです。


いかがですか?

子どもさんが健やかに育つように、親としてもできるだけサポートしてあげて下さいね。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by 圭ちゃん at 18:53| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

貯まらない人がやりがちな、間違いだらけの節約、してませんか?

少しでも貯金を増やすため、なんかとして節約しようと、努力されていると思いますが、中には節約のつもりが逆にムダになっていることがあるかも知れません。

今日は、節約に詳しいファイナンシャルプランナーで、『ズボラでもお金がみるみる貯まる37の方法』などの著書がある飯村久美さんの情報を元に、間違いだらけの節約ワザについて、ご紹介したいと思います。

飯村さんは、

「節約とは、時代によってやり方が変わるものなので、だからこそ、見直しが必須です」と言われています。
そして、「費用対効果の低い節約ワザなら、しない方がいい。」とも言われています。

これは、リボ払い、オンライン決済、その人に合わせて商品情報を提供するECサイトなど、私たちの生活は、以前よりもずっとお金が出ていくハードルが下がっている一方で、収入は右肩上がりが望めず、社会保障など公的負担も増えるばかりなので、今までのやり方では、節約術も非効率だったり、逆効果だったりということになるからです。

ですから、お金が貯まりづらいと感じる人ほど、消費をあおる社会の仕組みを理解し、節約術を見直す必要があるということです。

それでは、ついやりがちな、代表的な5つの間違った節約ワザをご紹介します。

●【NG1】食費を削る

飯村さんが「もっとも削ってはいけない」というのが食費です。「節約のためにといってエノキ、豆腐、モヤシなどの安くて色のない食材を使った単調なメニューが続くと、家の食事が楽しみでなくなり、家族が外で買い食いしたり、間食したりしがちになって、かえって支出が増えることにもなります。
ですから、家族から笑顔が消える節約はNGと言うことです。食卓は家族団らんの場なので、しっかり食べて明日へのエネルギーをチャージして下さい」。

●【NG2】1円でも安く買おうとする


タイムセールを狙って少し遠めのお店まで行くのは、どんなにがんばっても、残念ながら年間でせいぜい数百円程度の節約にしかなりません。「日々の節約では『時間と労力』が割に合うかどうかも考えて行動して下さい。
たとえば年収400万円の人の時給は、約2000円です。その人が往復30分をかけて、1000円分の労力で1円安く買うよりも、最寄の店で通常価格で買った方が、結果としては節約になります。

●【NG3】電気をこまめに消す

電気代を気にして、ついパチパチと何度もつけたり消したりしてませんか。実はこれもNGです。
「電気代節約の一番のの近道は、基本料金を引き下げることです。つけた電気をこまめに消して回る労力よりも、契約のアンペア数もしくは契約電力を下げてしまえば、たった1回の手続きで毎月約300円もの節約になります。
契約を下げても、消費電力が大きい器具を一度に使わないように気をつければ、ブレーカーが落ちる心配はありません」。

●【NG4】ポイントをためるために、現金よりクレジットカードを使う

ポイントも、本来その場で値引きしてもらえる分を先送りしているだけにすぎません。料金あと払いのクレジットカードは、「未来の自分」に借金をしているのと同じことです。また、現金よりも気楽にお金を使ってしまうというデメリットもあります。その上リボ払いは、利息が膨れ上がり、多重債務の入り口になる危険性があるので、注意が必要です。

●【NG5】コンビニは高いので利用しない

ひと昔前までは、「コンビニ=高い、スーパー=安い」というイメージがありましたが、最近のコンビニは、日用品を一斉値下げしたり、セールを開催していたりと、財布に優しい場所に変化しています。
さらに、各社独自のPB(プライベートブランド)商品は、ペットボトルの飲み物が100円以下の場合もあって、結構おトクです。定価商品を買いそうになったら、PB商品に同じものがないかどうか確認する習慣をつけて下さい。

「トクしたつもりが逆効果の節約ワザ」は、まだまだたくさんあります。詳しくはESSE9月号で解説しているので、ぜひチェックして、正しい節約術をマスターしてください。

いかがですか?

「時は金なり」ということばもあります。効率的な時間の使い方で、賢い節約をして下さいね。


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
ラベル:節約 間違い 貯金
posted by 圭ちゃん at 18:40| Comment(0) | 生活情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする